国内

【ジェンダーレストイレ問題が続々】小学校に地域開放ユニバーサルトイレ設置案、渋谷区教委に憤るママ区議「子どもたちの安全を!」

「渋谷区『新しい学校づくり』整備方針~学校施設の未来像と建て替えロードマップ~」より

資料「渋谷区『新しい学校づくり』整備方針~学校施設の未来像と建て替えロードマップ~」より。こちらにも、性別を問わず誰でも利用できる男女共用個室トイレの設置案が記載されている

 性的マイノリティへの社会的関心が高まるのにともない、各施設のトイレの在り方も再考されている。今年4月に新宿歌舞伎町にオープンした「東急歌舞伎町タワー」は、2階にジェンダーレストイレが設けられた。しかし、男女が同一空間を利用する点に対して、性犯罪が発生する可能性を危惧する声が続出。ダイバーシティと防犯、ふたつの観点からネット上を中心に喧々諤々の議論が巻き起こった。

 そんな中、新たに問題視されているのが、渋谷区教育委員会が提案した“地域開放トイレ”だ。昨年5月発行の「渋谷区『新しい学校づくり』整備方針~学校施設の未来像と建て替えロードマップ~」と題された資料では、区内の学校施設の建て替え案などがまとめられている。

 この資料には、「SOGIEに配慮したトイレとし、児童・生徒用トイレは一般の男女トイレに加え、男女共用個室を設ける」と記載されている。注として、「SOGIE(ソジー)/性的指向(Sexual Orientation)、性自認(Gender Identity)・ジェンダー表現(Gender Expression)の頭文字を取った、性のありようを表す言葉」との記載もある。

 また、「昇降口に近い地域開放用トイレは、多様なニーズに対応したトイレとする」として、男女が同じ空間を行き来することになるトイレのイラストも載っている。

 このアイデアに違和感を表明するのが、国民民主党の公認を受けて立候補し、4月に行われた統一地方選で初当選した、2児の母でもある渋谷区議・くわずるゆき子氏(35)だ。〈ユニバーサルだけではなく、防犯もしっかり!〉と苦言を呈するツイートが注目を集めた。くわずる氏に取材し、あらためて当該案の問題点を説明してもらった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン