ビジネス

【静岡・沼津 大川酒店】観光客も地域住民も寄らずにいられない!「この店は酒飲みたちの楽園だね」

 沼津駅から富士山を背に、観光スポット沼津港方面に歩くこと16分、赤い庇の大川酒店が現われる。「駅と港の中間地点なので、観光客が休憩がてら一杯やっていきますよ」と3代目店主の大川譽師(たけし)さんと妻・りえこさんが笑顔で迎えてくれる。

大川酒店3代目店主の譽師さんと妻・りえこさん

大川酒店3代目店主の譽師さんと妻・りえこさん

 この日は、最高齢89歳を筆頭に近隣の長老たちが集う日だ。人呼んで「サミット」。長老たちは、「近くで、知ってる顔と一杯やれるのは何よりも楽しみ」「こうやってみんなと飲んでると生きてるって気がするのよ」(いずれも80代)と嬉しい顔で酒を交わしている。

89歳を筆頭にご近所の長老たちが集う

89歳を筆頭にご近所の長老たちが集う

 その輪の中には、りえこさんの実父・本杉芳一さん(81歳)の姿もある。

「娘の職場訪問みたいでしょ?私としては、父が元気な顔を見せてくれるのは嬉しいけれど、照れ屋の父と交わす会話は『おかわり』と『お会計』の二言だけ。笑っちゃいますよね」(りえこさん)

 店主の母・紀子さん(87歳)も加わって、ちょっとした親戚の集いのようでもある。

「うちは昔っからの酒屋をやっているんだけど、こんな風にお客さんが店で飲むようになったのは、10年くらい前かしら。『立ち話もなんだから、一杯飲んでいけば』と息子がお客さんに声をかけたことがきっかけですね。駅前まで行かなくても飲めるから、近隣の人が集まるようになりましたね」(紀子さん)

気ごころの知れた仲間たちとの会話が弾む

気ごころの知れた仲間たちとの会話が弾む

「サミット」の日には、長老たちの好物「肉団子」を近所の精肉屋さんから揚げたてで取り寄せたり、たくさんは食べられない客のためにツマミをあらかじめ少量の個包装にして提供したりする3代目夫妻の細やかな心配りと優しさ溢れる接客に、「ここなら安心して飲みに送り出せます」と、長老たちの家族も絶大なる信頼を寄せている。

 それにしても、いろんな顔が飲みに集まる店だ。隣のグループでは、”ちょい飲み部の部長”とニックネームがついた60代がなじみの客らと杯を傾けている。

「ここに来たら友達ができたんです。大人になってからの友達は嬉しくてね。ここに集合して、飲みに出かけて、また帰ってきてここで反省会、ってコースがいつものパターン。今日もこれから出動かな」

 部長の隣の女性は、「みんな、家はすぐそこなんです。最後はまだそんなに酔ってない人が付き添って、まあまあ酔ってる人を玄関まで送り届けることになっています」と”大人の友情”事情を教えてくれた。

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン