芸能

【元TBSアナ座談会】「俺の書いたニュース原稿を女に読ませるな」吉川美代子アナが振り返る女性アナ苦闘時代

(左から)吉川美代子さん、渡辺真理さん、木村郁美さん

(左から)吉川美代子さん、渡辺真理さん、木村郁美さん

『news23』『サンデーモーニング』『報道特集』……。「報道のTBS」という看板を背負うテレビ局で、アナウンサーを務めてきた吉川美代子さん、渡辺真理さん、木村郁美さんの3人がここに集まった。「厳しい指導があったからこそ今がある」と語る彼女らに、報道を背負うその矜持を聞いた。【全3回の第1回】

 * * *
──3人がお揃いになるのは久しぶりですか?

吉川:メールで近況をやりとりしたりスケジュールが合えば食事に誘い合ったりはしていますけれど、コロナ禍で疎遠になってしまいました。

渡辺:こうして3人で集まるのは初めてなんです。吉川さんと私は13年違い、郁美ちゃんは96年入社なので期は近いのですけれど。

木村:私が研修している頃に真理さんは退社されてしまったので。共通しているのは、今在籍しているアナウンサーも含めて、みんな吉川さんの教え子ということですね。

吉川:今年入社した南後杏子アナと御手洗菜々アナの研修も先日してきたばかりです。他局のアナウンサーに会ってよく聞くのは先輩が注意してくれないという話。新人の時は注意してくれても、番組を持つようになると先輩が見てくれているかもわからないそう。

渡辺:その点TBSは吉川さんを筆頭に、素晴らしくも厳しい先輩方が親身になって指導をしてくださるので心底、助かりました。私が退社してテレビ朝日の『ニュースステーション』に就くことになった時も、ストレートニュースを読んだ経験が少ない私を心配して、吉川さんと宇野淑子さんがスタジオの隅で指導してくださったんです。

木村:吉川さんは女性アナウンサーとして最初にニュース番組でメインを務めた方。私たちには想像もつかないご苦労をされてきたはず。取材に行かれた際の録音テープをご自分で編集していらしたという話をうかがって本当に驚きました。

吉川:「俺の書いたニュース原稿を女に読ませるな」とか、スカートを穿いてきたら「現場に出るな」とか言われましたよ。本番中も、耳元のイヤリングがちょっと揺れただけで叱られました。お辞儀をした後、髪の毛が顔にかかって手で直すのもニュース番組ではNGでしたから。

渡辺:それでも「報道のTBS」と言われる中で女性も一翼を担えてきたのは、吉川さんのような先輩が道を拓いて、恥ずかしい放送にしないという責任感から後輩を育ててくださったおかげです。

吉川:ニュースって、ただ原稿を読み上げるのではなく、原稿に書かれた内容を理解して伝えなくてはいけない。郁美ちゃんのように、堺正章さんとの『チューボーですよ!』や多くの生ワイドで様々な情報を伝えてきた人はすぐ感覚が掴める。フリップを出すタイミングやVTRを受けてどんなことを言うべきか、番組内容をしっかり理解していなくてはできません。

木村:ありがとうございます。その番組を担当していた時、いちばん覚えているのは2001年の“9・11”です。朝が早かったので既に寝てしまっていたのですが、22時くらいに呼び出されて……。ハイヤーの運転手さんに「今日は大変ですね」と言われても「何がですか?」と聞いたぐらい把握ができていなかった。人生で一番冷や汗をかきました。

第2回へ続く

【プロフィール】
吉川美代子(よしかわ・みよこ)/1954年5月8日生まれ。1977年、TBSに入社。『JNNおはようニュース&スポーツ』で初の女性キャスターとして活躍した。またTBSアナウンススクールの校長を12年間務めており、後進の育成にも奔走。

渡辺真理(わたなべ・まり)/1967年6月27日生まれ。1990年、TBSに入社。2年目にして『モーニングEye』を担当し、1996年には『筑紫哲也 NEWS23』を担当。

木村郁美(きむら・いくみ)/1973年1月19日生まれ。1996年、TBSに入社。『はなまるマーケット』や『チューボーですよ!』などに出演しつつ、『JNNフラッシュニュース』などでニュースにも携わる。

司会・構成/山田美保子(放送作家) 撮影/平野哲郎

※週刊ポスト2023年12月22日号

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン