DaiGo一覧

【DaiGo】に関するニュースを集めたページです。

銀の盾を前に配信を行うガーシーこと東谷氏
ガーシーが深夜の“決意表明”、爆弾投下の「次なるタイミング」が判明
 3月27日の配信で、ガーシーこと東谷義和氏は嬉しそうに「銀の盾、届きました」と報告した。 YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』は、開設から1ヶ月あまりでチャンネル登録者数が87万人(3月28日時点)を超えるなど勢いは増すばかり。 登録者数10万人達成でYouTubeが授与するクリエイター表彰の記念盾を前に、「サブチャンネル(登録者数25万人)のほうももらえるみたいで、銀の盾を2つ並べて配信しようと思います」と話す東谷氏は、すっかり人気YouTuberになったようにも見える。 とはいえ、東谷氏の配信する動画の内容はあくまで東谷氏の私怨に端を発した芸能人の真偽定かではない暴露話。俳優らの私生活における男女関係やトラブル、金銭スキャンダルの話が多く、その信憑性はもとよりYouTubeチャンネル存続に疑問符を投げかける人もいる。「動画の内容が内容だけに、常に訴訟リスクはついてまわるでしょう。また、YouTube側に不適切と判断され、BAN(アカウント停止)される可能性もあります。不適切動画をYouTubeに通報する機能もあり、通報が増えればYouTubeサイドも無視できなくなるでしょう」(ITジャーナリスト) メンタリストのDaiGoも、「ガーシーchは長続きしない」と主張する一人。DaiGoは先週、自身のYouTubeチャンネルで「ガーシーchが33日以内に終了する理由を解説します」と題し、チャンネルがBANされる様々な要因を挙げていた。《ガーシーさんの動画はYouTubeのガイドライン違反にだいぶ抵触していると思うんで、一発アウトになる可能性もある。それ以外にもアウトになる要件が多いので、収益化の直前くらいに終わるんじゃないかなというのが僕の予想です》(『メンタリストDaiGo YouTubeチャンネル』より) DaiGoはまた、「ガーシーch」が広告収益化できないとも語っていた。《あのチャンネルは再生回数が回ってるんで、絶対広告収益化したほうが得なんですよ。なぜそれをしないでメンバーシップ制にしたかというと、広告収益化が通らないからなんです。動画単位で(収益化申請が)自動システムに弾かれて通らないんですよ。だからメンバーシップにしてるんですよね。広告収益化したほうが絶対儲かるのにそれをしないのは、間違いないなく“できないから”なんです》(『メンタリストDaiGo YouTubeチャンネル』より) すると3月25日深夜、東谷氏は「緊急生配信」としてDaiGoの憶測を否定。さらに、「YouTubeアカウントが停止されても暴露はやめない」「アカウント停止で困るのは芸能人たちのほうだ」「僕は止まらない」などと“決意表明”した。《YouTubeの収益化審査はすでに終わっています。収益化OKが出た動画しか発表してません。ただ、口座登録に必要なPINコードというものがYouTubeからまだ送られてきていない。このPINコードが届くのが2~3週間後らしいので、その翌月20日に広告収益が入ってきます。4月末には返済を始めたかったんですけど、どうやら5月20日までは待たなければいけないという状況です》(『ガーシーch』より。以下同) そもそも東谷氏がYouTubeを始めたのは、広告収益で自身と金銭トラブルになった被害者に返金するため。だから何より広告収益化は重視しており、気を使っているという。《YouTubeはコンプライアンスがあるから、出せる動画はこのくらいまでやな、というのが僕の中であるんです。僕がまだ出してないものはたくさんあるんですが、誰かに忖度しているわけではなく、それを出しちゃうとBANされる可能性があると思って出してないだけです。僕がYouTubeを使ってるのは、世界で一番知られてるから。めちゃめちゃ規制かかるのをわかっててやってます。忖度ではなく、規制があるから僕は情報や写真、動画を選んで出してます》 東谷氏は、自身のYouTubeチャンネルを閉鎖に追い込もうと各所から圧力がかかっていると明かした上で、その相手を牽制する。《人材会社を使って動員して、僕の動画を通報しまくっている人もいる。これをされると、警告なしでアカウントがBANされる可能性があります。誰がそんなことを仕掛けているのかも聞いています。ただ、YouTubeアカウントがBANされても、僕は他の方法で暴露を続けます。 YouTubeやから僕が出す情報がこれくらいで済んでるということを忘れたらだめですよ。僕のアカウントをBANしたいんだったらしてくれていいですが、えげつない情報が世に出るということを頭に入れておいてください。 僕はYouTubeのアカウントがBANされたあとの準備もしています。そりゃあ、YouTubeの広告収益がなくなるのはめちゃめちゃ痛いですよ。痛いからこそ、その痛みを全部爆弾にして投げ返します》 東谷氏は同時に、これまでは妻子あるタレントについてなど、あまり暴露しないほうがいいと加減していたことも明かした。被害者への返済にYouTubeの収益は欠かせず、収益が入金される5月20日まではあまり激しい情報は出せないとも語っている。しかし、東谷氏がYouTube後の展開も視野に入れていることは間違いない。そしてそれは、暴露内容の一層の過激化を意味している。 被害者への返済に十分な金額が5月20日に入金されるのかどうかはまだわからないが、その目的が達成されたときに東谷氏の暴露内容は次の段階に進むかもしれない。一方で、YouTubeアカウントが閉鎖された場合、それも彼の中の“リミッター”が外れるきっかけになりえる。「激しく出して激しく稼いで激しく終わります」と語る東谷氏が秘めているという“えげつない”暴露を止める手立てはあるのか──。
2022.03.29 16:00
NEWSポストセブン
(公式HPより)
60代女性記者「私がDaiGoの動画を1年前から見なくなった理由」
 生活保護や路上生活者への差別的発言で炎上したメンタリストのDaiGo。そのYouTubeチャンネルの視聴者でもあり、自身も困窮した経験を持つ、女性セブンの名物アラ還ライター“オバ記者”こと野原広子は、この問題をどう見たのか。 * * * この夏、東京五輪関係でいろんな人が失墜したり、株を落としたりした。開会式の音楽担当だったミュージシャンの小山田圭吾(52才)、ショーディレクターだった元芸人の小林賢太郎(48才)、演出統括だった佐々木宏(66才)……ドミノのように辞任・解任が相次いだ。 いまさらながら不思議だけど、五輪という国家事業の最大セレモニー「開会式」を発注するときに、責任ある人が前もって彼ら本人と話をする機会がなかったのかしら。 最低限の“身体検査”をしておけば、私ごときオバちゃんまでが、彼らの名前や、とんでもない過去や所業を知ることはなかったのよね。 で、最近もう1人首を傾げたのが、五輪とは無関係だけど、「生活保護の人たちに食わせるくらいなら、猫を救ってほしい」といったことを自身のYouTubeで発信したメンタリストのDaiGo(34才)ね。批判されるや、いったんは強気で反発しておきながら、その後、手のひらを返したようにしおらしい「緊急謝罪会見」なるものを演じて、もとい、してみせた。 実は私、2年前から彼のYouTubeチャンネルの登録者になって、配信を楽しみにしていた1人なの。そもそも「メンタリスト」ってのが何だかわからないけど、ともあれ私は彼の番組を面白いと思っていたの。何が気に入ったかというと、彼の早口トークね。滑舌とテンポがよくて、しぼみかけた脳細胞にピシピシと刺激を与えてくれて、聞いていて気持ちいいのよ。 内容は「ダイエットで成功する人と失敗する人」とか「仕事で成功する人とそうでない人のたったひとつの違い」とかで、40年前にこれを聞いておきたかったという話ばかり。「アメリカの○○大学の調査チームによると」などと、それなりの裏づけもあるみたいで、ちゃんと調べているんだなと好感を持っていたの。 なかでも、「結婚に向かない人のたったひとつの特徴」には膝を打って、何人かの独身の友達にその動画を送ったわよ。家事、女子力、経済力、社交術。私もそうだけど、いかにも結婚に向きそうな特徴を持っているのに、たったひとつの弱点が「人との接近戦に弱いこと」。これには目からウロコ。シャッポを脱ぎました。 たしかに、ある程度の距離がある人とはとてもいい人間関係が築けるのに、結婚するほど近い距離になると、相手の粗ばかり目について、そこから目が離せなくなるのよ。 なぜそうなったかも説明されていて、自分の過去を振り返るとすぐに納得。自分の過去の問題の答え合わせができたようで、とてもスッキリしたんだわ。その一点で私はDaiGoに感謝しているの。会う機会があったら直接、お礼を言いたいといまも思っている。 だけど、去年あたりから、かなり興味を引かれるタイトルの動画でも見なくなったんだよね。理由は、お金の話と他人への批判ばかりしすぎると感じ始めたから。理由はわからないけれど、メガトン級の成功者の彼が、なんだかとても追い詰められているように私には見えたの。 誰しもそうだけど、若いうちは勝ち負けにこだわって、誰かの成功を妬んだり目を背けたりするけど、年をとると“自分の身の丈”を知るというのかね、努力をして得られるものと、そうでないものがわかるようになるのよ。そして、あがき疲れると、親・きょうだい・ご先祖さまを思い浮かべ、「まあ、こんなものか」と納得してから、「さあ、もうひと踏ん張りするか」と立ち上がる。 ちなみに私は、彼が嫌う週刊誌記者を43年も続けてきたけれど、途中、身から出たサビで生活困窮者になって、時給いくらのパートタイマーになったことが2回、いや3回か。生活保護申請の仕方を区役所に聞きに行ったこともある……と、オバさんの失敗自慢をしてもしょうがないけど、まあ、人生いろいろあるわね。 そうそう。彼がこだわっている、自分の納めた税金の使い道だけど、8月初めから私は茨城の実家に帰って、93才の母親を自宅介護しているの。それでわかったのが、介護保険制度の素晴らしさよ。 なにせ、1割負担でヘルパーさんも、自宅入浴も、訪問看護もしてもらえるのよね。てことは、ほとんどお金のことは考えずに、親の健康状態を心配していられるのよ。それにヘルパーさんの優秀なことと言ったら。私、毎日、仏壇に手を合わせるようになったもんね。 DaiGoは「今後、ホームレスや生活保護受給者への理解を深めたい」みたいなことを言っているらしいけど、ぜひ介護の世界も見てほしい。できれば、自分の体で何か実体験してほしいなぁ。理屈だけで見るには、世の中、複雑で面白すぎるから。 そうそう。五輪で株を大暴落させたお騒がせおじさんといえば、名古屋市長の河村たかしや張本勲もそうね。懸命にがんばったメダリストたちへの狼藉に批判が止まないけど、いい年をしたおじさん(おじいさん?)が晩節を汚す様はどこか痛々しくもある。メダルを渡されるや秒殺でかじっちゃったのも、久しぶりにカメラに囲まれてはしゃいじゃったのよね、きっと。まぁ、しょうもないことをしたとは思うけど、日本中で「エンガチョ」するのはどうかと私は思うなぁ。(文中、敬称略)【プロフィール】「オバ記者」こと野原広子/1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする。※女性セブン2021年9月9日号
2021.08.26 19:00
女性セブン
【動画】松丸亮吾が謎解きで登場 胸キュン写真4枚
【動画】松丸亮吾が謎解きで登場 胸キュン写真4枚
 リアル謎解きイベント『恋愛漫画のモブキャラになっていたんだが無事に元の世界に脱出できるだろうか?』の完成披露発表会見に謎解きクリエイターの松丸亮吾さんが登場しました。少女漫画の世界を舞台にした謎解きイベントの作成は初挑戦の松丸さん。「恋愛経験があまりなくて“胸キュン”に苦労した」と告白しました。また、松丸さんの兄はメンタリストのDaiGoさんであることが知られていますが「“DaiGoの弟”“東大王”より最近は“謎解きの人”と言われるようになってうれしい」とも明かしました。
2020.10.07 16:00
NEWSポストセブン
兄弟ともに有名
松丸亮吾が胸キュン謎解き 美少女キャラと2ショット
 リアル謎解きイベント『恋愛漫画のモブキャラになっていたんだが無事に元の世界に脱出できるだろうか?』の完成披露発表会見が9月 25日に開催され、謎解きクリエイターの松丸亮吾が出席した。 少女漫画の世界を舞台にした謎解きイベントの作成は自身初の挑戦だったとのことだが、「恋愛経験があまりなくて、“胸キュン”に苦労した」と告白。 兄にメンタリスト・DaiGo(33)を持つが、「“DaiGoの弟”“東大王”より最近は“謎解きの人”と言われるようになってうれしい」と笑顔を見せた。撮影/平野哲郎
2020.10.02 16:00
NEWSポストセブン
ネット誹謗中傷に著名人が続々と法的措置 それでも書き込む虚しい人たち
ネット誹謗中傷に著名人が続々と法的措置 それでも書き込む虚しい人たち
 昨今、著名人がネット上の誹謗中傷に対して法的措置を取ることを宣言するケースが増えてきた。具体的に表明したのはメンタリストのDaiGoさん、エッセイストのはあちゅうさん、ブロガーで『あいのり』出身の桃さんなどだ。これまでネットの炎上と誹謗中傷をウォッチし続けてきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏が考察する。【表】誹謗中傷、身元特定までにかかる費用 * * * この流れはいいことなんじゃないですかね。DaiGoさんもはあちゅうさんも桃さんももっとやるべきだと思います。雑誌でもネット上の誹謗中傷の問題点は特集されるようになっており、7月2日に発売された『女性セブン』では『この世に誹謗中傷をしていい相手は1人もいない』という特集が掲載されていました。 同誌に紹介されたのは、プロレスラーの故・木村花さん、アンジャッシュ・渡部建、ジャーナリスト・伊藤詩織さん、大渕愛子弁護士、モト冬樹の妻でミセスモデルの武東由美さん、ツイッターユーザーの深爪さんらの例です。大渕弁護士は、2018年にとんでもない誹謗中傷をブログのコメント欄に書き込んだ人物に対して、発信者情報開示の判決を求めて手続きを進めているそうです。 これまでのネットの誹謗中傷に関する裁判で書き込みをした人たちが言うのは、ほとんど「軽い気持ちだった」というものです。そして「反省している」と続く。ただね、書き込んだ人は軽い気持ちだったかもしれないけど、書かれた側は相当キツいんですよ。勝手な憶測だけで夫婦仲が悪いだの、子供が不幸せだの公の場で言われて、そこに一切の正当性はない。 正直、もし自分の身元がバラされたうえで、「あいのり・桃をdisった山●権三郎の年収は? 学歴は? 嫁がブサイクと評判! 過去には会社で横領で解雇疑惑も」みたいな「いかがでしたかブログ」の餌食になったらどう思うか、あらためて考えてみてほしいです。 はあちゅう氏についてはすでに弁護士とともに開示請求の手続きが完了したようで、そのことを公にしたところ、彼女のもとには謝罪が届くようになったと言います。しかし彼女は謝罪は締め切っていると明かしました。締め切り前に謝罪した人からは二度と匿名で書き込みをしない、といった言質を取ったようです。 なんなんですかね、「アンチ」って人々は。別に、上記に登場した著名人たちがブログやツイッターに何を書こうが、その人たちの人生に一切何の影響もないのに、名誉棄損で裁判沙汰になるようなことを平気で書き込む。そして、相手が本気を出して身元がバレたら平身低頭謝るだけ。 だったら最初からそんな書き込みするんじゃねーよ、このチキン野郎、と言いたい。誹謗中傷するなら覚悟を決めてやれよ。そして、訴えられたら「私は正当な批評をしただけであり、誹謗中傷ではない」なんて主張してみればいい。 そのぐらいの覚悟がない人たちが「著名人が誹謗中傷されるのは有名税♪」なんて気持ちで安易に誹謗中傷しているのがネットの現実です。『テラスハウス』に出演したプロレスラー・木村花さんが亡くなった時は、ネット上に誹謗中傷は良くない、といった空気が溢れました。それでも、その直後には不倫騒動の渡部建に、猛烈な誹謗中傷が寄せられる。渡部はこれから開示請求する準備してもいいんじゃないでしょうか? 人の人生はあなたの憂さ晴らしと暇つぶしのためにあるんじゃない、ということをそろそろ理解すべきでは? いつ訴状が自宅に届き、全国に実名報道される日が来るか分かりませんよ。そして、あなたのその書き込みは、あなたに1円ももたらしません。炎上することが仕事につながる側面もある著名人とは違うんです。その無駄な行為に時間を使う虚しい人生はそろそろやめてはいかがでしょうか。
2020.07.04 16:00
マネーポストWEB
沢尻らと写る写真も
沢尻エリカと松坂桃李がDaiGoと心理戦を展開
 2月1日に公開される映画『不能犯』の公開記念イベントが行われ、主演の松坂桃李と女優の沢尻エリカがメンタリストのDaiGoと心理戦を行った。同作は、マインドコントロールで人を殺す殺し屋・宇相吹正(松坂)とその能力が効かない刑事・多田友子(沢尻)が対峙する作品。 心理戦は、松坂と沢尻が8色のマジックペンの中から好きな色を選び、DaiGoが当てるというもの。DaiGoは事前に「緑」を松坂にオススメしていたが、松坂はその挑発に乗り、緑を選びDaiGoから当てられた。また、裏をかこうと同様に緑を選んだ沢尻もDaiGoに当てられ、DaiGoの人の心を読む能力に仰天していた。■撮影/高柳茂
2018.01.30 16:00
NEWSポストセブン
名物アラ還ライター“オバ記者”がメンタリスト・DaiGoについて語る
DaiGoのフォーク曲げ「練習に500万円」と堀江氏に明かす
 9月12日に堀江貴文氏が新著『ウシジマくんvs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』発売記念のトークイベントを都内で開催。ゲストに招かれたメンタリスト・DaiGoは、フォーク曲げの練習のためのフォーク代に「500万円使った」との過去を明かし、「お金と時間は自分のやりたいことのために投資したほうがいい」と呼びかけた。  堀江氏の「フォーク曲げはインチキ臭い。何でやってたの?」との問いかけに、DaiGoは「1分間でぱっと見てわかり、(視聴者の)印象に残すための“エサ”としてやっていた」と経緯を説明。その練習に「1日100本とか200本以上を2~3年間やった。全部で10万本ぐらい曲げた」と振り返った。100円ショップの「2本100円」のフォークを買い、計500万円は費やしたという。  堀江氏は「10万本? 500万円? すげぇな」と驚きを隠さず、さらに「曲がったフォークはどうしてたの?」と質問。DaiGoは「そっちのほうが大変で、ゴミ箱に入れると重いし、ゴミ袋に入れても穴が開くし、むき出しだと怪しい新興宗教(と誤解される)。結局、業者にまとめて引き取ってもらっていました」と打ち明けた。 堀江氏は新著で「洗脳」「マインドコントロール」もテーマにしていることから、「自分のやりたいことのために、人の心をコントロールすることもある?」と続けて質問。DaiGoは「交渉が有利になるように使うことはある。でも、もともとその方向を向いていない人の心を無理に向けても、結局、その人は全然役に立たない。(メンタリズムは)本人が好きなことをより好きだと思うように役立てるもの」と説明した。 お金や仕事との向き合い方ついて、DaiGoは「嫌いなことをやるくらいなら、ゴキブリを触るほうがまだマシ」と笑いを誘った上で、「やりたいことをやりまくっていたら、たまたまテレビに取り上げられるようになった。大事なことは、認められたいとか、お金を稼ぎたいからやるのではなく、自分が昼夜忘れて、コストも考えずにやれることに出会うこと」と話した。 ちなみに2人はかつて、テレビ番組の人気企画「ババ抜き対決」で対戦経験があり、堀江氏がDaiGoに完敗した姿は繰り返しネット動画で視聴され、“伝説”として語り継がれている。視聴率が同番組で歴代トップだったこともあり、再戦オファーがたびたびきているそうだが、堀江氏は「絶対やらない。やるなら勝ちたいし、すごく頑張れば勝てるかもしれないけど、やりたいことじゃないことに頑張っても意味がない」と、DaiGoの仕事の姿勢に同調していた。◆堀江貴文(ほりえ・たかふみ)1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。ライブドア元代表取締役CEO。東京大学在学中の1996年起業。以後、プロ野球参入やニッポン放送の買収表明、総選挙立候補など次々と脚光を浴びる。現在は、自身が手がけるロケットエンジン開発など様々な事業で幅広く活躍。最新刊『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』は発売1週間で大増刷が決定。
2016.09.15 16:00
NEWSポストセブン
しくじり先生 オファーして出演まで至る率は10人に1人以下
しくじり先生 オファーして出演まで至る率は10人に1人以下
 オリエンタルラジオ、堀江貴文氏、杉村太蔵氏、辺見マリなど、様々な分野の“しくじり先生”が登場して、オリジナルの教科書を用いて授業するバラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系・毎週月曜20時~20時54分放送)が好評だ。放送からわずか半年で、深夜帯からゴールデンに進出し、ますます勢いを増している同番組の金井大介プロデューサー、北野貴章ディレクターに制作の舞台裏を聞いた。――番組制作の経緯を教えてください。北野:ぼくは2年前、ADをしていた頃、しくじりまくって、いろんな人に怒られていたんです。しくじった話を人にすると、ウケたりするじゃないですか。それを番組にしたら面白いんじゃないかなと、企画を出したのが一番初めでした。 深夜にトライアルで放送することになったんですけど、しくじり先生という番組自体知られていない時代だったので、キャスティング段階ですぐ断られるんですよ。“なんだその番組は”って。だから「しくじり先生」という言葉を隠してオファーしていました。――深夜からゴールデンに昇格して、変わった部分、逆に変えていないこだわりの部分はありますか?北野:今年2月くらいにゴールデンにいくかもという話があって、ずっと抵抗していました。万人ウケを狙いすぎて、中だるみするような番組になるのは嫌だったんです。そこで考えたのは、それまではお笑い番組として作っていたんですけど、エンタメ番組にしようと。そうすれば笑いだけじゃなくて、先生によって感動や驚きがあってもいいし、幅が広がるのかなって。 とはいえ尖った先生が出演しなくなると、番組のよさもなくなると思ったので、ゴールデン初回は堀江貴文さんや前園真聖さんなどに出ていただいて、攻めたつもりです。 ゴールデンになってから感動系が増えているんですけど、それは番組がお笑い番組からエンタメに変わったからで、メジャーな人も出るけど、メジャーじゃない先生も出る。11月2日放送の、内村周子さん(体操・内村航平選手の母)とG.G.佐藤さん(元プロ野球選手)は“素人”ですから。チャレンジでした。――先生の出演者はどのように決めていくんですか?金井:定例会議で作家からアイディアを募集して、候補が出てきます。その中からスタッフが興味があるないを振りわけつつも、雑誌や新聞の過去記事などを調べて、ブッキングに入ります。実際に事務所に電話をして、1回目の交渉ですね。 それで、結構はじかれます。事務所から「しくじっていません」とか「今さら言いたくないです」とか。いろんな理由で断られてしまうことがあって。 了承をもらったら、本人とディレクター陣、作家陣とP陣など、5人くらいで打ち合わせをします。この1回3時間くらいの本人打ち合わせを、スタジオに立つまでに少なくとも3回は行います。――1回目の打ち合わせが済めば、オンエアまでいきますか?金井:じゃないですね。北野:本人が“ビジネスしくじり”の可能性があるんです。ネタになるから番組に出たら得だ、みたいなモチベーションで来られてしまうと(苦笑)。ありがたい話で、出演したいという人も最近は増えたんですけど、そういう人は大抵しくじっていません。金井:打ち合わせの時に、こちらから断ることもあります。北野:3パターンあるんです。1つは誰もが知ってる、しくじってる人。堀江さんとか、前園さん。金井:国民的しくじり、一発でわかる人(笑い)。北野:パターン2は、しくじっていそうな人。最近見ないけど、なにしてるのかな? とか。金井:しくじってるから、メディアに出てないという。北野:パターン3は、しくじってるのかどうかわからないけど、キャッチコピーが面白い人。メンタリストなのにメンタルボロボロのDaiGo先生とか、元大事MANブラザーズバンドの立川俊之さんは、『それが大事』のなにが大事なのかな、から入りました。――断られたり断ったりで、採用率はどれくらい?金井:10人に1人以下。10%切りますね。――オファーして、こんなに出演率の低い番組って、他にありますか?金井:ないでしょうね。相当大変です。北野:週刊誌やワイドショーで騒がれて、みんながしくじってると思っている人っているじゃないですか。洗脳された人とか。でも私は洗脳されていませんって認めてもらえないと、しくじりにはならないわけです。――洗脳された過去を明かした、辺見マリさんは印象的でした。北野:ぼくの中で辺見さんの授業はよくできたなと思っています。あそこまで話してくれたのはありがたかったです。普段は打ち合せは3時間なんですけど、辺見さんの場合は毎回4、5時間でした。 毎回泣かれるんです。当時の話をすると、思い出すんでしょう。スタッフみんなウルウルきちゃう感じで。つらい話を何回もぼくらにしてくださって、授業でやってくださったから、すごくいい回になったと思います。番組を作るのに3か月くらいかかっています。金井:これは他のバラエティー番組と比べて、相当時間がかかっています。普段でも、ひとつ授業を作るのに2か月くらいはかかりますね。教科書もあるので、同時並行で打ち合わせしながら作っていきます。北野:本人が授業をするので、納得してもらっていないと、言わせていることになってしまうので。時間をかけて、言い方なども話し合って作っていきます。やっぱり、先生とスタッフの信頼関係がなければこの番組は成立しませんので。◇しくじり先生 俺みたいになるな!!テレビ朝日系で、毎週月曜20時放送。大きな失敗をしてしまった「しくじり先生」が、「自分のような人間を増やすまい!」としくじった経験を教える、バラエティー番組。2014年10月2日から放送(過去に3回特別番組あり)。当初は深夜枠だったが、4月20日からゴールデンに移動した。2015年12月21日19時~21時48分は、歴代のしくじり先生が集結する、年に一度のしくじりの祭典『しくじりアワード2015』が放送される。
2015.12.19 07:00
NEWSポストセブン
中学時代に太っていたDaiGo 冷蔵庫に広末の写真貼りダイエット
中学時代に太っていたDaiGo 冷蔵庫に広末の写真貼りダイエット
 3色のボールから相手が選ぶものを見事に的中させる──こうした人の深層心理や行動を読んで操る技術を“メンタリズム”という。テレビで読心術のパフォーマンスを披露したり、著書の累計発行部数が50万部を突破するなど幅広い活躍を見せる日本唯一のメンタリスト・DaiGo。彼によれば、メンタリズムを応用すれば、ダイエットを成功させることもできるのだという。 話は彼の中学生時代にまで遡る。今のDaiGoからは想像しにくいが、当時は丸々と太っていた。「身長149cmなのに、体重は55kgもありました。テストの成績が学年で下から3番目で勉強もできなかった。小学校1年から中学2年までずっといじめられてたんです。その間、誰かが助けてくれるのを待っていましたが、誰も助けてくれなかった。それで自分が変わるしかないと、中学2年からダイエットに取り組み始めました」 メンタリズムは、人の心を動かす技術。彼は「どうしたらダイエットを続けられるか」、「どうしたら食事制限ができるか」と考え抜いて、自分の心を動かすユニークなダイエット術を考案したのだ。 例えば、冷蔵庫に当時ファンだった広末涼子(32才)の写真を貼った。「好きな人の写真を貼っておくと、その人に“見られている”という感覚が働きます。自分が好きな人から見られているという意識を持つと、食欲を抑えられるんです」 さらに、あえてワンサイズ下の高校の制服を買って、やせなければならない状況を作ったり、「好きな子と映画に行きたい」など、やせたらやりたいことを書き出したり…。どれも中学生でもできるお金がかからない方法ばかりだ。 このダイエットに必死に励んだ結果、2年間で体脂肪率を10%以上落とすことに成功したDaiGo。高校入学前には現在のスリムな体形に変身した。「さらに色彩心理学や行動心理学など専門的な知識を加えてできたものが、“メンタリズムダイエット”です」 このダイエットを成功させるには“あること”が重要と話す。「心理学では、21日間同じことを続ければ、それが習慣になるといわれています。そのためには、目標を高く設定しすぎないこと。1日に腕立て伏せを50回やろうとしたらすぐに挫折しますが、1日3回ならできる気がしませんか」 早速、今日から21日間継続させて、夏までに“やせ”を実現させよう。※女性セブン2013年6月27日号
2013.06.19 16:00
女性セブン
メンタリズムダイエット提唱DaiGo「オレンジ色の店は控えろ」
メンタリズムダイエット提唱DaiGo「オレンジ色の店は控えろ」
 人の心を“操る”達人メンタリストとして人気のDaiGo(26才)が、お金をかけずにできるダイエット方法を指南。彼自身の経験から生まれた「メンタリズムダイエット」は、色を使ったり、自己暗示をかけたりして、簡単にやせられるとか。【“黒い”皿にスイーツを盛りつけるべし】 色は味覚そのものにも影響を与える。なかでも、「黒」は甘さを倍増させるといわれている。ある心理学者が行った実験では、黒い皿と白い皿に同じケーキをのせて、被験者に両方食べさせたところ、“黒い皿のほうが甘い”と答えた人が多かった。「黒い皿にのせれば糖分を控えたスイーツでも充分満足感を味わえる。その分、カロリーを減らすことができます」(DaiGo・以下「」内同)【青い食器を使うべし】 色は脳科学的にも人の気分を左右することが実証されている。そのなかで、「青色」は食欲を抑える作用があるという。「人間には、“ストレス過多による食欲”があります。人は、青色を見るとセロトニンという脳内ホルモンが分泌され、癒されるんです。そうすると、ストレスがなくなるので、余分な食欲がなくなります」 青色の食器を使うのはもちろん、テーブルに青いランチョンマットを敷いたり、青い花を飾ったりすれば、効果抜群だ。ちなみに「紫」も食欲を抑える色。そこで、サラダに紫イモや紫キャベツなどを入れると◎です。【“オレンジ色”の店は控えるべし】 青や紫と違って、代謝を促し、食欲を増進させるのがオレンジ。「牛丼チェーンやファストフードの外観や店内のインテリアにはオレンジ色がよく使われていますよね。ランチ前にファストフード店で待ち合わせをすると、いつもより食べすぎてしまいがちです。ダイエットをしてるならば気をつけたいですね」※女性セブン2013年6月27日号
2013.06.17 16:00
女性セブン
DaiGo提唱メンタリズムダイエット「大皿料理を取り分けろ」
DaiGo提唱メンタリズムダイエット「大皿料理を取り分けろ」
 人の心を“操る”達人、メンタリスト・DaiGoによると“メンタリズム”に則った行動をとることで、お金をかけずにダイエットすることが可能だという。そんな「メンタリズムダイエット」、いったい何をどうすればいいのか? まず、ダイエットの基本中の基本は食べすぎないこと。そのために有効なのが、箸置きだ。「食べる時に箸を持ったままだと、すぐに次の食べ物を口に入れてしまいがちです。その場合、噛む回数が少なくなり、満腹中枢が刺激されにくく、食べすぎる傾向があるといわれています」(DaiGo) 食べ物を口に入れるたびに箸を置く癖をつければ、一回一回ゆっくり食べるので、噛む回数が増える。すると、食べる量も自然に減るというわけ。 食べる量は減らしたいが、残すのはもったいない。特に外食の場合、自分だけ料理を食べずに家族や友達との楽しい雰囲気を壊したくはないもの。そこで大人数で食事する時は“大皿料理”の店に行こう。「自分が食べるものを、少なめに取り分けることができます。片手でスプーンやフォークをサーバーとして使うのを練習するなどして、“取り分けキャラ”になりましょう。大皿料理は使う皿も少ないので後片付けも簡単ですから、家でもおすすめです」(DaiGo)※女性セブン2013年6月27日号
2013.06.14 07:00
女性セブン
“世界の100人”坂之上洋子さんが語る人を惹きつける仕事術
“世界の100人”坂之上洋子さんが語る人を惹きつける仕事術
 政府や企業、NPOなどの戦略アドバイザーとして活躍している坂之上洋子さん。2007年、『Newsweek』誌の「世界が認めた日本人女性100人」にも選ばれた今もっとも注目を集める人物のひとりだ。“よーこさん”の愛称で親しまれ、彼女の新刊『プレゼント』(メディアファクトリー)の帯には、楽天の三木谷浩史会長兼社長、メンタリストのDaiGoなど、幅広いジャンルの人からコメントが寄せられている。また『結婚のずっと前』(二見書房)やツイッターは女性から熱い支持を集めている。しかし彼女には、作家としてではなく別の顔がある。彼女の仕事術に迫った。――デザイナーとして数々の賞を受賞、ベンチャー企業の副社長を経て独立と、いつもキャリアを潔く手放していますね。そのわけは?坂之上:十代のときに、大好きだった母が43才という若さでがんで亡くなった、それが、ものすごく私の中で大きかったと思います。自分だって、いつ、病気交通事故で死ぬかもしれない。だから、その時々に自分がやりたいと思うことを素直にやろうと心で思っているだけなんです。――肩書きや活動をかみ砕いていうと?坂之上:私の仕事の一部は“アドボカシーストラテジスト”。日本にはあまりいないので知られていないですけど。社会を良くするために、政府に政策を作ってもらうように働きかける。権利擁護、保険医療、街づくり、被災地支援とか、誰もが大切だと思っていることを政策に落としていく仕事。政策って、与党野党両方から賛成して法案を通してもらわないといけないのです。でも内部でやろうと思うと、例えば自民党がやると言えば、民主党が嫌だと言うのが通例でしょう? だから、利害関係のない外部から、各党に説明してまわって党を超えて賛同をもらう、という調整する仕事ってかなり大事なことなのです。同時に世論にも賛同してもらわないといけないし。――例えば? ひとつ例を教えて下さいませんか?坂之上:例えば、今先進国の中でも、あまりにも多すぎる日本の犬の殺処分問題を解決する戦略をNPOと一緒に考えています。殺処分には何億円もの予算が使われていますが、例えば過疎地にいるお年寄りが犬を引き取るシルバー事業にすれば犬の命も救えるし、過疎地にお金がまわる仕組みがつくれるかもしれない。過疎地であれば犬を飼育する場所はいくらでもあるわけですしね。もちろん、犬を捨てさせない。里親を見つけるのもパッケージです。でも今のように単に大量に犬を殺していくだけなのはもうそろそろやめたほうがいいんじゃないか、と思うのです。そういうことをNPOや市と考えていくと、国の法律が邪魔していたりするんですよ。そういうのを全体をみながら、変えていく仕事でしょうか。――確かに、大事ですね。坂之上:今言った例は、犬は助けてと自分で叫べないから、誰も手をつけていない。でも、誰かが訴えて、こう改良したら良くなるって、証拠や方法を細かく示していけば、そうか。となる可能性だってあるわけです。その労力ってものすごいものが必要なので、誰もやりたがらない仕事なんだと思いますけどね(苦笑)。まぁ、そういう感じで、いろいろと放置されていて、お金にならないけど、大事な社会問題に数多く取り組んでいる感じです。――坂之上さんがツイッターで呼びかければ、すぐに人が動いて、実現してきたことも多いと。坂之上:あ、それ福島のインドアパークは、西友に最初断られたのに、ツイッターで私が呼びかけて、偶然それを見たかたが、“私、副社長知ってる”って。紹介してもらって、それがつながって今できあがっている。また、福島の事故以降、お母さんがたのものすごい不安をみて、これは全国レベルでやらないといけないなと思って、保育園で、食材の放射能検査を国の1年間の全額補助を政治家のかたにお願いしました。これを数値で追えばやはり安全か安全じゃないか私たちも冷静に目で追えますよね。パニックや不信感を作らない為にあの時期大事な政策だったと思います。――交友も、著名人からツイッターで知り合った人まで幅広いですよね。坂之上:今まで、あまり意識していなかったのですけど…。友人にフリーターから大企業の経営者までいるし、思想も右から左の人までいるからでしょうね(笑い)。でも、私にとって友人になる基準は単純なんです。単に自分にとって面白いかどうか、なので。――その最初の“面白い”っていうのはどういうことですか?坂之上:人間的にいい人。でも良い方向にいこうって闘っている人、かな。――生活の糧を得る仕事としては?坂之上:企業の戦略をやっています。それも、受けるまでにすごく時間をかけます。そのかわり、受けたら完璧に、絶対に損をさせない仕事をする。人が大事だから、一緒にやる人をすごく見ます。自分のストレスになるようだったら絶対にやらない。――フリーで動かれていますよね? 心掛けていることは?坂之上:フリーになるときに、稼ぎたい額も決めました。みんな、上限を決めないから“もっと稼ごう”となりがちでしょう?(笑い)。でもそうなると、どんどん時間がなくなるじゃないですか。私は月に2回くらい休日に外食して、たまに好きなもの買って、家でおいしいものを食べられて、少し貯金できたら幸せかなって。もちろん老後の貯金のことは考えますけど、たくさんのお金が欲しいわけじゃない。だってお金持って死ねないでしょ?――自分がやりたいことにトライしたくても、できない人のほうが多いと感じます。坂之上さん:そういう時にすごく大事なのは、友達だと思うんです。周りの友達がみんな「ダメだよね、しょうがないね」みたいな雰囲気だと、世の中がしょうがなく見えてしまうんじゃないかなぁ。「できるよね」って思ってる人を友達にしていれば、みんなが頑張ってるから、自分でも出きるんじゃないか、と思えたりする。人は普段接している近い人達から影響を与えられるものなんですよ。親や兄弟は変えられないでしょ?(笑い)だから友達を選ぶんです。だから、私は仕事仲間まで、ものすごく気をつけて選んでるんです。いつもネガティブな方向に考える人をまわりにおかないこと、それ、すごく大事ですよ~。――自分に合う人を選ぶ法則とは?坂之上さん:意識するってことですね。“今日誰とごはんを食べるか”とか、“今日誰と会うか”を一生懸命考える。限りある時間を使う人を一生懸命選ぶ、って、皆、やっていそうで案外やっていない気がします。【坂之上洋子(さかのうえ・ようこ)】米国の大学を卒業。米国でデザイナーとして数々の賞を受賞。米国のコンサルティング会社の副社長を経て独立。15年以上の海外生活後、東京へ。現在は、社会貢献系プロジェクトを中心に活動し、政府や大使、企業経営者、NPO代表のアドバイザーとして活躍中。恋愛・結婚に関するツイートをまとめた本『結婚のずっと前』(二見書房)は、現在7万部。新刊『PRESENT プレゼント 世界で1番大切なことのみつけかた』(メディアファクトリー)も発売中。
2013.01.02 07:00
NEWSポストセブン
視聴率男DaiGoが真っ青 “メンタリスト”名乗れなくなるか?
視聴率男DaiGoが真っ青 “メンタリスト”名乗れなくなるか?
 フォークをグニャリと曲げ、心の中で唱えた数字をズバリ言い当てる――。SMAPのキムタクが「すげー」と驚愕し、黒柳徹子が目を丸くして『徹子の部屋』に2度も呼んだ大人気の超常現象パフォーマーが、本人も予知できなかった厄介事に頭を抱えている。 今、テレビに引っ張りだこの“ダイゴ”といえば、「うぃっしゅ!」でお馴染みの竹下登・元総理の孫DAIGOのことではない。「すべての超常現象は科学で再現できる」といい、心理学のテクニックやマジック的なトリックを駆使した超常現象パフォーマンスで視聴者を魅了するメンタリストDaiGoだ。メンタリストという独特の呼称、黒柳すら驚嘆させるパフォーマンス……。今や週に3、4日は各局バラエティ番組に出演する視聴率男である。 その人気絶頂のDaiGoが突如トラブルに見舞われた。なんと、彼の代名詞「メンタリスト」の肩書きを剥奪されそうなのである。 所属するメンタリズム研究会「スリーコール」代表の村山淳氏が憤る。 「先日、DaiGoのファンから“8月に公開予定の映画『メンタリスト響翔』に出ているの?”と問い合わせがあったが、寝耳に水の話。不審に思って調べてみると、日本メンタリスト協会なる団体の会長だという男性が主演していたんです。メンタリズムやメンタリストという言葉を日本で広めたのはDaiGoなので、本人は“勝手に使われた”と驚いていました」  協会はDaiGoが話題になり始めた今年2月に立ち上がった団体だが、DaiGoとは何の関係もない。会長はハイパーメンタリストを名乗る藏本天外氏で、物理学の観点から心理学を解析した独自理論「物理性心理学」を提唱し、自己啓発テキストなどを販売している。  困惑したDaiGoは「メンタリスト」などの名称の商標登録に動いた。しかし、時すでに遅し。この4月に藏本氏が先に登録申請を出していたのである。  申請されていたのは「メンタリズム」、「メンタリスト」、「メンタリスト藏本天外」、そしてDaiGoを模したのか、「TENGUY」の4つ。早ければこの8月にも登録されるという。  商標登録に詳しい弁理士の平野泰弘氏がいう。 「商標登録されると、たとえば映画やテレビで名称を使う場合は使用料が発生するし、商標権者は第三者の使用禁止も求めることもできます。原則、早い者勝ちで、トラブルも少なくない」  過去、俳優の加勢大周が芸名の商標権を持つ前事務所から名前の使用を禁止され、裁判に発展したことがワイドショーを賑わせた。  今回、登録されれば、過去にさかのぼって適用されることもあるため、多数の本を出しているDaiGoにとっては痛手だ。そもそも名称を使えなければ、「メンタリストDaiGo」は、ただの「DaiGo」になる。そうなると、竹下総理の孫のDAIGOも黙っていないのでは……。  DaiGoに聞いた。 「日本ではこの名称は僕たちが広めてきました。僕と藏本氏では考え方も違うし、広く知られている僕のメンタリズムの定義自体が崩れてしまう。商標登録が完了する前に、特許庁に意見書を提出する予定です」  一方の藏本天外事務所にも取材を申し込んだが、「担当者が出張中のためお答えできない」と、締め切りまでに回答を得られなかった。 「メンタリスト」の呼称を勝ちとるのはどちらとなるか。こればっかりは、超常現象パフォーマンスではどうにもならないようだ。  ちなみに「うぃっしゅ!」のほうのDAIGOは「(トラブルに)巻き込まれたくないのでノーコメント」(所属事務所)とのことでした。※週刊ポスト2012年8月17・24日号
2012.08.06 07:00
週刊ポスト

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト