国内

《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」

りんご園の責任者が取材に応じた

りんご園の責任者が取材に応じた

「まさか、こんなことになるなんて……」──声を落としそう話すのは茨城県大子町小生瀬の観光果樹園「豊田りんご園」の園長を務める豊田拓未さんだ。茨城県は11月29日、同園において試食用のリンゴを食べた客12名が体調不調となり、腸管出血性大腸菌(O157)による集団食中毒が起きたと発表した。現在、客のうち6歳男児と70歳代の女性が重症で集中治療室(ICU)に入院しており、ほかの10人は軽症だという。

地元では屈指のリンゴ園

 園で長年働く女性従業員は語る。

「うちの農園は広さが7ヘクタールで大子町では一番、北関東でも最大級のりんご園です。『サンフジ』『名月』をはじめ、幻のリンゴとも言われている『高徳』を含む約90種のリンゴを栽培してします。年間のお客さんでいうと2万人ではくだらないと思います」

 現在、園長を務める豊田拓未さんは3代目で、2016年に祖父の代から70年以上続くこのりんご園を継いだという。

「拓未くんは都内の大学で観光経営学を学んで、卒業後に大子に戻ってきました。新しく『未来工房』という加工部門を作って、農園で働く人材の確保から新品種の管理まで頑張ってきたんです。いろいろな面でこの園の大黒柱ですよ」(同前)

「3連休で1日に1000人以上お客さんが…」

 食中毒が起きたのは11月5日のこと。試食用のリンゴは園で収穫されたもので、リンゴ狩りに来ていた47人が食べたという。リンゴはあらかじめ従業員がカットしたものが、紙コップに入った状態だった。

 いったい当日、なにが起きたのか。NEWSポストセブンは同園で関係者らに話を聞いた。豊田拓未さんの母親は試食用のリンゴを切っているという業務用のカッターを見せながら事の顛末を説明した。

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン