スポーツ

『ブギウギ』最後まで考察合戦 キーマンの“アユミ”のモデルは「美空ひばり」か「江利チエミ」か、複数の人物像がミックスされた理由

創作キャラのアユミを演じたのは、吉柳咲良(右。画像は公式インスタグラムより)

創作キャラのアユミを演じたのは、吉柳咲良(右。画像は公式インスタグラムより)

 新人ながら『ラッパと娘』を堂々と歌う歌手・水城アユミを、スズ子は舞台袖から静かに見守った。3月29日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『ブギウギ』。その1週間前の22日には、年末恒例の「オールスター男女歌合戦」の様子が描かれたが、このアユミを巡り、ある議論が勃発している。

「『ブキウギ』は、戦後、ブギの女王といわれた笠置シヅ子さんをモデルに、登場人物名や団体名などを改称した、フィクション作品とされていました。でも蓋を開けてみれば、シヅ子さんが養女だったという設定や、御曹司の夫との出会いと死別など、想像以上に史実通りに描かれました」(テレビ局関係者)

 スズ子以外のキャラクターにおいても同じだ。

「ブルースの女王、茨田りつ子(菊地凛子・43才)は淡谷のり子さん、作曲家の羽鳥善一(草なぎ剛・49才)は服部良一さん、棚橋健二(生瀬勝久・63才)は榎本健一さんなど、役名もキャラクターも実際のモデルが極めてわかりやすく、ほぼノンフィクションといっても過言ではありません」(前出・テレビ局関係者)

 しかし、終盤にキーマンともいえる役柄で登場したアユミだけ、「この人だ!」と断定できるモデルが存在しないのである。『ブギウギ』には原案本がある。『ブギの女王・笠置シヅ子』(現代書館)という笠置さんの半生が描かれたノンフィクションだ。原案とは、あくまで“映像化のたたき台”だが、この原案本にはアユミのモデルと思しき女性が登場している。永遠の歌姫、美空ひばりさんだ。

「アユミがスズ子に歌合戦で持ち歌を歌わせてほしいと直談判した描写は、ひばりさんが笠置さんの持ち歌を歌いたいと直訴し断られたという実話を彷彿とさせます。劇中でスズ子は、アユミが持ち歌を歌うことを承諾するという、わずかな“改変”が見られましたが、ひばりさんが着ていたような真っ赤なドレスで熱唱するアユミの姿は、ひばりさんそのものだし、やはりアユミはひばりさんで決まりでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 一方で“ひばりではない説”も飛び交っている。アユミの「父はピアノ奏者、母は歌劇団のスター」という設定は、ほかの人物にもあてはまるのだ。前出の原案本の作者、砂古口早苗さんが語る。

「明らかに意識しているのは、両親の職業が一致していて、子役時代に笠置さんと共演経験がある江利チエミさんです。なかなか1人だと断言しにくく、当時の若手歌手の要素を複数盛り込んで作られたのが、アユミなのかもしれません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン