スポーツ

初代スポーツ庁長官・鈴木大地さんが東京五輪を振り返る「まともなオリンピックはさせてもらえなかったですよね」

初代スポーツ庁長官を務めた鈴木大地さん

初代スポーツ庁長官を務めた鈴木大地さん

 1988年のソウル五輪100m背泳ぎで金メダルに輝いたことで、鈴木大地さん(56歳)の人生は一変した。【前後編の後編。前編からつづく】

「こうして今、取材を受けることもないだろうし、スポーツ庁の長官も務めていないでしょう。オリンピックの魅力とは、4年に一度という“刹那感”でしょうね。負けても『来年頑張ればいい』とはならない。だからこそ、アマチュアのアスリートはこの瞬間を大事にしようと思って、オリンピックに臨む」

 2020年に予定されていた東京五輪を前に、スポーツ庁長官に任命され、国家公務員となった。

「最初の半年は慣れなかったですけど、意外とプレッシャーはなく、楽しく務めさせていただきました。大変だったことはそんなにないですけど、民間人が国家公務員に突然なった戸惑いはありました。たとえば、利害関係者とゴルフをやっちゃいけないという倫理規定があった。友達と、利害関係者との境目がわからなかったので、5年間でゴルフをやったのはたったの1回だけ。それも義父とでした。さすがにかみさんの親父は利害関係者じゃないだろう、と(笑)。本来ならば、自国開催のオリンピック、パラリンピックで、日本がたくさんメダルを獲って、『良かった、良かった』と言って終えるはずだったんですけどね……」

 国家公務員規定で任期は5年。東京五輪の開催予定が、コロナ禍により1年延期になったことで、大会を前に任期満了で退任することになった。

「東京オリパラのために取り組んで来た強化策が、成功だったかどうかも評価されずに終わっちゃうわけだから、こんな無責任なことで良いのかなとは思いました。もしかしたら5年という決められた任期も、希望すれば延長することも可能だったかもしれませんが、そこまでしがみつくのもかっこ悪いかなと思って」

 2021年の東京五輪は、無観客で実施され、スポーツの祭典とはほど遠い寂しい大会となってしまった。外から見た自国開催の五輪は、成功だったのだろうか。

「それは組織委員会の人に聞いてください(笑)。まあ、まともなオリンピックはさせてもらえなかったですよね。私がスポーツ庁長官時代に考えていたのは、東京オリパラの成功によって、スポーツの魅力が国民に伝わって、『オレもやろう』『私もやろう』と、国民のスポーツ実施率が上がって、健康になって国の医療費を適正の数値にして、浮いたお金をスポーツ予算に回すということだった。せっかくオリンピックを開催したのに、その検証もできなかったのは残念でしたね。もちろん、日本だからこそ、あのコロナ禍でも、オリンピックを開催できたとは言えるでしょうが」

 スポーツ庁長官の仕事は無論、自国開催のオリンピックとパラリンピックに向けたものだけではなかった。在任した5年間で「スポーツの垣根を下げた」という自負を持つ。

「スポーツは選ばれたエリートだけがやるものという認識が少なからずあると思うんです。だけど、日頃のランニングや散歩も立派なスポーツであり、“みんなのスポーツ”であることを普及させたかった。『スニーカー通勤』なんかも推奨して、最近では革靴やヒールではなくスニーカーで通勤する人も増えているじゃないですか。スポーツ業界にとっても、これは良かったと思います」

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン