芸能

真田ナオキ33才“演歌界のビッグダディ”だった!「実は子供が5人います」衝撃告白

子供が5人いることを告白した真田ナオキ

子供が5人いることを告白した真田ナオキ

 甘いマスクからは想像もつかないハスキーな歌声で、「ダミ声の貴公子」の異名を取る、若手演歌界のホープ・真田ナオキ(33才)に、デビュー前に離婚歴があり、子供が5人いることが『女性セブン』の取材でわかった。33才という若さでの“ビッグダディ”ぶりを本人に直撃取材すると、戸惑いつつも、神妙な面持ちで語りだした。

「隠していた、というわけではないんです…。メジャーデビュー前のことですし、お話しするタイミングがなかったというのと、家族に迷惑をかけるのではないかと公表をためらう気持ちがありました。

 今回お話することで、僕を応援してくださるファンの方は驚かれるかもしれません。お話しすることに怖さがないといったら嘘になります。それでもデビュー以来、いつかは公表しなければならないと考えてきましたし、自分なりに打ち明けるタイミングを模索していました。何より、子供たちに『自慢のパパ』といってもらえることが僕の夢。今回こうしてお話する機会をいただけたことには感謝しかありません」
 
 10代の頃から歌手を目指していた真田が、苦節の末に4枚目のシングル『恵比寿』でオリコンランキングの演歌歌謡部門で1位を獲得したのは2020年1月、30才のとき。師と仰ぐ吉幾三が作詞・作曲を手がけた同曲はロングヒットを記録し、真田はその年の日本レコード大賞の「最優秀新人賞」に選ばれた。

 その後も自慢の「ノックアウトボイス」を武器に演歌チャートを席巻しているが、真田にはこれまで一度も明かしたことのない秘話がある。デビュー前の生活と、いまは離れて暮らす5人の子供たちのことだ――。

 3月中旬、イベントを終えた真田は女性セブンの取材に応じ、まっすぐな表情でこれまでの経緯と現在の心境を明かした。
  
 いままで明らかにされてこなかったが、真田には離婚歴がある。真田が元妻と結婚したのは歌手デビュー前の2011年で、直後に長女を授かった。翌年、次女が誕生し、次の年に男の子が生まれた。
 
「元妻は中学時代の後輩で、19才のときに再会して交際をはじめました。すぐに結婚を意識するようになり、籍を入れたのは長女が生まれる直前です。出産に立ち会ったときは感激で涙が止まらず、赤ちゃんの前でハッピーバースデーを歌ったことは今も鮮明に覚えています。上の3人は年子で、毎日がてんやわんやでした」

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
結婚宣言した玉村昇悟ときらら(時事通信、きらら本人のインスタグラムより)
【「はい、そうです」堂々結婚宣言】広島カープの若手ホープ・玉村昇悟投手が人気TikTokerと“極秘おめでた婚”していた
週刊ポスト
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
市川猿之助の俳優は
【俺は特別な存在だ】市川猿之助、顕著になっていった公私混同 人気俳優との共演計画は頓挫
女性セブン
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
逮捕されたガーシー容疑者の裁判の行方 国外逃亡、名誉毀損の被害の大きさ、悪質性の高さで実刑の可能性も
女性セブン
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
上岡龍太郎さん、引退後の第二の人生 芸能人との交流を拒絶し選んだ9才年下の愛妻との静かな生活
女性セブン
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
【独占告白】金子賢が芸能界引退宣言「もう普通の仕事しかしてません」 金銭トラブルの法廷闘争が泥沼化
女性セブン
伊藤容疑者(本人のTwitterより)
【留置場の28歳パパ活女子に面会取材】「乱倫パーティの参加者は大事な仲間だった」 被告が明かした「49歳男性を刺すまでの“東京での1年間”」
NEWSポストセブン
女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)
「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満
NEWSポストセブン
W不倫が封じられた女優・広末涼子(左/時事通信フォト)と人気シェフ・鳥羽周作氏(右/Twitterより)
【W不倫報道】広末涼子のお相手の素性 フレンチの革命児で「ハレンチシェフネットワーク」を結成、4年連続一つ星の“シズる男”
NEWSポストセブン
射殺された組長は司組長の出身母体の傘下組織だ(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【心臓マッサージの場面も】六代目山口組ラーメン店組長射殺 事件直後のヒットマン映像が出回る
NEWSポストセブン
始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン