スポーツ

記録ずくめだった大谷翔平の2023年 打者専念の来季は「60本塁打」「三冠王」も夢ではない

記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)

記録ずくめのシーズンを送った大谷翔平(写真=AP/AFLO)

 WBC優勝を皮切りに、投手として2年連続2桁勝利、打者として44本塁打で日本人史上初のホームラン王と、2023年も連日の大谷翔平による記録更新に日本中が驚きと歓喜に沸いた。

「シーズンを通じ、投打ともに素晴らしかった。戦線離脱しなければ本塁打55本以上は確実、投手としても15勝は固かったはずです」(NHK MLB解説者・武田一浩氏)

 今季の大谷のホームランは、3年連続で34本以上をマークしたのもさることながら、150メートル超の特大アーチや今季MLB最速となる時速190キロ超の打球速度も話題となった。だが、驚くのはそればかりではない。

「打率3割4厘、95打点の成績もすごいが、驚くのは大谷の“対応力”。日本人は左のサイドスローのスライダーを苦手とする打者が多いのですが、大谷は対戦する中で修正を繰り返し、あらゆる球種が打てるようになった。進化の度合いとスピードが桁外れです」(武田氏)

 投手としても、160キロを超える直球や、昨季から多投し磨きのかかったスイーパーで、10勝5敗、防御率3.14という好成績を残している。

「来季は打者に専念しますから『60本塁打』『三冠王』も夢ではありません。ケガを克服して二刀流で復帰する2年後はどれだけの数字が並ぶのか、楽しみです。移籍先はドジャースやレンジャーズなどポストシーズンに出場できる強いチームを希望しているはず。近い将来、ワールドチャンピオンの大谷が見られるかもしれません」(武田氏)

 記録ずくめだった今シーズンの進化を経て、大谷は来季、もっと飛躍してくれるはずだ。

取材・文/小野雅彦

※週刊ポスト2023年12月15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
21歳で4番デビューし、様々な記録を残してきた岡本和真
巨人の4番・岡本和真「6年連続30本」でもそこまで評価されないのはなぜか OBや番記者が指摘「キャラクターで損をしている」
週刊ポスト
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン