スポーツ

巨人・井上温大投手、キャンプイン直前に回転寿司で庶民派デート 値段高めの皿を中心にハイペースで40皿ほどペロリ

将来のエース候補として期待される高卒5年目の井上温大

将来のエース候補として期待される高卒5年目の井上温大

 先発左腕が不足する巨人で将来のエース候補として期待される高卒5年目の井上温大(22)。昨年は春季キャンプを一軍で過ごしたが、2月下旬に左肘の違和感を訴えて離脱。6月下旬に一軍のマウンドへ戻ったものの、成績が振るわず、再び二軍に降格となった。しかし、その後はイースタン・リーグで11試合に登板して7勝0敗、防御率0.75と抜群の安定感を見せ、奪三振数はリーグトップだった。

 そんな井上の束の間のオフをキャッチした。2月1日のキャンプインを3日後に控えた1月29日の午後7時過ぎ、都内の繁華街にある回転寿司チェーンのカウンター席に、井上の姿はあった。目撃した男性はこう言う。

「隣には色白でぱっちりした目元の高畑充希似の女性が座っていました。ずっとニコニコと楽しそうに会話しながら食事をしていたので、デートなのかなって。店内は満席で、10組ほど待っている客がいるくらい混雑していたので、こんな庶民的なところでデートするんだと驚きました。

 井上選手は次々とレーンから皿を取り、女性もかなりのペースで食べていました。しかも割と値段が高めのお皿が多くて(笑)。最終的に40皿ほど食べていましたね」

 午後8時過ぎに店を出ると、井上は混雑する繁華街の通りを、女性をかばうように寄り添いながら歩いていったという。巨人の広報部に当日のことについて聞いたが、締め切りまでに回答は得られなかった。

 春季キャンプは二軍スタートとなった井上だが、初日はブルペンで35球を投げている。

「昨年はキャンプで投げ込み過ぎて肘を壊した。今年はセーブしながらのキャンプになりそうだ。しなやかなフォームからの伸びのあるストレートが武器だが、変化球の制球力という課題もある。

 このオフに独身寮から出て一人暮らしを始めた。寮生活は食事が充実し、トレーニングルームなども完備されているが、寮を出たら自分で食事などに気をつけながら健康管理しないといけない。勝負の1年となります」(巨人担当記者)

“庶民派デート”でリフレッシュした井上は、ローテ入りして巨人のV奪還に貢献できるか。

※週刊ポスト2024年2月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン