芸能

三浦瑠麗氏、濃いめのチークでセレブファッション 夫の逮捕感じさせぬ「圧巻の散歩姿」

ワンピース姿で颯爽と歩く、国際政治学者の三浦瑠麗氏

ワンピース姿で颯爽と歩く、国際政治学者の三浦瑠麗氏

 新緑もまぶしいさわやかなゴールデンウィークの日中、半そでのグレーに赤のポイントがオシャレなワンピース姿で颯爽と歩く、国際政治学者の三浦瑠麗氏(42才)。テレビで見かけることは激減したものの、マスクや帽子、サングラスで顔を隠すことなく堂々と闊歩する様子を見るに、以前と変わらず元気なようだ。濃いめのチークは、コーディネートのアクセントなのだろう。

 夫の三浦清志氏(43才)が、自身が代表を務めるコンサルティング会社「トライベイキャピタル」(以下「トライベイ」)に関して、計4億2000万円を横領したとして業務上横領罪で起訴されてから約1か月が過ぎた。

 瑠麗氏は、一貫して「私が何も反論を口にしないのは、事件について、投資家との間でトラブルが生じ、横領の疑いをかけられている以上のことを本当に知らないから。夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないこと」という旨を主張している。

顔を隠すことなく、堂々と闊歩する三浦瑠麗氏

顔を隠すことなく、堂々と闊歩する三浦瑠麗氏

 ただ、瑠麗氏が代表を務めるシンクタンク「山猫総合研究所」(以下「山猫」)と「トライベイ」は同じ場所にオフィスを構えて、夫婦で両社の株をほぼ半々で保有していると明かしたこともある。4月26日の『FRIDAYデジタル』では、「トライベイ」から「山猫」には、385万円で太陽光発電事業のコンサルティング業務を依頼したり、無担保で計3500万円が貸し付けられたりという利害関係が報じられた。“無関係”の主張とは矛盾する報道が、出始めている。

 それでも瑠麗氏は、全くひるむことなく変わらぬセレブ生活ぶりを隠さない。夫が逮捕された当日も、50万円以上もするお気に入りの高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」のグリーンの派手なロングコート姿で、余裕の笑みを浮かべて永田町のオフィスに出社した。

「毎月の家賃が200万円ともいわれる自宅の高層マンションや軽井沢の別荘も、転居や売却はしてはおらず、夜の繁華街で飲み歩く姿も目撃されています。特捜部が捜査するほどの大きな金銭トラブルがありながら、どこに豪奢な生活を続ける原資があって、いつまで続けられるのか。裁判の行方とともに気になるところです」(テレビ局関係者)

 コメンテーターとしては、専門分野である国際政治以外の時事ネタなどにも歯に衣着せぬ物言いをする姿勢が重宝されていた。その強く凛々しい雰囲気は変わらないが、果たして……。夏ごろまでには、清志被告の初公判が始まる予定だ。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン