芸能

杉良太郎が特殊詐欺に立ち向かう「殺人をも犯す犯罪集団に重い罰則を」乃木坂46、町田啓太、城島茂らも訴え

決意表明

特別防犯対策監を永久委嘱されている杉良太郎。15才のときに刑務所や少年院の慰問、視察を始め、慈善活動は今年で64年目

「特殊詐欺は被害者が“騙された自分がバカだった”と家族にも打ち明けられず、警察に被害届を出すこともためらい泣き寝入りしてしまう。そんな特殊な犯罪傾向にあるために犯罪件数、被害額は計り知れないほど、深刻です。

 特殊詐欺に立ち向かうため自分に何ができるのか。特別防犯支援官を委嘱された皆さんは全国の警察官の一員として訴えるべきことはしっかりと訴えて、意識を高く活動に取り組んでいただきたい!」

 厳しい表情で語気を強めたのは、警察庁より特別防犯対策監を永久委嘱されている杉良太郎。3月14日に自身が牽引する「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)決起集会が東京都内で行われ、登壇を控えた11名の特別防犯支援官を集めて、“活”を入れた。

 警察庁によると、昨年の特殊詐欺被害額は361億4000万円。2014年の565.5億円をピークにして額こそ減少したものの、未だ全国で悪質な犯罪が相次ぎ、昨年は被害が増加。決起集会では「特殊詐欺根絶」と大きく掲げてチームの覚悟を露わにした。

 特殊詐欺を撲滅すべく、杉は2018年にSOS47を立ち上げて著名人の特別防犯支援官と対策活動に励んできた。この日は特別防犯支援官の伍代夏子、城島茂、松本利夫、乃木坂46・黒見明香、AKB48・向井地美音、HKT48・運上弘菜、STU48・福田朱里、SKE48・斉藤真木子、NMB48・塩月希依音、吉原朝馬、町田啓太も登壇。活動への決意を口々に語った。

 高齢の女性に被害が集中しているとされる特殊詐欺について「家族の絆」の重要性を強調したのは、チーム発足時から活動を続ける伍代だ。

「被害に遭いやすいご高齢のかたはなかなか自分で対策をすることはできません。まわりの人がおせっかいをする、まわりの人におせっかいになるという意識がもっと広まっていくよう、特殊詐欺の怖さを今後も伝えていきたいです」

 その思いは、これまでシニア世代へ向けた発信を中心に担ってきた伍代だからこその気付きだったと、明かす。

「昨年の10月に私としては初めて、若い世代へ呼びかけをしたんです。山形県で地元の中学・高校を訪れ、おじいちゃん、おばあちゃんに詐欺に気をつけるよう、常に声をかけて守ってあげてほしいと訴えました。“皆さんの言うことなら聞いてくださる。お孫さんからの呼びかけがいちばん効果的なんですよ”と。

 そう伝えると、10代の生徒さんたちがハッとしたように感じたんです。その表情の変化は4年の活動でとりわけ印象的な出来事でした」

 特殊詐欺は決して他人事ではない。犯罪の標的にされるシニア世代だけでなく、すべての世代が特殊詐欺を自分事として日頃から意識することで犯罪の抑止にもつながるのではと、期待を込めた。

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン