スポーツ

大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される

大谷翔平

大谷翔平の妻・真美子さん関連の“悪質グッズ”が出品されている(写真/AP/Aflo、Icon Sportswire/Aflo)

「すべてが思い通りにいっているわけではない」──打者として活躍を続けるかたわら、来シーズンでの二刀流復活に向けて、右肘のリハビリに励む大谷翔平(29才)が6月9日、米スポーツ専門チャンネル「ESPN」のインタビューを受けた。右肘の状態について、珍しく冒頭のような不安を口にした大谷だが、彼を取り巻くのは、自身の不安だけではないようだ。

「いま日本やアメリカのフリマサイトを見ると、真美子夫人(27才)に関連した品物があふれているのです。たとえば真美子夫人と大谷選手のツーショットの生写真や、真美子夫人のサイン入りカード、さらには真美子夫人の顔写真つきの“偽造免許証”まで。

 ほかにも、彼女の愛用品として話題になった『ZARA』のバッグと似て非なる商品が、“真美子夫人とお揃い”という宣伝文句で販売されており、多くの商品に売り切れを示す『SOLD』の文字が躍っています」(芸能関係者)

 なかでも出品数が多いのは“偽造免許証”だ。これは、いわゆる免許証風の顔写真つきカードなのだが、アメリカで流行していて、個人でも安価で制作を依頼することができるという。

「フリマサイトには、レディー・ガガ(38才)やテイラー・スウィフト(34才)など名だたる人気アーティストのものが出品され、コレクションしている人が多い。しかし、いまの真美子夫人はあくまでも一般人です。

 かつてはバスケットボールで国際大会の大舞台でも活躍し、当時からその美貌が評判だった真美子夫人ですが、現役時代も彼女だけのグッズが特別に作られることはなかった。それが“大谷選手の妻”になった途端、自分の名前を冠したグッズが大量に作られ、高額で売買されるようになり、彼女も困惑しているのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

 ニセ免許証やカードなどは、ファンの間では、彼女を応援するためのお手製グッズという感覚だそうだが、そうしたグッズの売買は法に抵触しないのか。岡野法律事務所九段下オフィスの伊倉秀知弁護士はこう話す。

「メディアなどで公開されている写真を、撮影者の許可なく『生写真』として販売すると、撮影者の著作権を侵害している恐れがあり、著作権法に違反する可能性があります」

 転売事情に詳しいライターの山野祐介さんも次のように指摘する。

「偽グッズの販売といったケースで過去に摘発されたのは、有名人の偽サイン入りグッズを販売し、3000万円以上稼いでいた件です。ただ、取り締まられるケースはまれで莫大な利益も得られるため、偽グッズを出品する人は後を絶ちません」

 一進一退の夫のリハビリと、妻を悩ませる悪質グッズ・ビジネス。大谷夫婦は直面する難題をどう乗り越えるのか。

※女性セブン2024年6月27日号

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン