ビジネス

広がるタッチ決済乗車は訪日外国人観光客対応か 話題の「二重価格」が鉄道・バスに導入される可能性

クレジットカードを読み取り機にタッチして乗車する

クレジットカードを読み取り機にタッチして乗車する

 日本ではあまり馴染みがないが、観光客と地元住民、二通りの価格設定をするサービスや飲食店は世界各地に存在する。豊洲市場での高額な海鮮丼など、訪日外国人観光客に人気のメニューが日本人や国内在住者と二通りの価格、二重価格を設定していることが最近、話題になっている。観光という非日常と、普通に生活する日常を両立させるための知恵としての二重価格は、飲食店以外にも広がるのだろうか。ライターの小川裕夫氏が、鉄道やバスにおける訪日外国人観光客対策から、その可能性を探った。

 * * *
 鉄道各社は新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言発令、その後の行動制限によって仕事もレジャーも出かける人が少なくなったため危機に陥ったが、徐々に回復した。特に2023年5月、コロナが感染症として5類に移行してからは業績をV字回復させている。2023年度は各社ともに客足がコロナ前までの水準に戻り、今年度は業績をさらに伸ばすとの予測も出ている。そうした鉄道各社のV字回復に大きく寄与しているのが、訪日外国人観光客の増加だ。

訪日外国人も利用しやすいタッチ決済

 全国の鉄道事業者にとってコロナ禍によって負ったダメージはあまりに大きかった。大ヒット商品によって売れ行きが急増する、というような業種でもないため、時間をかけて回復してゆくしかないと捉えていたはずだ。そんななか、再び増え始めた訪日外国人観光客は干天の慈雨ともいえる現象だろう。さらに1ドル160円という円安も手伝って、訪日外国人観光客が増加する勢いは止まりそうにない。そうした社会的状況を受け、鉄道各社は急増する訪日外国人観光客を取り込む施策を強化させている。

「弊社は世田谷線を除く全線で、5月15日からクレジットカードのタッチ決済に対応した乗車サービスの実証実験を開始します。この実証実験は時代の変化に対応した新しい移動需要の創出、クレジット・デビット・プリペイドなどのタッチ決済に対応したカード類もしくはスマートフォンで事前に乗車券を購入することなく訪日外国人を含む来街者も利用しやすい鉄道の実現の3点を目的にしています」と説明するのは、東急電鉄広報マーケティング部広報CS課の担当者だ。

 国内人口は減少傾向が鮮明になり、当面は回復の見込みが立たない。人口減少は鉄道会社の経営を脅かすが、特に鉄道事業者を悩ませているのが高齢者の割合が増えていることだ。通勤・通学といった手堅い需要は鉄道会社の経営を安定化させる。通勤・通学需要の減少する中、鉄道事業者が新たな鉱脈として着目したのが訪日外国人観光客だった。彼らの多くは長期滞在で国内を周遊するため、地方都市の観光関連産業、もちろん鉄道・バス事業者にも経済的な恩恵が波及するからだ。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン