スポーツ

大谷翔平が昨年までの10年で稼いだ年俸総額は20億円以下 「高卒後、投手で即メジャー」なら180億円稼いだか

大谷選手が

大谷がもし「高卒後、投手で即メジャー」なら180億円稼いだとも(写真=Icon Sportswire/aflo)

 イージーゴーイング──日本語で「おおらかな」という意味のその言葉は、ロサンゼルス・エンゼルスのチームメートが大谷翔平(28才)を形容するときに使うという。笑顔を絶やさず、常にチームメートを鼓舞し、世界最高峰の舞台で異次元の活躍を続ける大谷。今シーズンは「投」「打」でトップクラスの成績をマークしている。だが、そのおおらかさとは裏腹に、世界中の野球ファンが熱狂する「二刀流」の実現のため、大谷は誰も通ったことがない道なき道を進んでいく──。

 2012年10月のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに1位指名された大谷は、投手と打者の「二刀流」に挑んだ。当時は無謀な挑戦と揶揄する声もあったが、大谷は結果で雑音を黙らせた。2017年オフにエンゼルスに移籍するまでの5年間で、打者として48本の本塁打を放ち、投手として42勝をマーク。2015年には最多勝を獲得した。華々しい成績だが、違った見方をする専門家もいる。

「日本での実績が移籍にプラスに働いたのは事実ですが、18才で渡米していれば、彼はメジャーリーグでもっと早くスーパースターになっていたでしょう。現在、日米で合わせてプロ11年目ですが、年俸の総額が桁違いになっていた可能性があります」(米在住のメジャーリーグ担当記者)

 大谷は高校3年生のときに、卒業後は日本のプロ野球を経由せず、投手としてメジャーリーグに挑戦することを表明。しかし、日本ハムが提案した「二刀流」で心変わりし、同球団に入団した経緯がある。2013年の日本ハム入団1年目の年俸は1500万円だった。2017年には2億7000万円に到達し、在籍5年間で計6億1500万円を稼いだ。

 しかしエンゼルスに移籍後、年俸は大幅にダウン。当時の為替レートで新人王を獲得した2018年は6000万円ほどで、2019年と2020年は7000万円前後だった。メジャーリーガーの平均年俸の約5億7500万円(2022年)と比べると、低すぎると感じてしまう。

 これは“国外のリーグでプレーしていた25才未満およびプロ経験6年未満の選手は、最初の3年間は最低保証年俸から上がらない”という規定によるもの。4年目の2021年は約3億円で昨年は7億円ほどに上がったが、大谷が昨年までのプロ生活10年間で稼いだ年俸は、20億円に届かない。高校卒業後、すぐに投手一本でメジャー挑戦していた場合、どうなっていたのか。

「まずはマイナー契約からのスタートで、並の選手であればメジャー昇格までに何年もかかります。ですが、皆さんご存じの通り、彼はスーパーアスリート。日ハム時代には二刀流をやりながら、プロ2年目に投手で2桁勝利を挙げ、3年目には投手タイトルを総ナメにしました。

 もし高卒で渡米していたら投手に専念していたでしょうから、成長は早まったと思います。2年目にはメジャーに昇格し、チームのエース級になっていた可能性も否定できません。さらに、その年にもっとも活躍した投手に贈られる『サイ・ヤング賞』を獲得したとなれば、彼の人生は大きく変わっていたでしょう」(前出・米在住のメジャーリーグ担当記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン