芸能

嵐が2時間半の“緊急会談” メモリアルイヤーを前に注目集まるグループの今後

マッサージに出かけた松潤(2023年9月)

マッサージに出かけた松潤(2023年9月)

 ジャニー喜多川氏による性加害問題で、激震が続くジャニーズ事務所。事務所トップともいえる人気を手にした「嵐」の今後にも注目が集まっている。

 10月7日の夕方、ジャニーズ事務所の看板のないビルに黒塗りの車が入っていった。その車に乗っていたのは嵐の松本潤(40才)だった。

「松本さんをはじめ嵐のメンバーが集まり、緊急の話し合いが行われたそうです。10月2日の会見を前に、5人が久しぶりに集まったことが明らかになっていますが、彼らは毎日のように連絡を取り合い、時に顔を突き合わせ、意見を出し合っています。議題はもちろん、“嵐の今後”についてです」(芸能関係者)

 この日の会談は約2時間半にも及んだという。

「後輩や先輩といった仲間たちの意見も聞きながら、自分たちはどうするかを話し合っているようです。なかでも松本さんはリーダーシップを発揮し、頻繁に事務所にも出入りして契約に関する情報を精査しています。松本さんにとって嵐は特別です。ほかのメンバーもそうですが、この先も嵐の名前は残したい。そのために最善の策は何か、契約形態などを含めて目下、検討されているところです」(前出・芸能関係者)

 2020年の大晦日をもってグループとしての活動を休止して以降、嵐の5人が公にそろうことはなかった。今年11月にデビュー25周年のメモリアルイヤーを迎える。

 現在、相葉雅紀(40才)は10月スタートのドラマ『今日からヒットマン』(テレビ朝日系)で主演を務め、二宮和也(40才)もまた、同クールでドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』(フジテレビ系)で主演。松本はNHK大河ドラマ『どうする家康』で主役の徳川家康を演じ、櫻井翔(41才)は報道番組『news zero』(日本テレビ系)のキャスターを務めるなど、それぞれのジャンルで華々しく活動を続けている。

 芸能活動を休止している大野智(42才)は沖縄と東京を行き来する二拠点生活を送っているようだが、現在は都内にいるとみられている。
 
 10月2日のジャニーズ事務所の会見では、現在のジャニーズ事務所は10月17日付で「SMILE-UP.」に名称を変更し、ジャニー喜多川氏による性加害の被害者への救済・補償を担い、賠償がすべて終了したら廃業することが明らかに。「SMILE-UP.」とは別にマネジメントなどを行う新たな芸能事務所を設立し、事務所の名称はファンクラブの会員から募集、所属タレントはこの新事務所と個別に契約を結ぶことになるという。

「会社にすべての決定権があるわけではなく、タレント側に仕事の決定権を委ねられるエージェント契約を結ぶことになります。若手は従来通り新会社に“所属”することも可能。しかし、現状でエージェント契約の中身は明確になっていないようです」(別の芸能関係者)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン