芸能

【25年の因縁】有働由美子と膳場貴子“6才差のライバル関係” NHK時代に激しいエース争いを繰り広げた2人の新たなチャレンジ

有働由美子と膳場貴子

有働由美子アナと膳場貴子アナの人生は対照的

 仕事も生き方も人それぞれ──「多様性」という言葉がいまほど認知されていない頃から、有働由美子(55才)と膳場貴子(49才)は、人生の行く末を自ら選び取ってきた。対照的な人生を歩んでも、その姿勢は変わらない。

 新年度のスタートとともにテレビ各局の「顔」も大きく変わった。なかでも注目は有働由美子と膳場貴子の去就だ。年の差は6才。同年代とはいえないが、ともにNHK出身で「日本を代表するアナウンサー」として現場を牽引してきた。

「NHKにいた時期が長く重なるわけではないのですが、2人の人生は思わぬところで交錯してきたというか、この4月もやっぱりこの2人が比べられるのか……と。膳場さんがNHKに入局して以来もう25年以上になりますが、2人の間の因縁が切れることはないのだなと感じました」(NHK関係者)

 有働はメインキャスターとして5年半にわたり担当した報道番組『news zero』(日本テレビ系)を3月で卒業し、4月スタートの音楽情報番組『with MUSIC』(日本テレビ系)のMCに。一方、膳場は8年間務めた『報道特集』(TBS系)を卒業し、『サンデーモーニング』(TBS系)のキャスターに就任した。

 有働は1991年にNHKに入局した。もともと久米宏(79才)のファンで『ニュースステーション』(テレビ朝日系)を好んで視聴していたという有働は、報道を志してアナウンサーという仕事を選んだ。

「就職活動時、民放のテレビ局の内定も勝ち取ったそうです。待遇面では、民放の方が数段上だった。それでも、企業としての安定度に加え、“海外支局が数多くあるから”という理由で、NHKを選んだそうです」(芸能関係者)

 大阪放送局を経て1994年から東京アナウンス室に勤務。すぐに若手の登竜門である『おはよう日本』に起用されると、3年後の1997年には、元来の野球好きが高じて『サタデースポーツ』の司会に抜擢された。

 その年、「東京大学医学部出身」という経歴を引っさげてNHKに入局したのが膳場だった。膳場も、中学生の頃から夢はアナウンサー一本。それもNHK限定で、「“民放のアナウンサーはチャラチャラしていてイヤだ”というのが理由だった」(別のNHK関係者)という。

「実家は世田谷にある大地主のお嬢さまで、東大出身の才媛と、入局早々に話題になりました。3年間の静岡勤務後、2000年に東京アナウンス室に異動した。有働さんと同じように『おはよう日本』を担当したのはもちろん、『プロジェクトX』といった骨太の看板番組を担当したことで、硬派なアナウンサーというイメージが出来上がりました」(前出・別のNHK関係者)

 文字通り、先輩・後輩となった有働と膳場。だが、2人はそれぞれ異なる“持ち味”で、いいライバル関係になっていく。有働は2001年から3年間、紅白歌合戦の紅組司会を務めた。その3年目の2003年に、有働とともに司会を担ったのが、膳場である。

「2003年の司会発表直前には“有働アナが膳場アナに取って代わられるのでは”という下剋上の噂が飛び交うほど。結局、『共同司会』に落ち着きましたが、当時は膳場さんの追い上げがすさまじく、すでにどちらもエースと言われていただけに、見えない火花が飛び散っているようでした」(前出・NHK関係者)

 その後、有働は何度もフリー転身が囁かれながら、「局アナ」としてのキャリアを積み上げた。膳場がNHKを去った翌2007年には、アメリカ総局(ニューヨーク)に特派員として勤務。アナウンサー職のまま特派員になるのは、NHKの歴史の中で初の名誉で、就職活動時の目標の1つが叶うことになった。2010年の帰国後には、有働の代名詞ともなる『あさイチ』への出演も始まった。

「報道もスポーツもエンタメも経験した有働さんの、実体験に基づいたコメントには、女性視聴者という強い味方がつきました。お堅いアナの中で、珍しくバラエティー力があった有働さんは貴重だった。アナの役割を大きく変えた功績は、有働さんにしかなしえなかったことだと思います。

 フリーになって以降も幅広く活躍していますが、どんな場面でも庶民的な女性目線を意識した有働さんの言動は支持され続けています」(前出・NHK関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン