芸能

松本潤「大河」後に待ち受ける嵐の最終決戦「冬の陣」 結成25周年を前に水面下で繰り広げられる攻防戦

打ち上げはおおいに盛り上がり、松潤も少しほほを赤く染めていた

打ち上げはおおいに盛り上がり、松潤も少しほほを赤く染めていた

 本格的な冬の寒さが到来し始めた11月下旬、都内のおしゃれなビストロでは一足早い忘年会が開かれていた。

「忘年会も兼ねた大河ドラマの打ち上げでした。松本さんは多くのスタッフや出演者に囲まれ、慰労されていましたよ。でも、ふとした瞬間、“大変なんだよねぇ”と真顔でこぼしていて。大河はすでにクランクアップしたけど、もうひとつの問題が厄介すぎるんでしょうね」(NHK関係者)

 12月17日に最終回を迎えるNHK大河ドラマ『どうする家康』。主演の松本潤(40才)は、1年以上にわたって座長を務め上げたが、これでほっと一安心とはいかないようだ。松本と嵐にとっての“本当の戦”はこれから始まる。

「大河のクライマックスの舞台は、『大坂・冬の陣』と『夏の陣』ですが、家康と同じくこの冬、松本さんにも大きな闘いが待っています。最近は、大量のお弁当を買い込んで事務所を訪れていました。連日、“嵐の今後”について話し合いが続いているようです」(芸能関係者)

 目下、旧ジャニーズ事務所の所属タレントたちは、間もなく発足する新会社とエージェント契約を締結するか否かが注目されているが、嵐にはほかのグループとは異なる事情がある。

「Snow ManやHey! Say! Jump、King & Princeが大晦日に生配信ライブやコンサートを実施すると続々と発表しています。カウントダウンコンサート(カウコン)がないぶん、独自の年越し企画はファンにとっては朗報ですよね。ただ、嵐は2020年の大晦日を最後に活動休止中。ファンが喜ぶニュースを届けるのは難しい立場にあります」(別の芸能関係者)

 ここ数か月、嵐は水面下でさまざまな攻防戦を繰り広げていたようだ。

「2024年に結成25周年を迎えるので、再結成のライブを行うために東京ドームを押さえていたと報じられましたが、ジャニー喜多川氏を巡る性加害問題の影響もあり、計画は頓挫してしまったそうです。さらに二宮和也さん(40才)が事務所を退所、個人事務所を設立したことも問題を複雑化させています。

 二宮さんは嵐が活動再開した際には、メンバーとして一緒に活動する意向を示していますが、いまはまったく予定を立てられる状況ではありません」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン