ライフ

【肌のくすみ消しメソッド】糖化・カルボニル化、過剰なメラニン、血行不良などが原因 食事や進化系コスメで明るさを取り戻す

糖化やメラニンをケアして肌を明るく

糖化やメラニンをケアして肌を明るく

 年齢を重ね、いつの間にか蓄積されてしまった肌のくすみ。くすみ感があると、なんとなく冴えない印象になるだけでなく、老けて見える原因に。そんなくすみをなかったことにする方法を、専門家に取材した。

【教えてくれたのは…】

小西さやかさん

小西さやかさん

小西さやかさん/日本化粧品検定協会代表理事。コスメコンシェルジュ。化粧品開発者として科学的視点から美容、コスメを評価できる専門家。時短美容家としても活躍。

小林道子さん

小林道子さん

小林道子さん/すがも小林皮フ科院長。医学博士。皮膚科専門医。肌が弱くアレルギー体質だった自身の経験を生かした丁寧な診療・治療が好評。予防医学にも力を入れている。

大人の肌がくすむ原因

【1】糖化・カルボニル化
「糖化とは、体内で余分な糖とたんぱく質が結合すること。カルボニル化とは、コラーゲンやエラスチンが酸化した脂質の代謝物と結びつくこと。糖化もカルボニル化も肌をくすませる原因です」(小西さん)

【2】過剰なメラニン
「紫外線や外的刺激で活性酸素が発生すると、メラニンの合成が促進され、肌の新陳代謝が乱れます。メラニンの排出が滞って沈着し、肌が薄い褐色になり、くすんで見えるようになります」(小林さん)

【3】余分な角質
「加齢や疲れ、ストレス、睡眠不足が原因で肌の新陳代謝が遅くなると、角質が厚くなります。メラニンが蓄積するため肌の透明感が失われ、ゴワゴワしたくすみ肌になります」(小林さん)

【4】血行不良
「疲れや運動不足、冷え性などによって血行不良になると、肌に充分な栄養が届かず、毛細血管が青く目立つように。顔色が悪く、どんよりと見えてしまいます」(小林さん)

肌の明るさを取り戻すメソッド

●ベジファーストで血糖値の上昇を緩やかにする
 ご飯やパスタなどの炭水化物やスイーツの食べすぎは、糖化の原因に。「糖質の摂りすぎに注意。さらに、食事は野菜や海草類→たんぱく質→炭水化物の順番で食べましょう。野菜から食べることで、血糖値の上昇が緩やかになります」(小林さん)。

●美肌食材や体を温める食材を食べる
 肌のくすみは食生活の影響も大。「肌がくすんでいる人はビタミンCやEが不足している可能性があるので、緑黄色野菜を積極的に取り入れて。冷え性の人は、体を温める食材を食べることで、血行不良の改善に役立ちます」(小林さん)。

【体を温める食材】
 体を温める食材は冬が旬、寒い土地で採れるものが多い。代表的なものは玉ねぎ、しょうが、にら、ねぎ、鮭、鯖。納豆、キムチなどの発酵食品も。

【美肌食材】
 緑黄色野菜には糖化を抑制する働きが。ビタミンB群豊富な鶏肉も美肌食材。ビタミンEを多く含むナッツ類は血行促進に効果的。

●食事の後は家事や散歩で糖分を消費する
 糖化は代謝しきれない糖がたんぱく質と結びつくことで起こるので、適度な運動が大切。「糖分は食後1時間以内に代謝されないと体内に蓄積されます。食後はゴロゴロせずに、積極的に家事や散歩をして糖を消費しましょう」(小林さん)。

●抗酸化成分配合のコスメでカルボニル化を防ぐ
「体内でカルボニル化が起こると、肌のコラーゲンやエラスチンそのものが黄色く変性します。対抗するためには、抗酸化成分配合のコスメを取り入れましょう」(小西さん)

紫外線によるカルボニル化をケア。5/18発売。アンフィネスホワイト ホワイトサージ ソリューション WN [医薬部外品] 40ml 1万1000円/アルビオン

紫外線によるカルボニル化をケア。5/18発売。アンフィネスホワイト ホワイトサージ ソリューション WN [医薬部外品] 40ml 1万1000円/アルビオン

エイジングケアと美白が同時に叶う。バイタルパーフェクション  L ディファイン ラディアンス ナイトセラム[医薬部外品] 40ml 2万790円/SHISEIDO

エイジングケアと美白が同時に叶う。バイタルパーフェクション L ディファイン ラディアンス ナイトセラム[医薬部外品] 40ml 2万790円/SHISEIDO

●糖化ケアに有効な成分配合のコスメを使う
「ウメ果実エキスやセイヨウオオバコ種子エキスなどが、糖化に効く成分として有名です。さらに、メーカー独自の糖化ケア成分も」(小西さん)

ウメ果実エキスやエーデルワイスエキスなどが糖化を防ぐ。エピステーム ホワイトレーザーローション[医薬部外品] 150ml 1万2100円/ロート製薬

ウメ果実エキスやエーデルワイスエキスなどが糖化を防ぐ。エピステーム ホワイトレーザーローション[医薬部外品] 150ml 1万2100円/ロート製薬

チョウジエキスが表皮のAGE化を抑制。カネボウ イルミネイティング セラムa[医薬部外品] 50ml 2万2000円/カネボウインターナショナルDiv.

チョウジエキスが表皮のAGE化を抑制。カネボウ イルミネイティング セラムa[医薬部外品] 50ml 2万2000円/カネボウインターナショナルDiv.

角層の糖化をケアするオリジナルの保湿成分・YACエキスとEGクリアエキスを配合。B.A ローション 120ml 2万2000円/ポーラ

角層の糖化をケアするオリジナルの保湿成分・YACエキスとEGクリアエキスを配合。B.A ローション 120ml 2万2000円/ポーラ

●ビタミンCやトラネキサム酸でメラニンケア

「黄褐色のメラニンを肌の色にする代表的な成分は、ビタミンC。炎症を抑えてメラニン生成を抑える成分は、トラネキサム酸など。メラニンによるくすみ解消には、これらを配合したコスメを選んで」(小西さん)

高浸透ビタミンCに加え、次世代プラセンタ、高浸透ヒアルロン酸も配合。VC100エッセンスローションEXスペシャル 150ml 8030円/ドクターシーラボ

高浸透ビタミンCに加え、次世代プラセンタ、高浸透ヒアルロン酸も配合。VC100エッセンスローションEXスペシャル 150ml 8030円/ドクターシーラボ

独自の技術によってビタミンCを高濃度で配合し、くすみをはじめとする肌悩みをケア。オバジC25セラム NEO 12ml 1万1000円/ロート製薬

独自の技術によってビタミンCを高濃度で配合し、くすみをはじめとする肌悩みをケア。オバジC25セラム NEO 12ml 1万1000円/ロート製薬

有効成分・ホワイトトラネキサム酸とアラントインで透明感のある肌に。肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水[医薬部外品] 170ml 814円(編集部調べ)/ロート製薬

有効成分・ホワイトトラネキサム酸とアラントインで透明感のある肌に。肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水[医薬部外品] 170ml 814円(編集部調べ)/ロート製薬

●SPF50・PA++++の日焼け止めでしっかりカバー
「多くの人は日焼け止めを必要量の半分程しか塗っていないため、表示のSPF・PAの3分の1程度の効果しか発揮されていないといわれています。できるだけ日焼け止め効果を高めるためには、SPF50・PA++++を選んで。すっぴんで、日焼け止めだけで過ごす日は、2度塗りがマスト」(小西さん)

●スキンケアの際は擦らず、保湿はしっかりと
 スキンケア時の刺激や乾燥もくすみを加速させる要因。「化粧水や乳液を塗る際は両手のひらでやさしく押し込むようにして、しっかり保湿しましょう」(小林さん)。

●フォトフェイシャルなどクリニックでのケアにもトライ
「くすみケアには、高濃度美容成分を肌の奥まで浸透させる『エレクトロポレーション』や、複数の波長からなる光でケアする『フォトフェイシャル』が効果的。併用すると相乗効果が得られるのでおすすめです」(小林さん)

クリニックでのケアもおすすめ

クリニックでのケアもおすすめ

撮影/平林直己 取材・文/青山貴子

※女性セブン2024年5月30日号

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン