ライフ

医学の進歩とともに「がん」を取り巻く状況は刻一刻と変化 揺らいでいる「がん=死」のイメージ

(写真/PIXTA)

検査法や治療法は変わりつつある(写真/PIXTA)

 昨年4月に直腸がんの手術を受け、人工肛門になった都内在住の主婦Tさん(59才)がため息をつきながら振り返る。

「命と引き換えなら人工肛門も仕方がないと納得して手術を受けて、ようやく日常生活にも慣れてきました。ところが先日、自治体の健康診断で一緒になった同世代の人は私と同じステージ3の直腸がんで手術をしたにもかかわらず肛門を温存できていたんです。

 彼女は主治医に“最近はオペ後、一時的に人工肛門にしても、永久的に人工肛門にするケースは激減しています”と言われたそうです。私の主治医はそんな説明はしていなかったのに……と、いまさらながら悔やまれます」

 治療における選択肢の多いがんにおいて、医師の知識の差は患者の予後を大きく左右する。医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんが語る。

「かつて大腸がんは大がかりな手術をして人工肛門になるケースが多かったが、いまは内視鏡手術や放射線治療で対処できるようになり、患者のQOL(生活の質)が大きく改善されました」

 上さんが懸念するのは、外科医が説明不足のまま本来なら必要のない大規模な手術をすすめるケースが少なくないことだ。

「たとえば現在、胃がんや食道がんなどの早期がんでも、内視鏡で切除できるものが増えています。昔のように胃の大部分を切除し、食事制限をする必要は少なくなりました」(上さん)

 女性の大敵である乳がんの治療法にも変化がみられる。

「昔は乳がんになると手術で乳房を全摘出することが一般的でしたが、いまはよく効く抗がん剤がある。かつてのように乳がん=乳房を失うという状況ではありません」(上さん)

 抗がん剤に加えて、乳がんでは2020年に抗HER2薬「エンハーツ」が承認された。特定のたんぱく質を目印にがんを攻撃する薬で、大きな治療成果が期待される。だが、いかに画期的な新薬があっても医師が処方してくれなければ、私たち患者はその効果を享受することはできない。銀座薬局代表で薬剤師の長澤育弘さんが語る。

「エンハーツのほかにもがん細胞にピンポイントで薬物を届ける抗体薬物複合体(ADC)や分子標的薬、免疫システムを再活性化する免疫チェックポイント阻害剤など、がん治療薬は毎年のように新薬が出る分野です。

 しかし、特に地方の開業医は複数科や専門外を担当するため新しい薬の知識が乏しくなりがちで、副作用が強い従来の抗がん剤を使うケースが目立ちます。やはりがん治療については、知識がアップデートされているがんの専門医にかかる方が安心です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB