ピンク・レディーは“永遠の宝物”

ピンク・レディーは“永遠の宝物”(左がミイ、右がケイ)

「ピンク・レディー」が誕生したのは、『スター誕生!』からわずか半年後の1976年8月、『ペッパー警部』で鮮烈なデビューを飾った。ガニ股で踊る仰天の振り付けは、「斬新」から「下品」まで、振り幅いっぱいの反響を呼んだ。レコード売り上げも60万枚の大ヒットになり、続く『S・O・S』(1976年11月)、『カルメン’77』(1977年3月)ではオリコン1位に輝き、瞬く間にトップアイドルの階段を駆け上がっていった。

「デビュー前から常時“仮眠状態”の過密なスケジュールでした(笑)。夜が明けないうちからラジオ番組の収録や雑誌などの取材、昼間から深夜までテレビ番組の出演や収録、テレビの収録が終わる深夜0時を回ったころからレコーディングやCM撮影。その日の仕事が終わると翌日の仕事の資料をドサッと渡されて、自宅に帰っても1時間もすれば迎えの車が来るという毎日でした。あの頃どうやって仕事をこなしていたのか、本当に記憶がないんです」(ミイ)

 露出の多いド派手な衣装がトレードマーク。ショーガールやバニーガールを連想させる出で立ちは、当初こそ大人の男性目線を意識したものだったが、『渚のシンドバッド』(1977年6月)が100万枚の大ヒットになると、小学生がこぞって踊りをマネしはじめ、瞬く間に社会現象化した。

「忙しくて頭が回らず、移動はマネージャーのかかとをじっと見つめながら、迷わないように黙って付いていく状態でした。でも、現場に到着して曲がはじまると、体が自然に動きました。まるで急にスイッチが入ったように歌って、踊って。ステージ上でパフォーマンスをしている間は、どんなに疲れていても『生きてる!』と実感できました。テレビでの仕事とは違い、コンサートでは来てくれたお客さんの反応がダイレクトに伝わってきます。みなさんの喜んでいる顔を見て、私たちもとても嬉しかった」(ミイ)

 日本中を席巻したピンク・レディーブームのなか、1977年の年末には『ウォンテッド(指名手配)』でNHK紅白歌合戦初出場。翌1978年には山口百恵や沢田研二などを抑え、『UFO』で日本レコード大賞を受賞した。『UFO』はピンク・レディー最大のヒット曲となり、売り上げ155万枚を記録した。

「レコード大賞の席で『ピンクレディー』の名が呼ばれた時、私は放心状態でした。デビューに携わってくれたみなさんや、応援してくださった方々の顔が走馬灯のように頭に浮かんできて、腰が抜けたようになって立ち上がれませんでした。ちょうど後ろの席に座っていた阿久悠先生に、『ケイ、名前を呼ばれたんだから立ちなさい』と肩を揺すられて、ようやく立ち上がることができました。『これでやっと、これまで育ててもらった恩返しができた』と、重たい肩の荷が下りた気分でした」(ケイ)

 デビューから10曲連続のミリオンセラーという驚異的な記録を引っさげて、翌1979年にはシングル『Kiss In The Dark』で全米デビューを果たし、全米ビルボード37位を記録。坂本九の『上を向いて歩こう』以来、16年ぶりの快挙となった。さらに、全米3大ネットワークのテレビ局で日本人初となる冠番組をスタートさせるという偉業も成し遂げた。

関連記事

トピックス

裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン