ライフ

【新刊】黄昏ゆく“自前思考”への風刺小説、芥川賞受賞・九段理江『東京都同情塔』など4冊

“多くの読者が面白がって読める稀有な”(講評より)芥川賞受賞作

“多くの読者が面白がって読める稀有な”(講評より)芥川賞受賞作

「立春」を過ぎて暦の上では春を迎えた。少しずつ日脚が伸びる季節、一足早い春を探すお出かけのお供に、おすすめの新刊を紹介する。

『東京都同情塔』/九段理江/新潮社/1870円

 講評は本当だった! ザハ・ハディド案の新国立競技場ができた並行世界。建築家の牧名沙羅は寛容の精神で犯罪者を収容する刑務所(シンパシータワートーキョー=東京都同情塔)のコンペに勝ち、新たな都市景観を創り出す。漢字よりカタカナの風潮、他者の言葉を滑らかに繋ぐ生成AI、大きくなりがちな主語、寛容論学者の正体。黄昏ゆく“自前思考”への軽やかな風刺小説だ。

叔父・武史と姪・真世のコンビが女達の心の機微に触れるシリーズ第2弾

叔父・武史と姪・真世のコンビが女達の心の機微に触れるシリーズ第2弾

『ブラック・ショーマンと覚醒する女たち』/東野圭吾/光文社/1980円

 元手品師の武史が経営する隠れ家的バー「トラップハンド」(罠の手)にやってくる女達がドラマを紡ぐ。超セレブを探す婚活中の美菜、莫大な遺産を相続した和美、愛する男性が突然死んだ柚希、離婚後の妊娠発覚でも胎児には死んだ元夫の相続権があると主張する沙智。邪心の犯罪かと思わせるどの話にも、人生の機微にそっと触れる捻りが。女達を言祝ぐ人間賛歌ミステリーだ。

お酒のアテにもご飯のおともにもなるお取り寄せ絶品おかずの大饗宴

お酒のアテにもご飯のおともにもなるお取り寄せ絶品おかずの大饗宴

『山口恵以子のめしのせ食堂 こころとお腹を満たす物語と「ご飯のおとも」』/山口恵以子、長船クニヒコ/著 小学館 1650円

 百貨店を退職した女将が始めた小さな一膳めし屋。ガスで炊いたご飯と2種の味噌汁、全国から取り寄せた「ご飯のおとも」が売りだ。出勤前のホステス、疲労困憊の独身男性サラリーマン、離婚した女性編集者などをスケッチしながら(小説部分)、目利きのバイヤー長船氏が佃煮、ふりかけ、肉や海産物と、全国の取り寄せできる逸品を紹介。これ白めし党必携の“幸福の手帖”かも。

「哲学とは私たちのものの見方や考え方に対する反省である」(本文より)

「哲学とは私たちのものの見方や考え方に対する反省である」(本文より)

『日本哲学入門』藤田正勝/講談社現代新書/1100円

 難しいが読みやすい。難しいのは哲学のことをあまり考えたことがないから。読みやすいのは平明な語り口で日本人の自然観、死生観などに案内してくれるから。哲学が生きた学問であることは「社会・国家・歴史」でよく分かる。弾圧・摘発・獄死など戦前の哲学者達が被った悲痛な運命。菅政権下の日本学術会議任命拒否問題を思い出す。学問が再び国家に支配される時代を想う。

文/温水ゆかり

※女性セブン2024年2月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン