芸能

【永井美奈子×松本志のぶ×馬場典子】日テレアナ同窓会 芸達者ないまの後輩アナに何を思うのか

日テレ後輩アナウンサーに何を思う?(写真は馬場典子アナ)

日テレ後輩アナウンサーに何を思う?(写真は馬場典子アナ)

 1980~1990年代のテレビ黄金期を支えた日本テレビのレジェンドアナ3人(永井美奈子、松本志のぶ、馬場典子)が再会。これからの日テレを支える後輩アナウンサーに何を思うのか──。(司会・構成/放送作家・山田美保子)【全4回の第4回。第1回から読む

 * * *
──後輩アナウンサーについて思うことはありますか?

永井:私たちの頃とちがって、いまは日テレでも「元○○」と前歴があるアナウンサーが増えていますよね。それに何だかみんな芸達者で(笑)。学生時代に芸能活動をされていた岩田絵里奈さんはタレントの物真似が天下一品! 

馬場:小高茉緒さんのカラオケを聴いたことがあるんですけれど、本当に上手でした。みんなちゃんと一ネタもっているんですよね。私たちの頃みたいに『サライ』や『負けないで』『ランナー』だけじゃない。驚きました。あと郡司恭子さんが番組内で料理上手なお父様のレシピを紹介したり。発信の仕方が新しくて頼もしいです。

松本:私たちの頃は“表に出ている黒子”というスタンスだったんですけど、いまの子たちは黒子にもなるけれど役者にも芸人にもなれる。

永井:デジタルネイティブで小さい頃から自分を出すことが当たり前の年代だからかもしれません。

馬場:私なんてスマホで自撮りをするのも恥ずかしくて。仕事の後、スタイリストさんが衣装姿を撮ってくださるんですが、上手にポーズをとることもできません(苦笑)。アナウンサーは情報の伝え手であって、自分を伝える仕事ではないという教育を新人時代にみっちり受けたことも関係しています。ただ、自分にとってそれは良かったことだと思っています。

永井:私たちより前にはアナウンサーが天職というべき職人気質な先輩たちがたくさんいらして、普段の服装にもとても気を付けていらした。何か突発的なことがあったとき、Tシャツとジーンズ姿では現場に出られません。そういえば先輩方はいつもジャケットをお召しになっておられた。色々と時代を感じてしまう今日この頃ですね。

松本:時代といえば、私の同期の娘が入局していました(笑)。

馬場:え~~~ッ!

永井:最近は現場に入ると、みなさん子供たちの世代。同期はみんな役職に就いているのに私はいつまでもペーペー(苦笑)。でも、地味で体育会系の日テレのアナウンサーだったことはずっと誇りです。

松本&馬場:同感です。

(了。第1回から読む

【プロフィール】
永井美奈子(ながい・みなこ)/1965年生まれ、東京都出身。1988年に日本テレビ入社。『マジカル頭脳パワー!!』2代目司会、『24時間テレビ』総合司会など多数の番組に出演。現在はフリーアナウンサーとして活動するほか、クラシック音楽のフェスティバル「音夏(おんなつ)」のプロデュース。成城大学非常勤講師、日テレ学院講師を務める。

松本志のぶ(まつもと・しのぶ)/1969年生まれ、静岡県出身。1992年に日本テレビ入社。『24時間テレビ』総合司会、『行列のできる法律相談所』、『ズームイン!!朝!』、五輪現地キャスターなどを担当。現在はフリーアナウンサーとして活躍するほか、クラッシックコンサートの司会、絵本の朗読劇にも出演。報知映画賞の選考委員、洗足学園音楽大学客員教授を務める。

馬場典子(ばば・のりこ)/1974年生まれ、東京都出身。1997年に日本テレビに入社。『ZIP!』『ザ!世界が仰天ニュース』、『キユーピー3分クッキング』など情報からバラエティまで数多くの番組を担当。現在はフリーアナウンサーとして活躍し、『あさイチ』(NHK)、『歌謡プレミアム』(BS日テレ)などに出演中。大阪芸術大学放送学科教授を務める。

※週刊ポスト2023年9月1日号

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン