ライフ

【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか

韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート

韓国2泊3日プチ整形&エステ旅に密着

 最先端のプチ整形や肌管理、エステを目的に韓国旅行をする人が増えている。でも、どこで何ができるのか? そこで、韓国美容に詳しい人気美容YouTuberのNINEさん激推しのクリニック&サロンへ──。しわやたるみなどの悩みを抱える読者の施術旅行に密着しました!

 夫と食欲旺盛な2人の息子のために、1日に何度も食事を作り、家事に追われる日々を送る小野寺さおりさん(54才)。

「自分に手をかける余裕がなく、鏡を見るたびに現実を突きつけられ、愕然。韓国の美容施術に興味があり、よく検索しています」(小野寺さん・以下同)

 そんな彼女に悩みを聞くと、「額のしわに目の下と顔のたるみ、目尻のしわ、ほうれい線、それに首の横じわも気になります」と言う。

「重めの前髪で額のしわを隠していますが、余計に老けて見えますよね……以前、ボトックス注射で改善はしましたが、その分、まぶたが重くなって不快でした」

 目尻にもボトックスを打ったが、約半年間、目が笑っていない状態になった。

「そのうえ顔全体が重力に負けてたるんでいて、毛穴が広がり、ファンデーションが入り込んで悪目立ちする。メイクをしてもほうれい線があると垢抜けません」

 そんな悩みを、韓国美容に詳しいNINEさんに相談すると、次のような心強い返事が。

「韓国の美容皮膚科で解決できます。日本語を話せるスタッフが在籍するクリニックも多く、その人に合ったメニューを提案してくれます。アフターケアもしっかりしているので安心です。2泊3日の“若返り旅”に出かけませんか」

 そしていざ、韓国・ソウルへ。果たして小野寺さんの望みはかなうのだろうか。

【教えてくれる人】

NINE(ナイン)さん

NINEさん

韓国在住の美容YouTuber・NINE(ナイン)さん/日本の大手美容クリニックでカウンセラーとして6年間経験を積んだ後、渡韓し、YouTubeチャンネル『NINE Beauty』を運営。美肌作りをコンセプトとしたクリニックでのスキンケアや、韓国の最新美容情報を発信している。

【施術に挑戦する人】

小野寺さおりさん

小野寺さおりさん

「ミスコンの女王」と言われていた輝かしい過去も

「ミスコンの女王」と言われていた過去も

読者代表・小野寺さおりさん(54才)/「ミスコンの女王」と言われていた輝かしい過去もある。現在、夫(58才)と息子2人、愛犬1匹と暮らす。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン