芸能

現役医師が診てもらいたい「心臓」と「脳」の名医 ロボット手術など新たな技術への対応力もポイント

“医師の選択”も病気を治療するうえで大切(イメージ)

現役医師が診てもらいたい「心臓」「脳」の名医は…新たな技術への対応力もポイント(イメージ)

 医療の進歩によって、様々な疾患が“治る病気”になりつつある。その際に鍵を握るのが、“医師の選択”だ。そこで本誌・週刊ポストは著名な現役医師に取材し、「自分が患者なら診てもらいたい医師」を聞いた。

 がんに次いで日本人の死因第2位の「心疾患」の名医として、『80歳の壁』の著者・和田秀樹医師は4人の名前を挙げる。

「心臓のカテーテル治療なら今里ハートクリニック院長の根来伸治医師、バイパス手術なら年間200例を手がける昭和大学横浜市北部病院の南渕明宏医師。総合力で選ぶなら日本一の手術実績を誇る川崎幸病院の高梨秀一郎医師と山本晋医師にお任せしたいですね」

 東京大学医学部附属病院の中川恵一医師は友人を治療したという森山記念病院の清末有宏医師を推す。

「狭心症だった私の親友は、腎臓が悪くて造影剤が使えない状態で、上手く心臓カテーテル検査ができなかった。清末医師はそれを見事にやってくれた名手ですね」

 近年はロボット手術など新たな医療技術への対応力も問われている。井上裕章医師(ヴェアリークリニック院長)が言う。

「ニューハート・ワタナベ国際病院の渡邊剛医師はロボット心臓手術件数世界一です。まだ黎明期だった2000年代に手術ロボット『ダ・ヴィンチ』導入に奔走された姿勢にも感銘を受けました」

 乳腺外科医の尾崎章彦医師(常磐病院)が心臓の名医に挙げるのは総合東京病院の前場覚医師。

「クアラルンプールの病院などで経験を積まれて、現在も年間200例近い実績を誇る、手術がとても上手な先生です」

 認知症専門医の眞鍋雄太医師(神奈川歯科大学附属歯科・健脳クリニック日本橋)が実際に治療を受けて「感動した」というのが、日本大学病院の横山勝章医師だ。

「発作性上室性頻脈で社会生活が送れなくなっていたところを救っていただきました。その際、横山医師のわかりやすく的確な説明に感動しました」

 手術では心臓と並んで熟練の技術が必要とされる部位が「脳」だ。眞鍋医師が「女性脳外科医のパイオニア」と絶賛するのが、メディア出演も多い藤田医科大学ばんたね病院の加藤庸子医師。

「患者を救おう、社会復帰させようという思いの強さは尊敬に値します。手術実績3000例を超える(脳動脈瘤の破裂を未然に防ぐ)クリッピング術のスペシャリスト」

関連キーワード

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン