芸能

【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ

再再婚が噂される鳥羽氏(右)

再々婚が噂される鳥羽氏(右。写真は本人のインスタより。左は広末)

 ダブル不倫騒動から約8か月、広末涼子(43才)が新たなスタートを切った。2月16日、広末は個人事務所「株式会社R・H」のホームページを開設し、26年所属した事務所「フラーム」からの独立を報告した。

「広末さんは昨年6月、『週刊文春』で鳥羽周作シェフ(45才)との不倫が報じられました。当初は両者とも否定していましたが、広末さんが鳥羽氏に送ったとされる手紙が公開され、広末さんの夫(当時)のキャンドル・ジュン氏(50才)が会見を行うなど騒動は収束しませんでした。

 結果的にふたりは不倫を認めて謝罪。フラームは広末さんを無期限の謹慎処分としました」(芸能関係者)

 不倫の代償は大きかった。4本の出演CMが放送取りやめになるなど、未発表案件も含めれば損害賠償額は億単位に上るとの報道もあった。

「先の見えない謹慎が続くなか、広末さんが賠償金の支払いを拒否して所属事務所との間でトラブルになっていると一部メディアで報じられました。ですが、実際には損害賠償の分担について、弁護士を通じて話し合いを重ねていたそうです。広末さんは長い間世話になった事務所に迷惑をかけたけじめとして、それなりの金額を支払ったと聞いています」(前出・芸能関係者)

 広末のけじめは、思わぬ形で“公表”されることになった。

「映像制作を行うX社が1月24日、『特別利益』を計上したというお知らせを出しました。“納品した動画に出ていた出演者の不祥事で4000万円の損失を被ったが、出演者の所属事務所からの賠償と保険適用でまかなえた”という内容でした。

 実は、この出演者というのが広末さんなんです。当然、賠償金には広末さんが事務所に支払ったお金が含まれているのでしょう」(前出・芸能関係者)

 X社の関連会社は広告代理事業を行っており、デニムメーカーのアンバサダーに広末を起用したが、不倫報道によりデニムメーカーへの補償が発生したのだという。その損失を、賠償と保険でまかなったのだ。

 X社への賠償金の支払いについて広末の代理人は、「フラームとは損害賠償の分担について話し合いを行い、合意のうえ退所しました。フラームの取引先にX社が存在するか及びその関係については、当方が開示等できるものではありません」と回答。フラームは、「他社様のことに関しましては、回答をできる立場にございません」とした。X社からは締め切りまでに回答がなかった。

 ダブル不倫の“清算”が着々と進むなか、気になるのは鳥羽氏との恋の行方。広末は昨年7月に離婚し、鳥羽氏もその4か月後の11月に離婚を成立させた。

「今年の年初、ふたりが年内結婚の意思を固めたとして、“早ければ今年の夏にもゴールインする”と広末さんの再々婚の可能性が報じられました。ただ、現状はそこまで話は進んでいないようです」(前出・芸能関係者)

 広末が独立を報告した3日後、鳥羽氏はXに《自分達も変わっていかなきゃいけない》と綴り、変わらない信頼関係をほのめかした。

※女性セブン2024年3月14日号

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン