危険な単独行を続ける理由

 単独忍び猟については、色々な懸念もある。まずは、何といっても危険性だ。

 確かに滑落した場合などの死亡率は、複数で山を歩くのに比べれば圧倒的に高いだろう。山奥で険しい稜線を歩いていたりすると、自分の哀れな末期が思い浮かぶことがある。

 でも誰もが何らかの形で人生の終焉を迎える。そして幕引きの筋書きは、大概に於いて本人の力ではどうにもならない。

 敢えて危険に身を晒したり、自ら死に近付いたりするような真似は決してしないことは、言を俟(ま)たない。人様に迷惑をかけないよう、最大限の努力も怠らない。その上で、万が一のことがあったら、それはそれで仕方がないかと思っている。

 畢竟(ひっきょう)、最も大切なのは、どう死んだかではなく、最期の瞬間までどう生き切るか、なのだ。

 また、よく聞かれるのが、一人で心細くないのか、孤独ではないのか、ということだ。

 確かに、山の中にいるのは僕だけで、一日中誰とも会わないのが普通だ。寂しさを感じることもよくあった。今まで入ったこともない場所まで来てしまい、あまつさえ天候が荒れてきた時などには不安も増大する。

 でも今は知っている。木立の奥には、同じく吹雪を耐え忍んでいる動物たちがいることを。白銀の大地の下には、春を待つ草花の種が眠っていることを。そして、分厚い雪雲を突き抜けた上には、全ての生命エネルギーの淵源である太陽が常に輝いていることを。

 ヒトは“1匹”しかいなくても、周りは命に満ち溢れている。

 そもそも孤独とは何だ。「孤独」という単語を見つめてみる。すると、その意味合いとは裏腹に、二つの漢字が寄り添うことで成り立っているのに気付く。

 更に解きほぐしていくと、子と瓜、獣偏(けものへん)に虫──。いずれも命の要素で組み上げられているではないか。

 一人になることで初めて深く実感できる、それらとの繋がり。山で味わう本物の孤独とは、寂しさや不安の先にこそ存在する、無窮の喜びと安寧に浴することではないかと、僕は思っている。

(第4回に続く)

【プロフィール】
黒田未来雄(くろだ・みきお)/1972年、東京生まれ。東京外国語大学卒。1994年、三菱商事に入社。1999年、NHKに転職。ディレクターとして「ダーウィンが来た!」などの自然番組を制作。北米先住民の世界観に魅了され、現地に通う中で狩猟体験を重ねる。2016年、北海道への転勤をきっかけに自らも狩猟を始める。2023年に早期退職。狩猟体験、講演会や授業、執筆などを通じ、狩猟採集生活の魅力を伝えている。著書に『獲る 食べる 生きる 狩猟と先住民から学ぶ“いのち”の巡り』(小学館刊)。
https://huntermikio.com 

関連キーワード

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン