城咲仁一覧

【城咲仁】に関するニュースを集めたページです。

帝王ROLANDはなぜ一滴も酒を飲まずにNo.1になれたのか
帝王ROLANDはなぜ一滴も酒を飲まずにNo.1になれたのか
 歌舞伎町に限らず、繁華街でホストクラブの看板を見かけることは多い。そこにはたいてい、店の看板ホストたちのキメ顔の写真が並んでいる。最近のホストは、かつてと違ってかわいらしい見た目が増えているようだ。人気ホストの日常に迫る5~15分程度のミニドキュメンタリーを放送するホストクラブ・メンズキャバクラ情報サイト『HOST-TV.COM』から、現代ホスト界の帝王ROLAND(ローランド)は、なぜ一滴も酒を飲まずにナンバーワンに上り詰めたのかをイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が考えた。 * * * 1991年から2005年まで日本テレビで放送されていた情報ドキュメンタリー番組『スーパーテレビ情報最前線』が好きだった。取り上げるテーマは、パチンコ攻略法、浜崎あゆみの真実、神秘体験などなど。月曜21時というバリバリのゴールデンタイムなのにも関わらず、アウトロー系雑誌のようなラインナップ。そのなかで、一番夢中になって見ていたのはホスト特集だ。そこで見たホストたちは、毎度、こんな感じだった。 スーツを着た色男ホスト、金色の過剰な装飾が輝く店内、色めき立つ女とドンペリコール、泥酔して廊下でバタン、朝焼け、そして終わり。新宿は歌舞伎町、家(中野区)からそう遠くない場所にある異界の風景は、中学生の僕に興味深いものがあった。あれから十数年、一時のブームも過ぎ去りホストの活躍をテレビで見る機会もめっきり少なくなった。 夜の人間交差点、電信柱の街灯に群がる虫のように光を求める男女のすれ違い、なめくじの交尾のように艶かしく、刹那的なホストクラブの光景。スポットライトをあてれば面白いに決まっている。「けれども、テレビで特集しない!」と嘆いていた。 しかし、これは僕が情弱だっただけ。現代ホストの群像劇を映す媒体は、いつの間にかテレビからYouTubeへ移っていた。『HOST-TV.COM』というチャンネルでは、ホスト動画を毎日更新している。『HOST-TV.COM』で、十数年ぶりにホストという生き物に触れる。 動画を眺めつつ、自分が抱くホスト像が古いものだと知る。スーツを着て、髪を盛って、キザな表情で女性を口説く。2000年代初頭にナンバーワンとしてテレビにも出演していた城咲仁のようなホストは絶滅危惧種。なかには、オールドスタイルをキープする人もいるが、それは今更モデルチェンジができないベテラン勢だ。若手ホストの風貌は、韓流アイドル的なキュートなルックス。ヤンチャ感は一切なく、男の僕から見ても「カワイイ」と思う顔が並ぶ。服装もスーツではなくてもOKのようで、軽やかにGジャンを羽織る。ホストとは女性にモテる仕事。ま、今の時代のモテを追求したゆえの韓流スタイルなんだろう。 偏差値100超えホスト、兼業ホスト、邪道ホストと様々な動画を漁ってみた。そのなかで特に出色だったのが、”現代ホスト界の帝王”と呼ばれるROLANDなるホストに完全密着したシリーズ。それはもう! 帝王の二つ名に恥じない圧倒的な内容で。ホストの概念をぶっ壊してくる動画だった。 まず、ROLANDは見た目からレベルが違う。オールドスタイルのオラオラ系ホストでもなく、韓流的なルックスでもない。ナニに例えればしっくりくるか……、うーん、漫画『ベルサイユのばら』のオスカルだな。ROLANDは、たぶん日本人のなかで最もオスカルに似ている。美しくウェーブした金髪、陶器のように白い肌、大きく美しい目、細身の鼻が完璧な配置で並ぶ。ただ、これは天然物ではなく整形して作られたもの。ROLANDは美容整形をしていることを隠すことはせず、バリバリ公表している。だから面白い。“神セブン”と称される有名ホストが7人集まりトークをする動画で、話のテーマが「整形」となった。その際「俺、全然別の人だから~」とおどけてみせる余裕っぷり。他の動画では、ヒアルロン酸を注射している様子も公開していた。オスカルフェイスの構築費は1000万円を余裕でオーバーしているらしい。 しかし、整形といったセンセーショナル話題はROLANDの本質ではない。他のホストに比べて、際立っているのは職業人として生き様。ROLANDの根本にあるのは「ホストという職業への偏見をなくしたい!」という熱き想いだ。 ホストなのにROLANDはアルコールを飲まない。酒を飲めない体質というわけではなく、飲まないことを選択している。「なぜ飲まないのか?」と聞かれれば「アルコールをすすってるホストになりたくない。お酒はいいものを適量飲むのが楽しいでしょ」と即答。酒を飲んでいない方がホストして最高のパフォーマンスを披露できることも理由だと続く。営業中に口するものと云えば、チェコで購入した高級グラスに淹れた、ワインボトル入りの水出し高級茶・ロイヤルブルーティーのみ。客からシャンパンが入ってもコールはなく、ただ耳元で「嬉しいよ」と囁くだけ。3000万のコニャック「レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール」の注文が入った時もブレることない。満面の笑みで「ありがとう!」とボトルにキスをする。 ノンアル営業だからこそ、自動車通勤も可能。ROLANDは、4000万円の愛車ロールス・ロイスで仕事場である歌舞伎町のホストクラブ『プラチナ本店』へと通う。新宿警察署はROLANDのノンアル営業を知っているらしく、検問もスルーだとか。「(色眼鏡で見られる業界だからこそ)クリーンに見られるのは嬉しい」とROLAND。 また、愛車ロールス・ロイスの助手席は驚くべき状態となっている。なんと! ヘッドレスト部分にはROLANDの直筆サイン。しかも、油性ペンで。 常人には理解できない、この突飛な行動にもROLANDなりの哲学がある。自分がスターになれば、著名人のサイン入りロールス・ロイスには更なる値がつく。しかし、逆の場合はただの落書きが入った中古車に。ROLANDは「4000万円のロールス・ロイスに俺の名前を書いた時点でスターになる自信しかないから」と語る。ロールス・ロイスを世界一高い色紙と言い、誰も求めていないパーフォマンスを勝手に行う。一般人の模範を演じなくてはならないがゆえにタレントが縮こまるなか、ここまでぶっ飛んだことをしてくれるROLANDは頼もしい。 ノンアル営業という特殊なスタイルで、年収3億円を超えを稼ぐだすのもの、このパフォーマンスゆえ。 ROLANDは常人には考えてもつかない価値観を常に示している。そういった意味で、ROLANDは芸術作品なんだ。一見、落書きなのに100億を超える値段が付いている名画。あれは、誰も見たことがない世界観を見せたゆえに高額となる。 アンディ・ウォーホールの版画も技術的には難しいことはない。ただ、一番最初にあのスタイルをから極めた素晴らしい。ROLANDも誰も見たことがないホスト像を表現し続けたから、最高なんだ。ゆえに、アルコールを口にしないこと自体にも価値が生まれる。「アルコールを飲まない、エレガントな接客のROLAND様だから良い!」と女性客はときめく。そして、芸術作品『ROLAND』を愛でるのだ名画のように。「ホスト界最高のトークスキル」と称えられるだけあり、ROLANDから発せられる言葉にはパンチライン(ヒップホップ用語で「印象的な部分」の意味)多め。 自信がないホストに対して。「鏡とジャンケンして勝てると思ったことある? 俺勝てるよ、調子いい時。ホストはそれくらい自信持たなきゃ」by ROLAND 客とのLINEが続かないと悩むホストへのアドバイス。「俺は自分のLINEに自分で返すよ。『今日、寒いよね』と打って返信がなかったら、自分で『超寒いよね』って返す。右側だけでLINEを完成させる」by ROLAND 東京タワーを背景に一足しかない仕事用の革靴を磨きつつ一言。「『良い靴を履くと良い場所に運んでくれる』って言葉あるじゃん。ちょっと他力本願すぎない? 俺は良い靴を、俺様が良い場所に運んでやるって思っているから」by ROLAND すべり知らずの名言機製造マシーン。ROLANDから語られる仕事哲学はマジで勉強になる。「良いスーツを着ていると、それが似合う男になるじゃん。ジャージばっかり着てると、ジャージが似合う男になっちゃうんだよね」by ROLAND ジャージを着て、この原稿を書いていたのでゾクッとした。 ちなみに、現在公開されているROLANDの動画なかで唯一すべった箇所があった。最後にそれを記したい ROLANDの定宿、お台場の超一流ホテルのバルコニーにて。スタッフ「これ以上に住むのに良い場所ってないですよね……」ROLAND「トランプタワーかな?」スタッフ「そういうレベルですよね……」ROLAND「でも俺、ベルサイユ宮殿に行った時、観光じゃなくて、内見だと思われて」スタッフ「はい……」ROLAND「今笑うとこや」 現代ホスト界の帝王は威風堂々しているが、どこか愛らしい。また、ROLANDは今年いっぱいでホスト引退すると名言している。独立し、自分がオーナーとなるホストクラブを“クリエイト”するらしい。プレイヤーではなく裏方に回っても、密着動画シリーズを存続を望見たい。by イチROLANDファン
2018.07.17 16:00
NEWSポストセブン
家が近所のママ友・カエラを頼ることも
ホストにハマる著名人 黒木瞳、後藤真希、細木数子も
 女優の真木よう子(33才)が、ホストクラブでたった一晩で2000万円を使ったことを『女性セブン』2016年5月12・19日号が報じたが、ホスト好きな芸能人は真木だけではない。 くわばたりえ(40才)は、ダイエットに成功した後、歌舞伎町のホストクラブに通っていることを芸人仲間が暴露(2009年1月)。人気店のAくんが本命かと思いきや、別の店のBくんとも月に2~3回デート。『女性セブン』の直撃に「遊んだだけ」とコメント。 研ナオコ(62才)は、2007年、ホストクラブ『X』のホストとのデート現場をフライデーされ謝罪。翌2008年には『Y』のカリスマホストから、ストーカー行為をしたとのことで告発された。 飯島直子(48才)は、歌舞伎町のホストクラブ『Z』でNo.1の13才年下のカリスマホストと2年にわたり交際。(2005年8月発覚)   黒木瞳(55才)は、2008年1月、舞台で共演した元ホストの城咲仁、河相我聞とともに、老舗ホストクラブに5時間滞在したところを本誌がキャッチ。店内では8人のホストと一緒に、高級シャンパンを10本空けたという。 後藤真希(30才)の場合は、もとはゴマキの母が通っていたことから、母と一緒に歌舞伎町のホストクラブへ通うように。2011年7月、夜の部がメーンで、日の出タイムも何度か来店していることが伝えられた。 細木数子(78才)は2010年、昔、お気に入りのホストに一晩800万~900万円使ったと告白している。 ※女性セブン2016年6月2日号
2016.05.22 16:00
女性セブン
城咲仁 今のホスト界を「酒飲んで艶ある会話する空間減った」
城咲仁 今のホスト界を「酒飲んで艶ある会話する空間減った」
 伝説のカリスマホストと呼ばれ、タレント転身後はバラエティーでブレイク、現在は”料理キャラ”としても活躍している城咲仁(37才)。そんな城咲に、「芝居の父」と慕うある人物とのエピソード、俳優業への意気込み、そして今のホスト界について話を聞いた。――ホスト業界ではトップに君臨していた城咲さんですが、芸能界に入って、挫折したり、つらかったことはありますか?城咲:つらいですよ。楽しいんですけど、特殊な仕事じゃないですか。俳優業に力を入れているので、ドラマを見ていて、悔しい思いを常にしています。あそこに立ちたかったなって。最近で言うと、佐藤健さんの『天皇の料理番』(TBS系)。料理が好きなので見ていると、ぼくは包丁を使えるのにお声がかからないということは、料理はできるんだけど、役者としてそこのポジションに行けていないんだなとか。――そんなときに思い出すような、先輩のアドバイスはありますか?城咲:坂上忍さんが演出していた芝居で、坂上さんに「自分がなにもできないことを、1回受け入れなさい」と言われたんです。ぼくは投資詐欺にあった役で、「お金を返してください」と土下座をするんですけど、土下座が格好つけすぎだと言われて。「土下座したことがあるのか! 格好つけんじゃねえ! 土下座ってなんだ、人にへりくだって謝ることだろ!」って。そのあと別室に呼ばれて、できないことを受け入れろと。「お前は現実、役者としての仕事がないんだから、しがみつけ」と言われた時に、楽になったんです。スタート地点に立てたんですよね。荷物を下ろせと言われた気がしました。重かったんですよ。バラエティーでデビューして、役者になりきれていない自分が、役者をやることの重荷。得体のしれないものを、なんか、下ろした気がしたんです。――坂上さんに言われた後で、演技は変わりました?城咲:変わりました。どこかに城咲仁臭というか、ダサい役をやっていても、ダサくない歩き方をしていたんです。6年間歌舞伎町で、見栄や虚勢を張って生きていた人間が、それを抜くという作業って難しかったんですね。――土下座の演技はどうなりました?城咲:力が抜けました。手を付いた時に、肩を張っていたみたいなんです。イメージでいうと、『白い巨塔』の財前五郎。財前五郎が頭を下げてるんだけど、心の中では頭を下げてない、のに近いのかなって。それが、肩をすくめて小さく怯えて手をついた時に、変わったんでしょうね。――坂上さんが、城咲さんの演技を変えた。城咲:この間お会いしましたけど、緊張が止まりませんね、見透かされているようで。でも楽ですよ。「またお前、演技下手になったんだろう」って言われて、「下手になってるんで呼んでください」って言えるようになったんです。笑ってくれて、「そっか、またやろうな」って。素直になれるという感じで、坂上さんには見透かされてる気がして。人として尊敬していますね。ぼくの中では、芝居の父です。――ところで、10年離れて、今のホスト業界をどう思いますか?城咲:なんとも。時代が変わっちゃったし、今の歌舞伎町をぼくは知らないから。ただ、いいクラブって少なくなりました。生バンドがあって、みんなネクタイをして、一気コールをせず、艶のある会話をしながら、ぞくぞくしながら酒を楽しむ。 ぼくの時にはそういう空間があったんです。男が惚れる男がいっぱいいたんですよ。この人悪い人だなぁ、悪いけど格好いいなって。これだけ全部の女性に愛だ恋だ言える、この人の魅力ってなんだろうって。かと思えば、好きだと言わないのに、こんなに人気がある人もいたし。――今、そんな人はいない?城咲:営業方法が変わったんじゃないですかね。シャンパンタワーとか、一気コールが流行ったし。ぼくはその前で。意外だと言われるんですけど、シャンパンタワーをやったことがないんです。ぼくのいた頃はお客さんもホストも、格好つけあっていたんです。女の子も一番いいものを着て、背伸びをして。子供が大人になるときって楽しいじゃないですか。あの感覚を楽しめた場所でしたね。――不景気だと言われている昨今ですが、ホスト業界にエールはありますか?城咲:学歴もなにも関係ない、みんなが対等。やったらやった分だけ数字が出る露骨な世界なんて、面白いじゃないですか。キャリアとか関係ないからね。10年やったからといってトップになれるわけじゃないから。1か月でNo.1になっちゃう奴はなっちゃうし、20年やったって、No.1を取れない奴のほうが多いし。数字を出せばそれでOK。No.1の時は、店もそいつのルールになっちゃう。 初めはめげますよ、こんなに頑張ってこれしかお給料いただけないの? って。そこを見るんじゃなくて、駆け出しだってNo.1に噛みつけるんだぞと。キャリアがないと同じリングにすら上がらせてもらえないじゃないですか、どの業界も。ホストの世界にはそれがない。そこを楽しんだほうがいいなって思いますね。――最後に、今後の夢、目標を教えてください。城咲:今は役者として認知されたいですね。そのためには、来たものを拒まない、どんな役でも。脱げと言われたら脱ぐし、泣けと言われたら泣くし、鼻水垂らしながら暴れて、へんな人を演じろと言われたらやるし。男を抱けと言われたら抱くしね。【城咲仁 しろさき・じん】1977年9月23日生まれ。東京都出身。新宿・歌舞伎町の老舗ホストクラブ『クラブ愛』において5年間No.1ホストを務め、カリスマホストとしてブレイクした。2005年、ホストを引退してタレントに転身。俳優、ラジオパーソナリティなどで活躍。薬膳インストラクターや雑穀マイスター、ジュニアスーパーフードの資格があり、料理本も好評。『真剣組~GACHI-GUMI~』のボーカルでもあり、マルチに活動中。撮影■林紘輝
2015.06.16 07:00
NEWSポストセブン
元ホスト城咲仁 いつの間にか料理キャラに変更した事情語る
元ホスト城咲仁 いつの間にか料理キャラに変更した事情語る
 年間1億円以上を稼ぎ出し、はるばる海外から来る客もいたという元カリスマホスト・城咲仁(37才)。その後、タレントに転身し、バラエティーでモテテクニックなどを伝授していたが、現在の肩書きはフードアドバイザー! いつの間に料理キャラに!? シリーズ企画「転機」の今回は、キャラ変更の経緯について本人に語ってもらった。――ホストのイメージから一転、料理番組でもご活躍されていますね。城咲:本質は変わっていないんですけどね。元々ずっと自炊していたし、飲食店を出したかった人間なので。高校1年の時に、イタリアンの調理場でバイトをしたんです。店側が無理だというのを頼み込んで。3年間働いて、料理の基本テクニックはそこでマスターしました。――薬膳インストラクターと雑穀マイスターの資格を取ったのはいつ?城咲:先日、ジュニアスーパーフードの資格も増えましたよ(笑い)。薬膳インストラクターと雑穀マイスターは1年半くらい前で、ほぼ同時に取りました。半年くらいかかったかな。集中して1日中勉強することもありましたね。――資格よりも、フードアドバイザーという肩書がついたのが先でしたよね。城咲: テレビショッピングの仕事で、8年近く、料理しながら食品など販売したりしているんですけど。いつのまにかフードアドバイザーという肩書きで呼ばれるようになっていたんですね。ぼくが担当すると、販売数が全然違うみたいで。――フード界でも伝説を作られた?城咲:そうですね(笑い)。例えば、煮込んで具の溶けたサラサラのレトルトカレーが販売されていたのですが、ほとんど売れてなかったんです。ぼくは、具が入っていないのを強みにしようって。発想の転換で、カレーソースとして売ったらどうかと。料理の技術を持っていたから、そういうことが言えたんですね。 じゃあこれで簡単に、焼きカレーをフライパンひとつで作るのはどうかと考えた。しかも皿を汚さず、2分くらいで。1分弱中火で加熱して、卵とチーズを入れて40秒ほどで、いい感じの焼き加減になっておこげがつく。そんな提案をしながら販売したところ、バカ売れしたんです。――商品をただ売るだけじゃなく、それに合ったレシピを紹介したんですね。城咲:そうです。それで、もっと料理のことを知りたくなって、資格を取ったんです。好きなものに関しては凝るタイプなので、勉強を始めたら興味が。過去、ポン酢だけで60本種類あったこともあるし、リキュールなどのお酒は200本くらいありました。――料理の活動で、ホスト時代の経験が生きている事はありますか?城咲:もちろん、ホストって喜んでもらうことですかから。ホストは相手を見て、なにを話さないといけないとか、どう振る舞わなきゃいけないとか考えるんです。料理もそうで、食べる人が男性なのか女性なのか。女性だとしたら、働く女性なのか主婦なのか。その人によって、作るものを変えるんですよ。男性でガテン系なら、不足したミネラルを補うため塩を多めに入れるとか。 女性に作るときは、女性の口元が汚れないように小さく切る。みんなで食べるときにはフォークナイフを使わずに、フォークだけでいけるように。ピンチョス感覚で食べられたほうが、会話が弾むでしょ。――ホスト時代に身につけた気遣い?城咲:それもありますけど、親に感謝しているところも大きい。実家が中華料理店で、子供の頃から手伝っていたんです。煙草は2本くらい溜まったら灰皿を交換しようとか、チリソースの後に塩のあんかけが出るなら皿を交換しないとなとか。でも、学んでるという感覚はないですよ。親の背中を見て、自然に気づくようになりました。――そんなに料理ができると、中華料理店を継いでと言われませんでしたか?城咲:1人っ子なので、19才の時にそれを言われて家を飛び出したんです。それでバーテンダーになって、トップまでいったので、次は何しようと。接客を覚えたいなと思った時、男の究極の接客ってなんだろうと。ホストは嫌だと思っていたんですよ。でもギャルソンとしては立てないし、お酒があって料理がある接客というと、ホストしかないよねって。 それで安易な理由で、どうせホストをやるなら日本一のホストクラブ行こうと思って、それで『ホスト愛』に入ったんです。それが、そもそもホストをやるきっかけなんです。21才のときでしたね。【城咲仁 しろさき・じん】1977年9月23日生まれ。東京都出身。新宿・歌舞伎町の老舗ホストクラブ『クラブ愛』において5年間No.1ホストを務め、カリスマホストとしてブレイクした。2005年、ホストを引退してタレントに転身。俳優、ラジオパーソナリティなどで活躍。薬膳インストラクターや雑穀マイスター、ジュニアスーパーフードの資格があり、料理本も好評。『真剣組~GACHI-GUMI~』のボーカルでもあり、マルチに活動中。撮影■林紘輝
2015.06.06 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン