芸能

90歳で初の単独主演を実現した草笛光子、共演者たちの証言で振り返るその実像 石坂浩二が明かす“市川崑監督との丁々発止のやりとり”

「女優・草笛光子」の実像に迫る

「女優・草笛光子」の実像に迫る

「ああ、ぐちぐちうるさい!」──直木賞作家・佐藤愛子氏の大人気エッセイを映画化した『九十歳。何がめでたい』で、90歳にして佐藤愛子役として初の単独主演を務めた草笛光子。70年以上にわたる女優人生は、観客のみならず、後進の俳優たちにも大きな影響を与えてきた。「草笛さんのことなら話したい」と登場した名だたる共演者たちの証言で「女優・草笛光子」の実像に迫る。【前後編の前編。後編を読む

 草笛は今年で芸歴74年を迎えた。1950年に松竹歌劇団(SKD)に入団。退団後は女優として80本以上の映画に出演したが、意外にも『九十歳。何がめでたい』が初の単独主演となる。

 草笛演じる佐藤愛子は、作家人生「最後の小説」を書き終えて生き甲斐を失っていた。それが熱心な編集者(唐沢寿明)との出逢いで嫌々ながらも瑞々しく活力を取り戻していく──。前田哲監督は『老後の資金がありません』(2021年)で初めて草笛と仕事をし、今作が2度目。その印象をこう語る。

「とてもチャーミングで、心が素直でピュアな方なんです。芝居にも、常に全身全霊で取り組む。撮影の1週間前に草笛さんから感情の流れの確認をしたいと言われ、ご自宅に行きました。台本を読み合わせしながら『私はこのセリフに、こういう気持ちを乗せたい』などとおっしゃっていて、みっちり話し合いましたね。

 90歳にして、90歳の役を演じ、90歳の間に公開。奇跡の映画と言える。気っぷがよく潔い生き方をしてきたことも、佐藤愛子さんとすごく重なる。草笛さんにとってまさに一世一代の役だと思います」

 クランクアップでハグした時、前田監督は草笛にこう聞かれたという。

「次はいつなの?」

 74年のキャリアを誇る草笛が地位を確立するきっかけとなったのが、巨匠・市川崑監督の信頼を得たことだった。映画『犬神家の一族』(1976年)をはじめ、市川監督がメガホンを取った「金田一耕助シリーズ」では、全作品にすべて「違う役柄」で出演している。金田一耕助役として共演してきた石坂浩二(83)が振り返る。

「現場であの市川監督と丁々発止のやりとりをしているのを見た時は、本当にびっくりしました。私はあまり深く考えないので、監督に『馬鹿野郎!』とよく怒鳴られましたけど、草笛さんは自分ですごく考えて役作りをしていた。でも監督は監督で完全に出来上がったイメージを持っているので、2人でよく議論になっていました。

 監督が“なるほど”と頷く時もありましたが、頑として聞き入れてもらえず、草笛さんが“そんなこと言ったって!”と声を荒らげる時もありました(笑)。それだけ真剣に役作りに打ち込んでいるからこそ、監督も草笛さんを買っていたのでしょうね。草笛さんも監督のことを尊敬していらっしゃいました。『あの人はすごい監督で、全部出来上がった作品が頭の中にあるのよ』なんておっしゃっていましたね。草笛さんはそんな監督に向かって戦おうとなさっていたのだと思います。まさに唯一無二の存在でした」

関連記事

トピックス

フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン