国内

逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた

山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間

山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間

 棺に眠る日本ボクシング連盟の元会長・山根明氏(享年84)は「ボルサリーノ」のハットをかぶり、オーダーで仕立てたスーツに「シャネル」のネクタイをあわせたいつもの正装だった。代名詞だったサングラスは、疎遠になっていた息子の昌守さん(59)が出棺の直前、遺品として取り出したという。

 助成金の不正流用や黒い交際などを理由に、会長職を追われたのが2018年。今も「会長」と呼ぶ28歳下の妻・智巳さんはいよいよ別れの時間が迫るとこう叫んだ。

「波瀾万丈の人生のなかで、若者をたくさん育てたあなたは日本の宝です。この国の誇りです。本当にお疲れ様でした」

 1月31日の未明、肺がんで死去した「男・山根」の最期の2か月を智巳さんが初めて明かす。

 * * *
 会長の体調に異変が起きたのは昨年11月29日の夜でした。いつものように私が経営するラウンジ『オアシス』大阪市生野区)でお客様とお酒を飲んでいた会長がトイレに行くと、大声で私を呼ぶんです。慌ててかけつけるとトイレの便器が血の色で真っ赤に染まっていた。緊急の事態にも会長は落ち着いていて、救急車を呼ぶことはなく自ら車を運転して救急病院に行きました。数日後、検査の結果が出て、腎盂ガンの「ステージ4」と宣告され、肺に転移していることも判明しました。

「こんな大変な病気になってごめんな」

 そう話した会長に対して、私は「みんな年取ったら病気になるんだから、大丈夫です」と伝えました。

 12月に入って大阪国際がんセンターに入院し、抗がん剤の投与を受けました。しかし、願っていたような結果が得られず、違う種類の抗がん剤を投与しても効果はありませんでした。今年の正月こそ自宅で迎えられましたが、1月4日に再入院。19日に私だけ主治医の先生に呼ばれて病院に行くと、「これ以上の抗がん剤を投与しても意味がない」と説明されました。先生の言いたいことを理解した私は、会長の余命を訊ねました。

「1か月……しかし、週単位で余命は変化する可能性があります」

 治療の手段がない以上、がんセンターから緩和ケア病棟に移る必要がありました。それには、会長の同意が必要なんです。しかし、「わしはどうなるの?」と訊いてくる会長に対し、私の口から「治療法がない」と伝えることなどどうしてできましょうか。代弁してくれたのが女性マネージャーです。余命は伏せて、次の治療に移るまで暫定的に別の病院に入院する必要があると嘘の説明をしました。会長は一言、「それやったら仕方ないなあ。90歳やったら諦めがつくねんけどな」と。涙ながらにそう口にしたことできっと会長も残された時間がないことを察しただろうと私たちは思っていました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン