芸能

【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」

古手川祐子

古手川祐子は表舞台から姿を消して8年

 1980〜1990年代のテレビ画面を彩った古手川祐子(64才)は、鮮やかな草花に囲まれた悠々自適な生活を送っていた。表舞台から消えた背景には、一世を風靡した女優ゆえの葛藤と、苦悩の日々が隠されていた。

 夏日に迫る気温となった4月上旬のある日、都内の閑静な住宅街にある一戸建ての庭に、額に汗してガーデニングに勤しむ女性がいた。赤や黄色のカラフルな花が咲き誇り、隅々まで手入れが行き届いていることから、彼女がほとんどの時間を「庭いじり」に費やしていることがわかる。古手川にとって現在の悠々自適な生活ぶりは、多忙を極めた女優としての日々とは正反対だ。彼女が、表舞台から姿を消してからもう8年が経っていた──。

 2016年のドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)は、岡田将生(34才)、松坂桃李(35才)、柳楽優弥(34才)がトリプル主演を務めた。昨年、続編となる映画が公開されたが、ひっそりとその物語から姿を消していたのが、柳楽の母役を務めた古手川だった。

「古手川さんはこのドラマを最後に女優業を休業しています。女優としてだけでなく、ほかの仕事もまったく受けていない。事実上の“引退状態”にあると言えますね」(芸能関係者)

 大分県で生まれ育った古手川は、高校2年生だった1976年、東宝とカネボウが共催した「ミス・サラダガール・コンテスト」で約1万人の応募者の中から1位に選ばれ芸能界入り。同年の映画『星と嵐』で女優デビューを果たした。

「1979年に『西部警察』(テレビ朝日系)で主演の渡哲也さん(享年78)の妹・アコ役を好演して本格的にブレークしました。以来、映画やドラマ、CMなどに引っ張りだこで1989年に主演した映画『花の降る午後』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました」(芸能リポーター)

 プライベートでは、1980年のドラマ『夜の傾斜』(テレビ朝日系)で共演した田中健(73才)と熱愛。芸能界で初めて「交際宣言」をしたカップルとして大きな話題を呼び、1986年に結婚した。翌年には長女が誕生したが、その頃には夫婦の間には不協和音が生じていた。

「婿入りした田中さんと、同居する古手川さんの実父との間に確執があったとされています。また古手川さんは出産後も仕事に邁進しており、家庭に入ってほしかった田中さんは不満だった。同じ役者としても、仕事も収入も自分より多い妻に対し、忸怩たる思いがあったようです。

 息苦しい生活の中で、田中さんは結婚前からの趣味だった南米の民俗楽器『ケーナ』の練習に没頭するようになったのですが、自宅で音を奏でると家族から“うるさい!”と言われる始末。ついに田中さんが“ケーナの練習用のマンションを借りる”という理由で、夫婦は別居を始めました」(前出・芸能リポーター)

 別居から5年後の1999年、古手川と田中はそれぞれ別の場所で離婚会見を開き、13年間の結婚生活にピリオドを打った。古手川が40才を迎えたときだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
生島ヒロシの次男・翔(写真左)が高橋一生にそっくりと話題に
《生島ヒロシは「“二生”だね」》次男・生島翔が高橋一生にそっくりと話題に 相撲観戦で間違われたことも、本人は直撃に「御結婚おめでとうございます!」 
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン