国内

《腕噛んでいい?》頂き女子りりちゃんが1億円以上貢いだ“青学出身ホスト”の極悪素顔「地獄で会いましょう」「藤井聡太倒すわ」

「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告と逮捕されたホスト・田中裕志容疑者

「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告と逮捕されたホスト・田中裕志容疑者

 現在、詐欺罪などの罪で起訴されている「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)。彼女が派遣社員の男性(54)から騙し取った金と知りながら、飲食代などとして現金約4000万円を受け取った疑いで、歌舞伎町のホスト「狼谷歩」こと田中裕志容疑者(26)とホスト店の店長、橋本一喜容疑者(34)が逮捕された。

 今回は、組織犯罪処罰法違反の容疑でホストが逮捕されるという珍しいケース。田中容疑者は渡辺被告に対してLINEで「俺も共犯、真衣ちゃんが捕まる時は俺も一緒」という趣旨のメッセージを送っていたとされ、このことから田中容疑者の犯行が裏付けられたという。

「頂き女子」を名乗り、“パパ活”同様の活動をしていた渡辺被告は、虚偽の説明をして2億円近くのお金を男性から騙し取りつつ、その詐欺手法をマニュアルにして販売。X(旧Twitter)でのフォロワーも1万人超えで、「男性を巧妙な手口で騙し取り、そのほとんどをホストに注ぎ込んでいる」ということは歌舞伎町では周知の事実だった。マニュアルを読むと、「りりちゃん」は「寂しく貯金のあるおぢ(男性)」を集中的に狙っていたようだが、彼女がホスト「狼谷歩」こと田中容疑者を継続して指名していたことは、歌舞伎町内では有名だった。

「彼はあのりりちゃんが指名していた、というイメージの強いホストでしたね。3000円くらいの魚の置物を、りりちゃんがホスクラで1250万円ほどで卸していたことを、周囲に自慢気に語っていた。報道では4000万円となっていますが、りりちゃんは1億円以上は狼谷に貢いでいたと思いますよ。りりちゃんは彼に価値を感じていたんだなという印象です」(歌舞伎町関係者)

 田中容疑者はSNSでも発信活動を行なっており、X、Instagram、TikTok、YouTubeを運用。ホストとしての売り方や、資産形成術を発信していた。過去に田中容疑者を指名したことがあるというA子さんが語る。

「青山学院大学卒で、『将棋とカバディが好きなんだよね』と言ってて、個性派で売ってる感じでした。『藤井聡太倒すわ!』と息巻いてましたね(笑)。なんだけど、初指名の時点で『腕噛んでいい?』『噛み癖あるんだよね』と言ってて……。怖くて本指名にはしませんでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
東京ディズニーシー新エリア“アナの声”は、神田沙也加さん“最後の肉声”か?“後継者”の声か? ファンの間で噂が広がる
女性セブン