芸能

ドラマ『きのう何食べた?』、”令和の夫婦ドラマ”との決定的な違いとは?

『昨日何食べた』

今やシリーズ化している『きのう何食べた?』(公式HPより)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、深夜ドラマ『きのう何食べた?』で描かれている「他者理解」と「共感性」について。

 * * *
 俳優・西島秀俊さん(52才)演じる料理上手で几帳面で倹約家の弁護士・筧史朗、通称シロさんと、その恋人で俳優・内野聖陽さん(55才)演じる陽気で人当たりの良い美容師・矢吹賢二、通称ケンジの2人の日々の生活を、食を通して描いた『きのう何食べた?Season2』(テレビ東京系)。同性カップルのリアルな毎日が描かれているこのドラマ、見ている人たちにほろ苦くもあたたかいと感じさせるのは、互いに対する「共感性」があるからだと思う。

 令和になってから、キュンとさせる素敵な恋愛ドラマや泣ける恋愛映画はいくつも作られてきた。だが夫婦関係を描いたドラマとなると、すれ違い、家庭内別居など、心温まる雰囲気とは縁遠いものが増えてきた気がする。そんな中、相手を思いやり、わかり合おうとする気持ちがストレートに描かれているのが『きのう何食べた?』だ。

 2019年にSeason1放送された『きのう何食べた?』は深夜ドラマの枠ながら、X(旧Twitter)の世界トレンド1位、見逃し配信の再生数が全12話で100万再生超えという大ヒットとなったドラマだ。原作はよしながふみ氏の同名の人気漫画で、ゲイであることを隠して生きているシロさんと、職場でもゲイであることをカミングアウトして生きているケンジのリアルな暮らしや、食費を月2万5000円で賄おうとする日々の食卓が描かれている。2021年には映画化もされ。こちらも大ヒット。同性カップルならではの問題にも次々とぶち当たるのだけれど、その度にお互いを思いやり、わかり合おうとする様子にほっこりさせられる。

 中でもSeason1から話題になっていたのが、内野さんの演技。ガッチリした体格にきりっとした顔つき、硬派な印象の内野さんの立ち居振る舞いが印象的だ。ゲイであることをカミングアウトしているケンジは、表情や仕草、口調など、どれをとっても柔らかな雰囲気を感じさせる。肘や膝を内側に倒すような動かし方や、手首や指の細かな使い方など、ロマンチックなことが好きなケンジの気持ちを反映したフェミニンさがにじみ出ている。見た目とのギャップがあるはずなのだが、そこにわざとらしさはなく、その仕草は自然でさりげない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン