芸能

【プロデュース作品『SHOGUN』が配信開始】真田広之、果たせなかった師匠・千葉真一さんとの和解

真田広之が千葉真一さんとの和解を果たせなかった

千葉真一さんの息子役として銀幕デビューし、絶縁状態を経て、千葉さん亡きいま大活躍する真田の胸中とは

「日本の時代劇ファンのかたに納得してもらえるものを作りたいというのが原点でした」──。『ラスト サムライ』(2003年)でハリウッドデビューを果たしてから約20年。悲願を達成した真田広之(63才)を突き動かしたものは──。【前後編の前編】

 2月中旬、都内にある一流ホテルの宴会場。プレミア試写会の舞台挨拶を終えたのち、会場に現れたのは真田広之だ。流暢な英語で外国人スタッフらと会話を交わし、笑顔でグラスを傾ける。その柔らかな表情には、「やっと見返すことができた」という自負の色が浮かんでいた──。

 この日、行われていたのは、真田がハリウッド作品として初主演かつ初プロデュースを務めるドラマ『SHOGUN 将軍』の記念パーティーだ。真田とともに二階堂ふみ(29才)、西岡徳馬(77才)、ハリウッドのスタッフらが参加した。

 同作はジェームズ・クラベルのベストセラー小説が原作で、戦国時代の日本を舞台に、主人公の徳川家康にインスパイアされた戦国一の武将、吉井虎永を真田が演じる。

 ハリウッドの製作陣が手がけるスペクタクルドラマとして、2月27日よりディズニープラスで世界に向けて配信される。

 米・ロサンゼルス在住の映画ジャーナリストの猿渡由紀さんが語る。

「2月14日にはロサンゼルスでプレミア上映会が開催されました。現地の評価は非常に高く、映画評論サイトではいまのところ最高評価を獲得しています。私も見ましたが特に日本文化の伝え方が素晴らしく、日本人以外にはわからないような些細な演出にも細かく手が入っていました」

 現在、ロサンゼルスの街中には虎永に扮した真田の巨大なビルボード(屋外広告)が掲げられ、空港のセキュリティーチェックで使うトレーにも『SHOGUN』の文字が躍る。

 真田は、『SHOGUN』の撮影を終えて間もない頃のインタビュー(産経新聞・2022年8月31日)で感慨深げにこう語った。

《『ラストサムライ』から20年。うがち続けて、少しずつ扉が開き、やっと“初めの一歩”を踏み出せました》

『SHOGUN』の撮影現場は前代未聞の出来事の連続だったという。スタッフのひとりが語る。

「撮影は、カナダのブリティッシュ・コロンビアで2021~2022年にかけて行われました。私が知るハリウッド作品のなかでも日本から最も大勢のエキストラを含むスタッフが参加しました。これほどの大所帯を引き連れることができたのは、真田さんがハリウッドで信頼されているから。早朝から深夜まで現場を走り回る真田さんは、動きやせりふ、小道具に至るまで入念にチェックしていた。本当にタフでハードな毎日でした」(映画会社関係者)

 目が回るようなスケジュールをこなし続けた真田だが、彼の仕事好きはいまに始まったことではない。

 1960年、東京で生まれた真田は5才のときに劇団ひまわりに入団し、同年の映画『浪曲子守唄』で千葉真一さん(享年82)の息子役として銀幕デビュー。13才で千葉さんが主宰するJAC(ジャパンアクションクラブ)に入団した。

「“肉体は俳優の言葉”との理念を掲げるJACでアクション俳優としての腕を磨きました。『真田』は芸名ですが、千葉さんが自分の『真』をとって名付けたほど真田さんを溺愛しました。しかし、真田さんの映画出演が増えると、ギャラの金額を巡って両者に亀裂が生じ、1989年に真田さんはJACを脱退しました」(真田の知人)

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン