ライフ

【新刊】情事を隠さない妻、悪妻にされた妻…6作の短編を収録、桐野夏生『もっと悪い妻』など4冊

二人の男を等しく必要とする妻。満たされた女は「悪い妻」ですか?

二人の男を等しく必要とする妻。満たされた女は「悪い妻」ですか?

 連日のように厳しい暑さが続き、熱中症のリスクが高まっている。外出を控えて、涼しい屋内で読書を楽しむのはいかが? おすすめの新刊4冊を紹介する。

『もっと悪い妻』/桐野夏生/文藝春秋/1760円
 娘を産んで女性バンド休止中の千夏。ライブハウスで人気の6才下の夫は育児に無関心ばかりか千夏の悪妻ネタで笑いをとる安田の肩を持つ(「悪い妻」)。夫に“誰か大事な人がいるの?”と聞かれ“いるよ、だって親友だもん”と答えて情事を隠さない37才の麻耶(「もっと悪い妻」)ほか、夫の死後を充実して過ごす女性など6編。寸止めのラストが物語のその後を想像させ刺激的。

自分だけが苦しい……そんな時、杖となってくれる言葉たち

自分だけが苦しい……そんな時、杖となってくれる言葉たち

『光であることば』/若松英輔/小学館/1650円
 冒頭の「希望について」に深く頷く。曰く、願望と希望は違う、人の数だけあるのが願望で、それはしばしば欲望に転じる。しかし希望は個人を超え普遍に向かって収斂していくもの。だから希望は持つのではなく「抱く」ものだと。苦しみ、悲しみ、孤独や詩歌の力など、著者の思索によって紡がれたコトノハたち。巻末には引用した本のリストも。緑陰のような読書体験をする。

歯切れのいい「オノマトペ言語起源説」。保育園はオノマトペの宝庫とか

歯切れのいい「オノマトペ言語起源説」。保育園はオノマトペの宝庫とか

『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』/今井むつみ、秋田喜美/中公新書/1056円
 ぐつぐつ、ぼわぼわなど日常語の「オノマトペ」。オノマトペは文芸の言葉でもあるのだなあと思ったのは初期の川上弘美作品を通してだった。だから冒頭の提起「オノマトペはれっきとした言葉だろうか」に違和感を持ったが、中程で納得。著者達はオノマトペを周辺に追いやった近代言語学の祖ソシュールに喧嘩を売っていた! 保育園児のママ達もすごく共感する一冊だと思う。

中央公論文芸賞受賞作。1行1行の密度が濃い家族小説

中央公論文芸賞受賞作。1行1行の密度が濃い家族小説

『家族じまい』/桜木紫乃/集英社文庫/748円
 夫婦卒業とか家族解散という言葉はあるが、墓じまいならぬ家族じまいかと、言葉のインパクトに打たれる。啓介と結婚して25年の48才の智代、啓介の弟と年の差婚をした27才の陽紅、両親と同居し始める智代の妹の乃理、姉妹の母サトミと姉の登美子の再会など、女達の人生それぞれが鮮明に浮かび上がる。桜木流の至言「縁なんて自然に切れるもの」の一言は、むしろ希望かも。

文/温水ゆかり

※女性セブン2023年8月3日号

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン