スポーツ

羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か

羽生結弦の勝利の女神が休業

羽生結弦の衣装を手掛けたデザイナーが休業

 美しい衣装をまとった彼が氷上で妖艶に舞うたびに、会場からはため息がもれた。4月7日と9日、羽生結弦(29才)が故郷の宮城県で開催したアイスショー「RE_PRAY」の追加公演は、大盛況のうちに幕を閉じた。

 プロとして表情には出さないが、このとき彼は、心中穏やかではいられなかったはずだ。

《2025-26シーズンをもってしばらく休業いたします》──4月2日、彼の衣装を長年手掛けてきたデザイナーの伊藤聡美さんが、自身のインスタグラムで突然休業を発表したのだ。

「伊藤さんは、国内外の一流スケーターたちの衣装を手掛ける人気デザイナー。『RE_PRAY』で羽生さんが着用した衣装も、その多くが伊藤さんによるもので、公演では羽生さんが衣装に大切そうに手を当てる場面もありました。実は伊藤さんは3月中旬にご自身のX(旧ツイッター)のアカウントを突然削除されていて……彼女に何があったのでしょうか」(フィギュアスケート関係者)

 羽生と伊藤さんの出会いは10年前に遡る。14-15年シーズンのプログラム「オペラ座の怪人」以降、毎年衣装を制作してきた。

「フィギュアスケーターにとって衣装は演目の一部ともいえる重要なものです。ただ華やかであればいいというわけではなく、重すぎたり伸縮性が足りないとジャンプが跳びにくくなるので、素材や飾りにとても気を使います。自分の骨格を把握し、要望に的確に応えてくれるデザイナーを見つけることは容易ではなく、羽生さんにとって伊藤さんは“勝利の女神”のような存在だったと思います」(前出・フィギュアスケート関係者)

 2014年、ジャンプの不調やけがに苦しんでいた羽生は、彼女が作った動きがある独創的な模様や、体のラインを強調するようなデザインの衣装で臨んだ同年のグランプリファイナルで優勝すると、翌年は世界最高得点を2度更新。2018年の五輪連覇という偉業を成し遂げた。

「休業の理由は、悪質なファンの心ない言動ではないかといわれています。3月に開催されたアイスショーで羽生さんは白い衣装をまとい、新プログラムを披露。この衣装について『エルヴィス・プレスリーの白衣装に似ている』とファンがSNSに投稿すると、伊藤さんはXで『偶然です』、さらに『考察は自由ですが、明確に違う場合は否定します』と反論したんです」(前出・フィギュアスケート関係者)

 衣装の「二次創作」をめぐり、こんなトラブルも起きていた。

「ネット上では、スマホケースや応援用の横断幕など伊藤さんの衣装をもとにデザインされたグッズが無許可で製作・販売されています。今年2月には、がまんの限界だったのか、二次創作について自身のインスタグラムで注意喚起を促しました。真摯に衣装と向き合う気持ちが踏みにじられたことに怒りやショックを覚え、一度仕事から離れることを決意したのではないでしょうか」(別のフィギュアスケート関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン