芸能

松嶋菜々子、富田靖子、和久井映見…今期ドラマの“ベストマザー”を山田美保子さんが分析

松嶋菜々子

『王様に捧ぐ薬指』(TBS系)で山田涼介の母親役を演じる松嶋菜々子

 5月の第2日曜日は「母の日」。そこで、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが、今期ドラマの“母親役”について分析します。

 * * *
 5月14日は「母の日」ということで、芸能界はきっと“ベストマザー”の話題で賑わうことでしょう。

 昨今は、篠田麻里子サマ(37才)や熊田曜子サン(40才)、そして福原愛さん(34才)のように、ベストで著名なママたちにも“その後”さまざまな人生がおありで……戸惑うことも少なくありませんよね。そんな中、ドラマの中の母たちは個性を生かし、存分に輝いていらっしゃいます。

 4月期のドラマで最初にネットをザワつかせた母親役は、波瑠サン(31才)主演の『わたしのお嫁くん』(フジテレビ系)での富田靖子サン(54才)ではないでしょうか。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で新垣結衣サン(34才)の母親役だったうえ、同作と同様に宇梶剛士サン(60才)と夫婦役だからです。

 富田サンは中学3年生のとき、12万7000人の応募者の中から選ばれて主演した映画『アイコ十六歳』の頃から演技に定評があったかた。当時から根性もすさまじかったようで、同じオーディションを受けていた森口博子サン(54才)によれば、頭に鉢巻きをして、鬼の形相で壁に向かってド〜ン、ド〜ンと手をつきながら気合を入れていた富田サンを見て、「この子には勝てない」と落選を納得したのだそうです。何だか目に浮かびますよね。

 演技派の富田サンは“毒親”を演じられるという強みもお持ちで、2022年7月期、Hey! Say! JUMPの中島裕翔クン(29才)主演の『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)で、娘役で同じく演技派の吉川愛サン(23才)との会話劇には、絶望とともに「富田靖子はものすごい」と感じました。すごいのではなくものすごいのです。

演技派として知られる富田靖子

演技派として知られる富田靖子

 会話劇といえば、私が愛してやまない岡田惠和さん(64才)脚本の『日曜の夜ぐらいは…』(朝日放送テレビ・テレビ朝日系)で、清野菜名サン(28才)の母親役を演じている和久井映見サン(52才)。最近ネット上では、かなりふくよかになられた様子が話題になっています。

 1994年1月期の『夏子の酒』(フジテレビ系)や同年10月期の『妹よ』(同)などでの可憐な時代を思い出せば、そりゃあ変化は出るでしょうが、2007年から出演し続ける『必殺』シリーズ(朝日放送テレビ・テレビ朝日系)での「花御殿のお菊」には、あれぐらいの貫禄は必要なのかもしれませんよ。

和久井映見

和久井映見

 そんな和久井サンは『日曜〜』では清野サンが帰宅した途端、女子トークがしたくてしたくてたまらないチャーミングな母でもあります。2020年10月期の『姉ちゃんの恋人』(関西テレビ・フジテレビ系)で林遣都サン(32才)の母親役をされたときもそうでしたが、つらいことをたくさん抱えながら健気に生きていく母親役をやらせたら天下一品なのです。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン