芸能

市川猿之助容疑者、再逮捕容疑が自殺幇助で“擁護派”が息を吹き返す 松竹は「セクハラの実態調査」は行わない方針か

2011年の襲名会見で、猿之助(右から2人目)は段四郎さん(右)とともに笑顔を見せていた

2011年の襲名会見で、猿之助(右から2人目)は段四郎さん(右)とともに笑顔を見せていた(写真/共同通信社)

 容疑はまたしても「自殺幇助」だった。市川猿之助容疑者(47才)が、歌舞伎俳優の父・市川段四郎さん(享年76)の自殺を手助けしたとする容疑で、7月18日に再逮捕された。

「母親への自殺幇助の疑いで逮捕されたのが、6月27日でした。以降、捜査当局は殺人容疑を視野に入れて、再逮捕に向けた捜査を慎重に進めてきました。特に病気を患っていたとされる段四郎さんの状態が、容疑が『自殺幇助』か『殺人』かを左右するポイントでした」(捜査関係者)

 猿之助は一貫して「一家心中」を主張し、警察の取り調べには「家族会議をして、みんなでさよならすることにした」と供述。段四郎さんの自殺を手助けしたことも認めているという。だが、今回の事件には、多くの疑問や謎が残ったままだ。捜査当局がいちばん不審を抱いたのは、そもそも「家族全員に自殺の意思がなかったのではないか」ということだ。

「猿之助容疑者はマネジャー兼付き人に宛てた遺書のような書き置きを残していたが、両親は自殺を意図するメモすら残していません。伝統と格式を重んじる歌舞伎界に身を置く両親が、パジャマ姿で最期を迎えていた点も不自然でした。

 猿之助容疑者はあくまで“自分は親の意思を尊重して手伝っただけ”と『親の同意』があったことを強調していましたが、両親の意思は誰も確認できません。そもそも、捜査関係者は自殺を提案したのが猿之助容疑者と踏んでいるフシがある。“みんなでさよなら”という供述と、認識に微妙なズレがあります」(全国紙社会部記者)

 家族会議は、事件発覚前日の5月17日に行われたという。その日、猿之助はスマートフォンで睡眠薬などに関する情報や自殺の方法をネット検索していた。

「両親の遺体からは、猿之助容疑者が処方されていた、2種類の睡眠導入剤の成分が検出されました。“10錠ほどのんだ”と供述していますが、この薬だと数千錠をのまなければ致死量に至らない。ネット検索で、たった10錠では中毒死しないことは、事前に把握できていたはずです」(前出・全国紙社会部記者)

 だから、両親が睡眠薬をのんで眠ったあとに、猿之助は両親の顔にビニール袋をかぶせ、養生テープで留めたわけだが、そもそも自身は本当に死ぬつもりだったのか、疑問が残る。

「司法解剖の結果、両親の死因は向精神薬中毒で、窒息死とはされていません。ただ、ビニール袋をかぶせたことが死期を早めたかどうかは、まだ『鑑定書』ができていないため捜査当局は判断を保留した状態。つまり、今後も容疑が変わる可能性は充分あるのです。

 捜査当局が最も困惑したのが、自殺にかかわる物証がすべて捨てられていたことです。ビニール袋や薬のパッケージなどを猿之助容疑者が処分したため、供述を裏付ける物証もなければ、くつがえす材料もありませんでした」(警視庁担当記者)

 仮に、ビニール袋や薬袋などが残されていれば、違う展開になっただろう。ビニール袋に両親が抵抗した痕跡があったり、薬のパッケージに両親の指紋がなく猿之助の指紋だけが残されていたら――だがそれらは猿之助が近所のゴミ捨て場に捨てた。

「猿之助容疑者が意識がもうろうとした状態で発見されたとき、母親の遺体はすでに死後硬直が始まっていました。母親の死亡時間と、猿之助容疑者が発見されるまでには10時間以上もの開きがあります。その間に、猿之助容疑者は、後始末である“証拠隠滅”をたっぷり時間をかけて行っていたのです」(別の全国紙社会部記者)

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB