芸能

市川猿之助 現場で見つからなかった向精神薬のパッケージ、第三者が持ち出した可能性も

猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている

猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている

 歌舞伎俳優の市川猿之助(47才)が自宅で倒れて救急搬送され、父である市川段四郎さん(享年76)と母親(享年75)が亡くなってから2週間が経った。

「警察は猿之助さんや両親がのんだとされる薬のパッケージなど“消された証拠”を追うとともに、家族以外の第三者の関与など、あらゆる可能性を視野に捜査を進めています。事件当日、自宅に迎えに行った付き人のA氏は猿之助さんのプライベートに通じ、“一家心中”騒動までの行動を把握すると目されている。当然、警察はこのA氏にも何度も事情を聴いています」(捜査関係者)

 騒動発生から2週間あまり、捜査は猿之助の回復を待ちつつ聴取が重ねられている。5月17日に家族会議を開いた猿之助一家は「家族で死んで生まれ変わろう」と話し合い、薬を口にして一家心中を図ったとされている。

「第一発見者がリビングで発見したとき、猿之助さんの両親はビニール袋をかぶった状態で、部屋の手前に段四郎さん、奥に母親という並びで倒れていたといいます。布団が首もとまで掛けられており、段四郎さんは上下水色のパジャマ姿、母親は紺のTシャツに白地に植物の模様の入ったズボン姿でした。薬物をのんだ後、誰かが2人を並べて寝かせ、頭にビニール袋をかぶせて、布団を掛けたものと思われます」(前出・捜査関係者)

 一方の猿之助は半地下の自室にあるクローゼットの中で、座った状態で発見された。

「猿之助さんは『両親が死んだのを見てから地下に行き、キャンバスに最後のメッセージを記し、首を吊ろうとしたが、意識が朦朧としてきて、気がついたら病院にいた』と証言しているそうです」(社会部記者)

 現場にはいまだ複数の謎が残されている。

「猿之助さんは騒動当日の早朝7時頃に明治座に『舞台を休む』と連絡を入れており、マネジャーが3人を発見し通報した10時過ぎまでの空白の3時間はまだ解明されていない部分も多い。なぜか薬のパッケージが自宅から消えており、誰か第三者が持ち出した可能性も指摘されています。第一発見者のうち、別のマネジャーは関与を否定しており、A氏の説明が待たれる状況です」(前出・社会部記者)

 猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死。向精神薬とは、精神安定剤や睡眠導入剤などを指す。猿之助には精神科への通院歴があり、以前から睡眠導入剤を処方されていたという。

「猿之助一家がのんだのはBZOと総称される、ベンゾジアゼピン系の薬であることがわかっています」(前出・捜査関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン