スポーツ

楽天・安樂、パワハラ疑惑でクビは不可避の状況か 「暴行で解雇」デーブ大久保氏の擁護には呆れる声

パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)

パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)

 熱投で甲子園を沸かせたスターの“裏の顔”が露わになり、野球ファンから失望の声が上がっている。楽天の安樂智大(27才)が、後輩選手にパワハラ行為を繰り返していた疑惑が浮上。一気に選手生命を断たれる可能性さえ出てきた。

 安樂は済美高校(愛媛)時代、甲子園に2度出場し、2014年にドラフト1位で楽天に入団。今季は中継ぎとして57試合に登板した。その安樂から複数の選手がパワハラ行為を受けていたと訴えたため、球団は疑惑解明のためのヒアリングやアンケート調査を実施。安樂は25日に契約更改を行う予定だったが、無期限延期も。今回のパワハラに繋がる端緒は高校時代から見られていた。

「安樂が高校3年の時、夏の甲子園の県予選で敗退した後、部内のいじめが発覚。その内容は後輩にカメムシを食べさせたり、灯油を飲ませようとしたりといった悪質なもので、チームは1年間の対外試合禁止処分を受けました。安樂は関与していないとのことでしたが、高野連はU18日本代表の選考から安樂を除外しました。安樂は済美のキャプテンだったので、責任を取らされた形です。

 しかし今回の楽天の件では、10人程度の選手が被害を訴えているとされており、ロッカールームで下半身を露出させたり、食事の誘いを断った相手に深夜に繰り返し電話したりと、いじめ方もひどい。『東スポ』は、高校時代から安樂を知る関係者の『やっぱりか…』というコメントを紹介しています」(スポーツ担当記者)

恩師の擁護が“火に油”

 そんな安樂について、楽天入団時の監督で野球評論家の大久保博元氏(56才)が25日、自身のYouTubeで言及。「相手が嫌がることはしてはいけない」と言いながらも「安楽がもう悪い人間かというと、そんなことない」「後輩を諭さなきゃいけない人間が、度が過ぎてしまったということ」と、フォローしたのだ。

「野球界が猛烈な縦社会だったのは、野球ファンならずとも知るところ。PL高校出身の選手が語る寮生活の厳しさは、スポーツバラエティでは鉄板ネタですし、高校や大学のみならずプロでもしごきや鉄拳制裁は当たり前で、それを“愛のムチ”と美談で語る傾向がありました。1年でも先輩なら敬語は絶対ですし、風呂の順番、駐車場で車を置く場所、移動バスで座る場所まで、厳然と決められていたのです。

 近年は世にならい、そういった風習は悪しき伝統として消え去りつつあり、イジメやパワハラなどありえないというのが球界の新たな常識です。それなのに、いまだに“昭和のノリ”の選手が現れると、恩師がそれを擁護したことで、『やはり野球界は変わらないのか』と、多くの野球ファンが呆れ果てています」(フリーの野球記者)

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン