国内

【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕

石丸伸二市長

石丸伸二市長(安芸高田市のHPより)

 市議会での激しいやり取りをYouTubeで公開し話題となっているのが、広島県安芸高田市の石丸伸二市長。その様子をディープにウォッチしている『女性セブン』の名物ライター“オバ記者”こと野原広子が面白さを分析する。

 * * *
「恥を知れ、恥を!」

──って、寝起きにいきなり怒鳴られた。え? え? 恥って何?と、寝ぼけた頭をブルブルと振った私。いや、ひとり暮らしの私を怒鳴る人はいないから、すぐに正気に戻ったわよ。

 私の朝は、スマホでユーチューブを見ることから始まる。その日もそうしたら、いかにも切れ味鋭そうな若い男性が議会の壇上で啖呵を切っているではないの。啖呵を受けているのは16名(当時)の中高年議員。2022年6月、広島県安芸高田市の市議会での一幕だ。

 そして大ゼリフの後にちょっと沈黙があって、「という声が上がってもおかしくないと思います」と、彼はストンと声を落としたの。

 この間合い! 彼こそ、安芸高田市の石丸伸二市長(41才)。気がつけばこの日から、私は明けても暮れても同市議会のユーチューブを見てる。「政界のスターは誰?」と問われたら、迷いなく「石丸伸二」の名前を挙げるね。なにせ、「恥を知れ、恥を!」を映した回の再生数は1275万回。人口3万人足らずの市議会の動画がここまでバズったのは奇跡としか言いようがない。

 最初に彼の名前を知ったのは2020年の市長選挙。京都大学経済学部卒、三菱UFJ銀行勤務のエリートが、その職を投げ打って37才で立候補した!と、ちょっとしたニュースになった(ちなみに彼は独身で、趣味はトライアスロン)。

 だけどこういう“跳ねっ返り”が出てきても、いつの間にか話題は廃れ、「あの人はいま」になる。早晩、彼も過去の人になるんだろうなと私はハナから決めつけていたの。

 というのも、彼が立候補したその頃、私は衆議院議員会館でお茶くみのアルバイトを始めたばかりでね、当たり前だけど、衆参両議員723名のほとんどが全国的には無名なのよ。私がフルネームで名前を言えたのは、前総理とスキャンダルがらみの議員だけ。そんなだから、地方の一市長がいつまでもクローズアップされるわけないと思ってた。

 ところが、1年たったら──「あの人はいま」どころか「あの人のいま」というくらいの勢いで、世間の注目を集めている。石丸市長だけじゃない。市長とやり合っている古参議員たちまでが全国区になっちゃったではないの。

 たとえば最近、ネット界隈で「るる山本」と命名されたのが山本数博議員(74才)でね、質問のときにこまごまと詳しく説明する(縷縷)という意味で「るる」という言葉を連発するの。彼がおとぼけキャラなら、すぐにキレるのが山本優議員。彼は「議会中の議員の居眠りをどう思うか?」と聞きにきたメディアに「そんなもの、誰だってするでしょ!」と声を荒らげて、火に油を注いだファイターだ。唯一の女性議員・山根温子議員(68才)も存在感あるよ。「市長大っ嫌い」の炎が全身から立ち上っているよう。彼らは「清志会」という圧倒的多数の会派で、「小生意気な」市長と真っ向勝負しているんだから、面白くないわけがないって。

 で、なんでそこまでもめるのか。

 石丸市長は「市長と議員はそもそも対立するもので、市政は議論を尽くしてよりよくなるもの」と言うの。試しに、地方で市議会議員をしている私の友人に聞いてみたら、「まぁ、理想はね」と気のない返事。そんな議会が日本中にいくつあるのか、というわけ。が、石丸市長は初志貫徹。「ぬるいことをしているから地方の地盤沈下は止められないんだ」とばかりに、X(旧Twitter)ほかSNSでバトルの火種を日々、ばらまいている。

 その結果、安芸高田市のユーチューブ公式チャンネルの登録者数は22万8000人。実はこれ、毎月けっこうな額となって市の収益に加算されているというから驚きだよね。加えて、全国の石丸市長ファンが「応援します」とふるさと納税をするから、これまた市の財政を潤している。そして、石丸市長は照れることなく、「こうなることを見越して人目につく言葉を発していた」と自ら言っている。その手際のよさ、鮮やかさは見事としか言いようがない。だから、「田舎のおじちゃん、おばちゃん議員の敵じゃないっしょ」と私は大拍手していた。

 でも、どうしたことかいま、心情的には、理屈と正論で容赦なく攻め立てられてシドロモドロになっている山根議員に寄り添いたくなるのよ。言い負かされてキレる山本優議員にも「若造になんか負けるな」と心の中で応援していたりして。

 それでも正直よくわかっていなかった議会用語の「二元代表制」「不信任決議案」「専決処分」がどういうことか、頭に染み込んできたんだから、石丸劇場、大したもんよね。

【プロフィール】
「オバ記者」こと野原広子/1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする。

※女性セブン2024年2月29日・3月7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン