スポーツ

阪神戦チケットがオークションサイトで高騰、バブル状態に 9月以降はさらに“プラチナ化”か

18年ぶりの「アレ」への期待が高まるにつれ、チケットも高騰(岡田彰布監督/時事通信フォト)

18年ぶりの「アレ」への期待が高まるにつれ、チケットも高騰(岡田彰布監督/時事通信フォト)

 悲願の「アレ」に向かって阪神が突き進んでいる。8月16日、13年ぶりとなるマジック29が点灯すると、その後も延長戦を制すなど順調に数字を減らしている。2005年以来のリーグ優勝が現実味を帯びてくるなか、一部では“バブル”も起きているようだ。トラ番記者が言う。

「優勝は9月17日からの甲子園でのDeNAとの2連戦、あるいは同じく甲子園での9月20日からの巨人戦(2連戦)あたりになるのではないかと予想する声が多い。このあたりを中心に、試合のチケットがオークションサイトで高騰しているのです。

(8月22日時点で)甲子園と京セラドームでの主催試合は残り16試合あったが、ビジター席以外は完売というなか、8月22日の京セラドームでの中日戦のネット裏(7000円)が1万6500円で落札され、9月18日の甲子園でのDeNA戦はライト外野2連席(2400円×2)が3万7000円で落札されているのが確認された。プラチナチケットと化している様相です」

 阪神戦のチケットを巡る状況は、例年とは大きく違っているのだという。ベテランジャーナリストはこう話す。

「大阪でチケットを扱っている業者の情報によれば、今年は異例の動きになっている。例年に比べて、出回っている阪神戦のチケットが著しく少ないというのです。基本的に業者などに出回るチケットの多くは年間指定席で、席を持つ人が行けない試合のチケットを回そうとするわけですが、そうした流れで業者に持ち込まれる数が激減しているとみられています。

 つまり、業者を通じて融通先を探さなくても、周りに球場に行きたいファンがわんさかいるということ。岡田彰布監督のもとタイガースが好調を維持し、逆転勝ちや延長でのサヨナラ勝ちも多くてファンが楽しめているのでしょう。業者やオークションサイトに出回るチケットが少ないことが、価格高騰に拍車をかけている構図です。

 また、過去の傾向を振り返ると、ナニワの阪神ファンはしっかりしているというのか、早い段階で優勝が決まりそうな時期のチケットを抑えるということをしない。マジックが1ケタになったあたりで、星勘定を見定めてピンポイントで買うパターンが多いのです。今年はただでさえ出回るチケットが少ないなか、マジックが1ケタになったりすれば、さらに値が上がるのではないか」

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
有働由美子と膳場貴子
【25年の因縁】有働由美子と膳場貴子“6才差のライバル関係” NHK時代に激しいエース争いを繰り広げた2人の新たなチャレンジ
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン