芸能

【熟年夫婦に異変】香坂みゆき、周囲に「離婚報告」 清水圭は家を出てひとり暮らし、財産分与で豪邸は香坂のものに

清水圭と香坂みゆき

熟年夫婦に何が?清水圭と香坂みゆき

 その「真っ赤」なノースリーブのドレスは、彼女の“節目”を反映したのだろう。5月12日、香坂みゆき(60才)は、都内のステージに立ち、代表曲『ニュアンスしましょ』を皮切りに、計18曲を熱唱した。この日、行われたのは彼女の還暦記念ライブの追加公演だった。

「ライフワークとして、今後も音楽を続けていきたい。また次の機会も楽しみに待っていて」

 終盤、観客にそう語った香坂。赤い衣装は還暦を意識したものだったが、60才を目前に彼女はもうひとつの“節目”をひっそりと迎えていた。

「夫の清水圭さん(61才)と少し前に離婚されたと聞いています。清水さんは家族4人で暮らしていた2億円近い豪邸を出て、現在は単身用の賃貸マンションでひとり暮らしをしているそうです」(香坂の知人)

 結婚当初は、おしどり夫婦として知られていた香坂と清水。その離婚劇は人知れず、速やかに断行されていたーー。

 香坂は3才のときにモデルとして芸能界入りし、1975年、『欽ちゃんのドンとやってみよう!』(フジテレビ系)のマスコットガールとして一躍人気に。歌手や女優もこなし、マルチに活躍した。

 一方の清水は、1986年に大学の後輩・和泉修(60才)と漫才コンビ「清水圭・和泉修(圭・修)」を結成した。

「地元関西で絶大な人気を誇り、一時は“西のとんねるず”とも称されましたが、ほどなく人気は下火に。しかし、清水さんは1993年に単身で東京に拠点を移し、『森田一義アワー 笑っていいとも!』『奇跡体験!アンビリバボー』(ともにフジテレビ系)など地上波の番組で返り咲いた」(芸能関係者)

 2人が結婚したのは1994年。出会いはバラエティー番組のハワイロケだった。

「清水さんが香坂さんに一目惚れし、猛アタックしたそうです。当時の香坂さんは離婚したばかりでしたが、彼女は清水さんの誠実さに次第に惹かれ、再婚を決意した」(前出・芸能関係者)

1997年に長男、2002年には次男が誕生。都内の閑静な高級住宅地に自宅も購入した。

「レモンイエローの外壁が特徴的な2階建ての豪邸です。中古物件でしたが、内装リフォーム費用に3000万円ほどかけるなど、こだわりの詰まった家。清水さんの趣味なのか、アメリカのガレージ風の造りですね。共同名義で持ち分は清水さんが7割、香坂さんが3割でした」(前出・香坂の知人)

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン