スポーツ

大谷翔平が昨年までの10年で稼いだ年俸総額は20億円以下 「高卒後、投手で即メジャー」なら180億円稼いだか

大谷選手が

大谷がもし「高卒後、投手で即メジャー」なら180億円稼いだとも(写真=Icon Sportswire/aflo)

 イージーゴーイング──日本語で「おおらかな」という意味のその言葉は、ロサンゼルス・エンゼルスのチームメートが大谷翔平(28才)を形容するときに使うという。笑顔を絶やさず、常にチームメートを鼓舞し、世界最高峰の舞台で異次元の活躍を続ける大谷。今シーズンは「投」「打」でトップクラスの成績をマークしている。だが、そのおおらかさとは裏腹に、世界中の野球ファンが熱狂する「二刀流」の実現のため、大谷は誰も通ったことがない道なき道を進んでいく──。

 2012年10月のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに1位指名された大谷は、投手と打者の「二刀流」に挑んだ。当時は無謀な挑戦と揶揄する声もあったが、大谷は結果で雑音を黙らせた。2017年オフにエンゼルスに移籍するまでの5年間で、打者として48本の本塁打を放ち、投手として42勝をマーク。2015年には最多勝を獲得した。華々しい成績だが、違った見方をする専門家もいる。

「日本での実績が移籍にプラスに働いたのは事実ですが、18才で渡米していれば、彼はメジャーリーグでもっと早くスーパースターになっていたでしょう。現在、日米で合わせてプロ11年目ですが、年俸の総額が桁違いになっていた可能性があります」(米在住のメジャーリーグ担当記者)

 大谷は高校3年生のときに、卒業後は日本のプロ野球を経由せず、投手としてメジャーリーグに挑戦することを表明。しかし、日本ハムが提案した「二刀流」で心変わりし、同球団に入団した経緯がある。2013年の日本ハム入団1年目の年俸は1500万円だった。2017年には2億7000万円に到達し、在籍5年間で計6億1500万円を稼いだ。

 しかしエンゼルスに移籍後、年俸は大幅にダウン。当時の為替レートで新人王を獲得した2018年は6000万円ほどで、2019年と2020年は7000万円前後だった。メジャーリーガーの平均年俸の約5億7500万円(2022年)と比べると、低すぎると感じてしまう。

 これは“国外のリーグでプレーしていた25才未満およびプロ経験6年未満の選手は、最初の3年間は最低保証年俸から上がらない”という規定によるもの。4年目の2021年は約3億円で昨年は7億円ほどに上がったが、大谷が昨年までのプロ生活10年間で稼いだ年俸は、20億円に届かない。高校卒業後、すぐに投手一本でメジャー挑戦していた場合、どうなっていたのか。

「まずはマイナー契約からのスタートで、並の選手であればメジャー昇格までに何年もかかります。ですが、皆さんご存じの通り、彼はスーパーアスリート。日ハム時代には二刀流をやりながら、プロ2年目に投手で2桁勝利を挙げ、3年目には投手タイトルを総ナメにしました。

 もし高卒で渡米していたら投手に専念していたでしょうから、成長は早まったと思います。2年目にはメジャーに昇格し、チームのエース級になっていた可能性も否定できません。さらに、その年にもっとも活躍した投手に贈られる『サイ・ヤング賞』を獲得したとなれば、彼の人生は大きく変わっていたでしょう」(前出・米在住のメジャーリーグ担当記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン