芸能

小林旭が語る権力者にへつらわない生き方「権力や忖度がはびこる芸能村を一層腐らせるのはコンプライアンスだ」

20代から数々の作品で主演を張った小林旭

芸能村を一層腐らせているのがコンプライアンス文化だと指摘する小林旭

『仁義なき戦い』や『渡り鳥』シリーズで知られる銀幕スター・小林旭(85)は、昭和の映画界・芸能界を生き抜いたレジェンド俳優だ。かつての芸能界のあり方と、大きく変わってしまった今の芸能界について何を思うのか──小林が過去を振り返りながら語る。【全4回の第2回。第1回から読む

 * * *
 大騒ぎになったジャニー喜多川の性加害だって、芸能界じゃ何十年も昔から知られた話だ。

 俺の家に昔、ジャニーとメリー(喜多川)が来たことがある。当時、駆け出しだったジャニーズ事務所が売れっ子の俺をマネジメントしたいという話で、ジャニーから「旭さん、私のところに体を預けてくれませんか」と言われたんだ。

 でも彼と少し話をして、“これは俺の世界じゃないな”と思った。考え方が肌に合わなくて、それ以上マネジメントの話は進展しなかった。

 ジャニーズにせよ他の大手プロダクションにせよ、タレントをテレビ局に売り込んでスターにする豪腕は大したものだった。でもな、俺は、小林旭という男は、芸能界の権力者にへつらうことはしなかった。大手事務所の連中に「バカ野郎が」と言い続けてきた。

 その結果、嫌な目にもあった。特に昭和61年の「第28回日本レコード大賞」は忘れられない。審査を終えた後、審査員の西村晃が俺のところに来て言うんだ。「おめでとう! 『熱き心に』が大賞に決まったよ!」ってな。フタを開けたら大賞は中森明菜の『DESIRE─情熱─』だった。芸能界の汚い部分を見せつけられた気がして、レコ大だけでなく、授賞式を放送するTBSにも複雑な想いを抱いたよ。

 こういう権力や忖度がはびこる芸能村を一層腐らせているのがコンプライアンス文化だ。最近のテレビは視聴者からクレームが出ないことばかりに苦心して、喫煙シーンもカットされるんだろ。

 本来、人間には清濁併せ呑む「ゆとり」が必要なんだ。丸太の桶だって「たわみ」があるから砕けも外れもしないのに、今の時代にはゆとりがなさすぎる。

 セクハラやパワハラも昔はザラにあった。俺も大部屋役者時代は衣装をドブ川に捨てられたり、アクションの撮影中に本気で殴られたりと嫌がらせばかりされた。無論、そうした映画界の悪しき風習は一掃すべきだけど、厳しい現場だから学べることが多いのも事実。今は現場がぬるま湯で礼儀や礼節を教える人がいなくなったから、無作法な人間が目立つ。

 かつて俺がNHKの歌番組に出た時、司会の宇崎竜童がサングラスをしていたから、「司会はちゃんとゲストの目を見て喋れるようにしろ」と本番前に外させたことがある。それ以降、宇崎は俺の教えをしっかり守っていたけど、こんな事も今じゃパワハラと言われてしまうのかね。

(第3回に続く。第1回から読む

※週刊ポスト2024年1月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン