スポーツ

次のWBC監督に「イチロー」推す声が続々 「栗山監督と正反対のスタイルで面白い」

球界OBからはイチロー監督を求める声が(共同)

球界OBからは「イチロー監督」を求める声が(共同)

 3月のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた栗山英樹監督が、5月末に退任。後任監督の人選が進められている。栗山監督は2016年には日本ハムの監督として大谷翔平(現・エンゼルス)らを擁して日本一に輝いた経験があるが、代表監督の後継候補にはNPBでの監督経験がない人物の名前も挙がっているのが興味深い。多くの識者が候補として名前を挙げるのが、日米球界で数々の記録を打ち立てた「イチロー」である。

 現役時代にはオリックスでイチローとともに1995年のリーグ優勝、翌年の日本一に貢献し、引退後はオリックス、ソフトバンク、阪神でコーチを歴任した藤井康雄氏は、次期WBC監督について、「ありきたりかもしれませんが、一緒にプレーした経験を振り返っても、『イチロー監督』が面白いのではないかと思いますね」と話す。

「イチローなら、精神的な面で自らチームを引っ張っていくのだろうと思います。栗山監督が選手主導のスタイルというか、選手としっかりコミュニケーションを取りながらチームを作っていくやり方だったのとは、正反対の監督像になりますね。オリックス時代もイチローは言葉が少なく、プレーする自分の背中を見せてみんながそれについていくというパターンでした。引退後は高校野球の指導などをしていますが、それも現役時代のスタイルの延長線上の指導法に見えます。監督になれば、ドシッと構えて、そこに選手がついていくようなチーム作りをするんじゃないか。

 新旧代表監督のスタイルが好対照ということになれば、それも面白いと思います。もちろん『イチロー監督』には話題性もあるし、単純にどのような監督になるのか見てみたい。世界で最もよく知られている日本人のひとりですからね」

 本誌・週刊ポスト6月9日発売号では、「次のWBC監督は誰が相応しいか」を野球評論家20人に取材し、一挙掲載した。そこではやはり、イチローに期待する声は多かった。辛口評論で知られる江本孟紀氏もこう話す。

「後任監督はやはり、イチローがいいんじゃないでしょうか。アメリカ人やメジャーリーガーも、イチローのことはみんな知っている。WBCは国際大会なんだから、世界的に知られた監督のほうが注目はされますよね。イチローに1回ぐらい監督をやらせてやったらいいんじゃないですか。世界の野球を知っているのは強いですよ」

◆イチロー監督なら「誰をコーチに据えるのか?」

 中日、西武、阪神で外野手としてプレーし、引退後は楽天の初代監督を務めた田尾安志氏も、「メジャーの連中もイチローが日本代表の監督なら一目を置くでしょう」と話す。

「高校生への指導を見ていても、あれだけ野球に対する熱があるわけですからね。『イチロー監督』を一度見てみたい。イチローが(監督として)やる野球ですか? それはなかなか想像がつかないですね。柔軟性があるので、その時のジャパンのメンバーをうまく使っていくのではないか。今回もそうですが、トップクラスの選手ばかりですから、自分のビジョンにはめ込むといより、選手を選んだうえで、“どういう野球をやろうか”ということになる。

 ただ、これまでのボクの侍ジャパンに対する印象は、大きな打球がなかなか出ないというものだったが、今回のWBCを見ていたら大きいのも打てるようになってきた。今までの印象と違って、米国と対等に勝負できている。そういうチームになってきたところに、イチローのスピード・技術に長けた野球の要素が加われば、もっと強いチームになるのではないか。メジャーを見てきた選手だけに、侍ジャパンを正しい方向に導いてくれることを期待します」

 同じく「イチロー監督」を推すのは、現役時代に“野村(克也)チルドレン”としてヤクルトでリードオフマンを務め、引退後はヤクルト、ソフトバンクでコーチを歴任した飯田哲也氏だ。

「イチローならトップ選手を集めてきたチームをまとめることができると思うし、そもそもイチローがどんな選手を集めるのか、そのメンバーでどのような野球をするのか見てみたい。あとは、オリックス関係が多くなるのかもしれないが、コーチとして誰に声を掛けるかも含めて、すべてに興味が沸きますね」

 第1回、第2回のWBCでは、主力として侍ジャパンを世界一に導いたイチロー。とくに第2回大会決勝の韓国戦で優勝をたぐり寄せる決勝タイムリーを放った姿は、日本の野球ファンの記憶に鮮烈に残っている。そのイチローが今度は監督として「JAPAN」のユニフォームに袖を通し、世界一を目指す日がやってくるのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン