ライフ

さいとう・プロの作画チーフが語る『ゴルゴ13』制作の裏側 「コマ一つとっても映画を撮るような発想で描かれている」

さいとう・プロダクションで作画チーフをつとめるふじわら・よしひで氏

さいとう・プロダクションで作画チーフをつとめるふじわら・よしひで氏

 劇画家さいとう・たかを氏が設立した「さいとう・プロダクション」は、各スタッフの分業体制により作品を制作するという方式を確立、さいとう氏亡き後はシナリオは脚本家に任せ、作画はチームで分業する「プロダクション・システム」を構築し、今も『ゴルゴ13』新作の制作が続けられている。現在、さいとう・プロで作画チーフをつとめるふじわら・よしひで氏に、連載から55周年となった『ゴルゴ13』制作について聞いた。

 * * *
 私はかつて自分の連載も持っていて、X(旧ツイッター)で「次回作は?」と聞かれたりしますが、黙っています(笑)。今はさいとう・プロの仕事に専念しています。

 さいとう先生からは、「構図を決めるときは3台のカメラを持て」と教わりました。1つのコマを描くときに、アップ、ロング、俯瞰の3つのカメラで眺め、もっとも効果的な構図で描くということです。さいとう・プロの制作体制は分業制で、映画の製作とよく似ているのですが、コマ一つとっても映画を撮るような発想で描かれているのです。

 あくまで自分の趣味なんですが、1970年代の劇画ブームの頃に『ゴルゴ13』から強く影響を受けたので、1970年代の雰囲気だけでも捉まえられたらいいなと思って、昔を思い出しながら描いています。

【プロフィール】
ふじわら・よしひで/1966年、鳥取県生まれ。1986年に『私立終点高校』で漫画家デビュー。代表作に『拳児』『ジーザス』『コンデ・コマ』『闇のイージス』などがある。2019年からさいとう・プロに作画スタッフとして所属。

取材・文/清水典之

※週刊ポスト2023年11月17・24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン