スポーツ

楽天・安樂、パワハラ疑惑でクビは不可避の状況か 「暴行で解雇」デーブ大久保氏の擁護には呆れる声

パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)

パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)

 熱投で甲子園を沸かせたスターの“裏の顔”が露わになり、野球ファンから失望の声が上がっている。楽天の安樂智大(27才)が、後輩選手にパワハラ行為を繰り返していた疑惑が浮上。一気に選手生命を断たれる可能性さえ出てきた。

 安樂は済美高校(愛媛)時代、甲子園に2度出場し、2014年にドラフト1位で楽天に入団。今季は中継ぎとして57試合に登板した。その安樂から複数の選手がパワハラ行為を受けていたと訴えたため、球団は疑惑解明のためのヒアリングやアンケート調査を実施。安樂は25日に契約更改を行う予定だったが、無期限延期も。今回のパワハラに繋がる端緒は高校時代から見られていた。

「安樂が高校3年の時、夏の甲子園の県予選で敗退した後、部内のいじめが発覚。その内容は後輩にカメムシを食べさせたり、灯油を飲ませようとしたりといった悪質なもので、チームは1年間の対外試合禁止処分を受けました。安樂は関与していないとのことでしたが、高野連はU18日本代表の選考から安樂を除外しました。安樂は済美のキャプテンだったので、責任を取らされた形です。

 しかし今回の楽天の件では、10人程度の選手が被害を訴えているとされており、ロッカールームで下半身を露出させたり、食事の誘いを断った相手に深夜に繰り返し電話したりと、いじめ方もひどい。『東スポ』は、高校時代から安樂を知る関係者の『やっぱりか…』というコメントを紹介しています」(スポーツ担当記者)

恩師の擁護が“火に油”

 そんな安樂について、楽天入団時の監督で野球評論家の大久保博元氏(56才)が25日、自身のYouTubeで言及。「相手が嫌がることはしてはいけない」と言いながらも「安楽がもう悪い人間かというと、そんなことない」「後輩を諭さなきゃいけない人間が、度が過ぎてしまったということ」と、フォローしたのだ。

「野球界が猛烈な縦社会だったのは、野球ファンならずとも知るところ。PL高校出身の選手が語る寮生活の厳しさは、スポーツバラエティでは鉄板ネタですし、高校や大学のみならずプロでもしごきや鉄拳制裁は当たり前で、それを“愛のムチ”と美談で語る傾向がありました。1年でも先輩なら敬語は絶対ですし、風呂の順番、駐車場で車を置く場所、移動バスで座る場所まで、厳然と決められていたのです。

 近年は世にならい、そういった風習は悪しき伝統として消え去りつつあり、イジメやパワハラなどありえないというのが球界の新たな常識です。それなのに、いまだに“昭和のノリ”の選手が現れると、恩師がそれを擁護したことで、『やはり野球界は変わらないのか』と、多くの野球ファンが呆れ果てています」(フリーの野球記者)

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン