芸能

「あなたは家事の全貌を知らない」広末涼子がW不倫報道の直前にもらしていた夫キャンドル・ジュン氏への不満

女優の広末涼子(左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(右/インスタグラムより)

女優の広末涼子(写真左/時事通信フォト)とアーティストのキャンドル・ジュン氏(写真右/インスタグラムより)

 NHK連続テレビ小説『らんまん』での主人公の母親役が好評を博した広末涼子(42)。昨年は「第14回ベストマザー賞2022」芸能部門で受賞するなど、近年はママ女優として再ブレークの真っ只中だ。

 そんな広末と東京・代々木上原の人気フレンチ店「sio(シオ)」のオーナーシェフである鳥羽周作氏(45)のW不倫報道が大きな話題を呼んでいる。「週刊文春」電子版が6月8日発売の同誌に先駆けて報じ、続いて「文春オンライン」が伝えた。報道によると、今年3月に広末が「sio」を訪れたことで急接近し、6月初旬には都心の高級ホテルで密会していたという。直撃に対し、双方は不倫関係を否定している。

 広末は2003年、5歳年上のモデル・岡沢高宏との“授かり婚”を発表し、2004年に第1子男児が誕生したが、2008年に離婚を報告。2010年、現在のパートナーであるアーティストのキャンドル・ジュン氏(49)と再婚し、翌2011年に第2子男児、2015年に第3子女児を出産を報告した。広末はジュン氏にぞっこんだったという。

「広末さんは離婚後、もう結婚はこりごりだと感じていたそうです。その考えを変えたのが、ジュンさんです。広末さんの意思を尊重し、静かに寄り添ってくれる彼のことを『神様からのプレゼント。これ以上の人はいない』と絶賛していました」(広末の知人)

 しかし、夫に全く不満がなかったわけではないらしい。5月30日に放送されたNHK Eテレ『ハートネットTV』では、「(家事・育児を)やってるつもりって言われたことがあります」と家事の分担をめぐる夫婦のやりとりについて明かし、「心の中で『あなたは家事の全貌を知らない』と思いました」ともこぼしていた。

 不倫報道が出た鳥羽氏とは、2021年に雑誌で対談している。当時、鳥羽氏はTwitterで〈広末涼子さんの映像作品も音楽も全部大好きです!〉と広末との対談を告知し、〈正直やばかったです 最高でした〉と喜びをあらわにしていた。

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン