芸能

【全文公開】西川史子、今年6月に脳出血再発で懸命なリハビリの日々 父が語る現在の状態

懸命なリハビリが続く西川史子

懸命なリハビリが続く西川史子

 数年前まで、バラエティー番組に欠かせない存在だった西川史子(52才)がお茶の間に姿を見せなくなって久しい。医師という職業を生かしながら毒舌でならしていた彼女が、第二の人生を歩もうとしていた矢先に立ちはだかった高い壁は──。

「奇跡の病院」と呼ばれることもあるその施設には、明るく広々とした廊下が広がり、アート作品がいくつも展示されている。ふと目をやると視界に入る風流な光景に、入院患者らは口元を緩ませる。

 ここは「寝たきりにさせない」をモットーにする回復期リハビリテーションの専門病院である。これまで数多くの著名人を“再生”させたその病院で現在、必死にリハビリに励んでいるのが、医師でタレントの西川史子だ。

「西川さんがここに入院してから約半年が経ちました。この間SNSはストップしてしまっていますが、食欲もあり、お話も楽しそうにしていて元気です。ただ、かなりおやせになりました。もともとふくよかとは言えない体形でしたけど、お見舞いに来るかたがびっくりされることも多いようです」(西川の知人)

 時には毒舌とも言える発言で世間を賑わせながらも、常に独自の視点を持ち合わせていた西川。すっかり表舞台から姿を消した美人女医に何が起こったのか──。

 入院を余儀なくされたのは、立っているだけでも汗ばむ今年の初夏のことだった。前出の西川の知人が語る。

「自宅で倒れていたところを関係者が発見して病院に搬送されました。彼女は一昨年も同様に救急搬送されましたが、どうやら同じ病気が再発してしまったようです」

 2021年8月、彼女が脳出血で倒れたのも同じく自宅だった。

「勤務先の病院に出勤せず、連絡が取れなかったのでマネジャーが警察の立ち合いのもと自宅に入ると、リビングで倒れている西川さんを発見した。そのときは入浴後に異変を感じ、立てなくなったとのこと。病名は『右脳内出血』で、5時間に及ぶ緊急手術を受けました」(芸能関係者)

 くどうちあき脳神経外科クリニック院長の工藤千秋医師が解説する。

「脳出血は脳の血管が破れて出血する病気で、基本的に生活習慣病などで動脈硬化が進んだ人に生じやすい。また、一部には生まれつきなりやすい体質の人もいます。出血量が多い場合は西川さんのように緊急手術を行っても、術後に手足が動きづらくなったり、呂律が回りにくいなどの後遺症が出ることがあります。通常、手術後は数か月程度のリハビリが必要です」

 西川の緊急手術は成功に終わったが、入院は4か月に及んだ。彼女は2021年12月に更新したインスタグラムで長期にわたる入院生活を終えて退院したことを報告し、後遺症についてこう述べた。

《左半身の麻痺はまだ完全によくなってはいません。当初はほとんど動かなかったのですが、リハビリによって身の回りのことは自分でできるようになりました。まだまだ不自由はありますが、今の自分の身体をしっかりと受け止め、医師として向き合いながらさらに身体機能の向上を目指してまいります》

 退院後も「不自由」な生活が続き、それは西川を打ちのめした。前出の西川の知人が語る。

「左半身に麻痺が残ったことで日常生活に支障が出るようになりました。たとえば、洋服をひとりで着るのも時間がかかってしまうし、軽いものを持ち上げることも難しくなった。日によっては歩行がままならないときもありました。

 病気になるまでは、バリバリと仕事をこなしながら、気が向けば豪快にショッピングを楽しみ、連日パーティーや会食をこなすという華やかな生活を送っていた彼女にとっては本当につらい日々が続き、神様に『これ以上私をいじめないでください』と何度もお願いしたそうです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン