ライフ

【へき地医療の医師に転身】香山リカさんインタビュー「母が話していた『60代は人生でいちばんいい時期』はその通りだと思う」

香山リカさん/『61歳で大学教授やめて、北海道で「へき地の お医者さん」はじめました』

『61歳で大学教授やめて、北海道で「へき地の お医者さん」はじめました』を上梓した香山リカさんにインタビュー

【著者インタビュー】香山リカさん/『61歳で大学教授やめて、北海道で「へき地の お医者さん」はじめました』/集英社クリエイティブ/1760円

【本の内容】
 現在、北海道勇払郡むかわ町の診療所で働き、週末には東京に戻る2拠点生活を送る香山リカさん。この春でそんな生活も3年目に突入している。「いまさら」「どうせ私なんて」と思ってしまいがちな年代に、香山さんは精神科医と大学教員の二足のわらじをはく生活から一転、へき地医療という未知の世界へ足を踏み入れた。

《なぜ私は、50代も後半戦に入ってから「へき地で医者をやってみたい」と思うようになり、何年もかけて準備をしたのだろう。そして、なぜそれを実行に移す場として、この穂別を選んだのだろう。/自分でももう一度、振り返って考えてみたい》(「はじめに」)。新しい世界へと足を踏み出す勇気を与えてくれる一冊。

自分にツッコミを入れながら、日々、悪戦苦闘

 精神科医で、文筆家・大学教授としても活動してきた香山リカさんが、60代になって北海道で「へき地のお医者さん」になった。なぜへき地医療にかかわるようになったのか、香山さんの新刊は、自分のこれまでを振り返る自伝的な本である。

 北海道勇払郡の「むかわ町国民健康保険穂別診療所」が香山さんのいまの職場。ゴールデンウイークの間も交代で当直勤務をしているという香山さんに、オンラインで取材させてもらった。

「私はいつも、その時々に何かを思いついて行動する、まあ行き当たりばったりな感じでやってきたんですけど、むかわ町に来て、どうして私はいまここにたどり着いたのか振り返ってみたくて書いた本です。そう言えば私は子どものときは科学者になりたかったんだとか、いろんな記憶がよみがえりましたね」

 香山さんは医学部を卒業しているが、精神科の臨床経験しかない。診療所の医師は内科も外科もすべて診るため、大学の研究休暇などを利用して、母校の総合診療科で改めて勉強した。

 車の運転が苦手で、運転免許も失効させていた。へき地で暮らすには車の運転は必要条件で、教習所に通って免許を再取得し、ペーパードライバー講習も受けた。

 本を読んで感じることだが、40年近く医師の仕事をしてきた香山さんなのに、専門家然とせず、考え方がやわらかい。事件や人との出会い、いろんなことにショックを受け、自分を見直し、何ができるか考えることができるのが不思議でもある。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン