ライフ

「MEGA地震予測」で新たに警戒が呼びかけられる「近畿地方」 和歌山県太平洋側の沈降拡大を確認

「近畿地方」で何が起きている?(時事通信フォト)

「近畿地方」で何が起きている?(時事通信フォト)

 これまで本誌・週刊ポストで何度も地震予測を的中させてきた「MEGA地震予測」。そして今、新たな地域への緊急警戒を呼びかけている。

 東大名誉教授の村井俊治氏が立ち上げた地震科学探査機構(JESEA)が配信する「MEGA地震予測」は、国土地理院が全国約1300か所に設置する電子基準点のGPSデータを使って地表の動きを捉え、1週間ごとの上下動の「異常変動」、長期的な「隆起・沈降」、東西南北の「水平方向の動き」などの指標を総合的に分析している。

 5月5日に起きた能登地方地震(M6.5)をはじめ、5月22日の新島・神津島近海(M5.3)や5月26日の千葉県東方沖(M6.2)など各地で大きな地震が相次ぐなか、JESEA主席研究員の郭広猛博士は、週刊ポスト5月22日発売号で千葉県や伊豆諸島といった地域に警戒を促していた。

 そんな郭博士が新たに警鐘を鳴らしている地域が「近畿地方」だ。

「5月中旬に『隆起・沈降』で、和歌山県の太平洋側の地域での沈降の拡大が確認されました。沈降は大地震が発生する前によく観測される現象で、周囲の隆起との境目に歪みが溜まっていると考えられるため、警戒が必要です」(郭博士)

 現在JESEAは、従来の地表の動きの分析に加え、衛星画像データの解析など計10種類の予測法を組み合わせた「ピンポイント予測」を実用化。発生の切迫度がより高い時に限って、「場所」や「時期」、「規模」を明示し、警告を発している。予測的中率は70%を超える数字になるという。

 その「ピンポイント予測」でも、「近畿地方」が対象エリアになっている。郭博士が語る。

「和歌山県で沈降の拡大が見られたのと同じ時期に衛星画像データの解析で、紀伊水道を中心とする近畿地方の地表や海上から、地震の前兆と思われるガスの噴出が確認されました。6月21日までにM5.5±0.5クラスの地震が発生する可能性があります」

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン